情報処理技術者試験シリーズ平成23年度 プロジェクトマネージャ合格教本

[表紙]平成23年度 プロジェクトマネージャ合格教本

A5判/528ページ/CD1枚

定価(本体3,200円+税)

ISBN 978-4-7741-4554-9

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

情報処理技術者試験のプロジェクトマネージャ試験対策のテキストです。プロジェクトマネージャ試験は,PMBOKに準じる内容となってきているため,本書ではPMBOKの知識体系に沿った構成としました。また難関の論文試験対策として,特別に章を設けています。効率よく無駄のない文章を書くための,考え方とテクニックを解説,長文執筆が苦手な方でも,無理なく必要な力が身に付きます。付属の学習ソフト「DEKIDAS」(CD-ROM)は,午前I・IIの両方の問題を用意,自己採点機能も付いて,苦手克服や直前対策に役立ちます。

こんな方におすすめ

  • プロジェクトマネージャ試験を受験される方

目次

  • はじめに
  • 受験のてびき
  • 付属CD-ROMの使い方

第Ⅰ部 試験準備編  試験に向けた準備と勉強法

  • 1 試験合格に向けた準備
  • 2 PMBOKに準拠した知識を覚える
  • 3 午後Ⅰ問題の解答テクニック
  • 4 午後Ⅱ問題の対策
  • 5 試験対策プロジェクトを成功させる

第Ⅱ部 知識編

第1章 プロジェクトマネジメントフレームワーク/プロジェクトマネジメントプロセス

  • 1-1 概略と位置付け
  • 1-2 プロジェクトマネジメントの基本
  • 1-3 プロジェクト・ライフサイクルと組織
  • 1-4 プロジェクトマネジメント・プロセス

第2章 プロジェクト統合マネジメント

  • 2-1 概略と位置付け
  • 2-2 プロジェクト憲章作成
  • 2-3 プロジェクトマネジメント計画書作成
  • 2-4 プロジェクト実行の指揮・マネジメント
  • 2-5 プロジェクト作業の監視・コントロール
  • 2-6 統合変更管理
  • 2-7 プロジェクトやフェーズの終結
  • 午前Ⅱ問題対策
  • 午後Ⅰ問題対策

第3章 プロジェクト・スコープ・マネジメント

  • 3-1 概略と位置付け
  • 3-2 要求事項収集
  • 3-3 スコープ定義
  • 3-4 WBS作成
  • 3-5 スコープ検証
  • 3-6 スコープ・コントロール
  • 午前Ⅱ問題対策
  • 午後Ⅰ問題対策

第4章 プロジェクト・タイム・マネジメント

  • 4-1 概略と位置付け
  • 4-2 アクティビティ定義
  • 4-3 アクティビティ順序設定
  • 4-4 アクティビティ資源見積り
  • 4-5 アクティビティ所要期間見積り
  • 4-6 スケジュール作成
  • 4-7 スケジュール・コントロール
  • 午前Ⅱ問題対策
  • 午後Ⅰ問題対策

第5章 プロジェクト・コスト・マネジメント

  • 5-1 概略と位置付け
  • 5-2 コスト見積り
  • 5-3 予算設定
  • 5-4 コスト・コントロール
  • 午前Ⅱ問題対策
  • 午後Ⅰ問題対策

第6章 プロジェクト品質マネジメント

  • 6-1 概略と位置付け
  • 6-2 品質計画
  • 6-3 品質保証
  • 6-4 品質管理
  • 午前Ⅱ問題対策
  • 午後Ⅰ問題対策

第7章 プロジェクト人的資源マネジメント

  • 7-1 概略と位置付け
  • 7-2 人的資源計画書作成
  • 7-3 プロジェクト・チーム編成
  • 7-4 プロジェクト・チーム育成
  • 7-5 プロジェクト・チームのマネジメント
  • 午前Ⅱ問題対策
  • 午後Ⅰ問題対策

第8章 プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント

  • 8-1 概略と位置付け
  • 8-2 ステークホルダ特定
  • 8-3 コミュニケーション計画
  • 8-4 情報配布
  • 8-5 ステークホルダの期待のマネジメント
  • 8-6 実績報告
  • 午前Ⅱ問題対策
  • 午後Ⅰ問題対策

第9章 プロジェクト・リスク・マネジメント

  • 9-1 概略と位置付け
  • 9-2 リスク・マネジメント計画
  • 9-3 リスク特定
  • 9-4 定性的リスク分析
  • 9-5 定量的リスク分析のマネジメント
  • 9-6 リスク対応計画
  • 9-7 リスクの監視・コントロール
  • 午前Ⅱ問題対策
  • 午後Ⅰ問題対策

第10章 プロジェクト調達マネジメント

  • 10-1 概略と位置付け
  • 10-2 調達計画
  • 10-3 調達実行
  • 10-4 調達管理
  • 10-5 調達終結
  • 午前Ⅱ問題対策
  • 午後Ⅰ問題対策

第11章 試験に出る“他の知識エリア”

  • 11-1 PMBOKに含まれない出題範囲
  • 11-2 システム開発技術関連の知識
    午前Ⅱ問題対策
  • 11-3 ソフトウェア開発管理技術関連の知識
    午前Ⅱ問題対策
  • 11-4 サービスマネジメント関連の知識
    午前Ⅱ問題対策
  • 11-5 システム企画関連の知識
    午前Ⅱ問題対策
  • 11-6 法務関連の知識
    午前Ⅱ問題対策

第Ⅲ部 論文対策編 午後Ⅱ論文試験の準備

  • 1 論文の書き方
  • 2 過去問題の分類
  • 3 論文問題の事前準備
  • 4 試験当日の論文作成手順
  • 5 午後Ⅱ問題の解答例
  • 著者プロフィール

    村松倫明(むらまつみちあき)

    有限会社ピアーズ代表取締役。2000年にマイクロソフト株式会社コンサルティング本部マネージングコンサルタントの職を辞し,プロジェクトマネジメントのコンサルティング会社であるピアーズ社を設立。ピアーズ社では,SI企業を中心に,プロジェクトマネジメントの支援,改善,プロジェクトマネージャの教育,育成を中心にコンサルティングを実施しており,PMBOKやEVMなどの理論をベースに実践的なコンサルティングに対して高い評価を得ている。

    マイクロソフト社以前は,金融系SI企業にSE,PMとして勤務。英国駐在のSEとしてコンピュータセンターの立ち上げプロジェクトへ参画。帰国後は,大規模かつ高難易度プロジェクトをPMとして成功に導くなどの経験を積んでいる。

    特種情報処理技術者,マイクロソフト認定トレーナー(Microsoft Solutions Framework)を保有。

    著書に,『プロジェクトマネジメント大全』共著(「金額で進捗を管理するEVMS」の章)日経BP社,『システム開発ジャーナル Vol.9:特集記事リスクマネジメント編/プロジェクトマネジメント温故知新コラム』毎日コミュニケーションズ,等がある。


    エディフィストラーニング株式会社

    1997年に野村総合研究所(NRI)のIT教育部門が独立する形で設立。野村総合研究所が提供するシステムインテグレーション(SI)サービスにとって不可欠な教育研修のノウハウを,事業として独立させたIT教育専門会社です。2009年4月1日より社名を「エディフィストラーニング株式会社」に変更。