生物ミステリー(生物ミステリー プロ)シリーズ鳥類学者 無謀にも恐竜を語る

[表紙]鳥類学者 無謀にも恐竜を語る

A5判/272ページ

定価(本体1,880円+税)

ISBN 978-4-7741-5565-4

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

鳥は恐竜から進化した。
かっこいいTレックスやでっかいアパトサウルスを生み出した恐竜は,紆余曲折を経て,今を生きるかわいい鳥なったというわけだ。
だとすると……鳥類学者は恐竜学者とも言えるのではないか?そのへんをパタパタ飛んでいる鳥を観察すれば,太古の恐竜のアレコレがわかってしまうのではないか!?
これは実際に,鳥類学者に恐竜を語って頂くしかない。
そんな難問に挑む,一人の鳥類学者。ユニークな視点と大胆な発想をもとに,恐竜の息吹を蘇らせる。
無謀とも言える挑戦で見えてきた恐竜の姿とは,一体どんなものなのだろうか?

『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』のここに注目

  • 現生鳥類から恐竜の生活を科学的にプロファイリングするという試み
  • 恐竜をプロファイリングすることで見えてくる鳥類の進化にも注目
  • 「無謀」だから出来る大胆な考察。他書にはない新しい切り口
  • テンポのよい文章と小粋なイラストで,わかりやすい

こんな方におすすめ

  • 鳥類と恐竜の関係について知りたい方
  • 鳥類の進化に興味のある方
  • 恐竜を,今までにない切り口で読んでみたい方

この書籍に関連する記事があります!

生物ミステリー・シリーズ 鳥類学者 無謀にも恐竜を語る
書評サイトHONZを筆頭に好評を博す本書。まだご存じない方は,ぜひ本書タイトルで検索をかけてほしい。

目次

はじめに 鳥類学者は羽毛恐竜の夢を見るか

序章 恐竜が世界に産声をあげる

  • Section1 恐竜とはどんな生物か
  • Section2 恐竜学の夜明け,そして

第1章 恐竜はやがて鳥になった

  • Section1 生物の「種」とは何かを考える
  • Section2 恐竜の種,鳥類の種
  • Section3 恐竜が鳥になった日
  • Section4 羽毛恐竜の主張

第2章 鳥は大空の覇者となった

  • Section1 鳥たらしめるもの
  • Section2 羽毛恐竜は飛べるとは限らない
  • Section3 二足歩行が鳥を空に誘った
  • Section4 シソチョウ化石のメッセージ
  • Section5 鳥は翼竜の空を飛ぶ
  • Section6 しっぽはどこから来て,どこに行くのか
  • Section7 くちばしの物語は,飛翔から始まる

第3章 鳥から恐竜を考える

  • Section1 恐竜生活プロファイリング
  • Section2 白色恐竜への道
  • Section3 翼竜は茶色でも極彩色でもない
  • Section4 カモノハシリュウは管弦楽がお好き
  • Section5 強い恐竜にも毒がある
  • Section6 恐竜は,パンのみに生きるにあらず
  • Section7 獣脚類は渡り鳥の夢を見るか
  • Section8 古地球の歩き方
  • Section9 恐竜はいかにして木の上に巣を作るのか
  • Section10 肉食恐竜は夜に恋をする

第4章 恐竜は無邪気に生態系を構築する

  • Section1 世界は恐竜で回っている
  • Section2 恐竜の前に道はなく,恐竜の後ろに道はできる
  • Section3 そして誰もいなくなった

あとがき 鳥類学者は羽毛恐竜の夢を見たか?

著者プロフィール

川上和人(かわかみかずと)

森林総合研究所主任研究員。本日より現生恐竜生態学者。普段は小笠原諸島のにくらす鳥類を中心に研究している。愛車は黒のドゥカティ・ムルティストラーダ。しかし運転はあまり上手ではないので,ちょっぴりバイク負けしている。幼少の頃から鳥肉を食べ,体の一部が恐竜でできているのが自慢の種。著書に『外来鳥ハンドブック』(文一総合出版),監修に『骨と筋肉大図鑑3 鳥類』(学研)などがある。