メダカカレッジシリーズワナにはまらない微分積分

[表紙]ワナにはまらない微分積分

A5判/320ページ

定価(本体1,880円+税)

ISBN 978-4-7741-5568-5

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

つまづきがちなワナはここにある!
わかって楽しい オオカミ流 高校数学再入門

「そのアドバイス,高校生の頃に聞きたかった!」が盛りだくさんの本書は,運悪く数学に苦手意識を持ってしまった元「高校生」の方,そしてもちろん現役高校生にもおすすめです。

オオカミ先生のざっくばらんな語り口を楽しんでいるだけで,気がつくと,高校数学への取り組み方が身についてしまいます。範囲は数Ⅲ,テーラー展開まで扱っています。

※本書は大上丈彦 著『むずかしい微分積分』(荒地出版社)を全面的に加筆修正し,再編集して,装いも新たに復刊したものです。

書評情報

日本経済新聞(2013/5/29夕刊)「エンジョイ読書」欄で,サイエンス作家の竹内薫さんより
★★★(読みごたえあり)の評をいただきました!

こんな方におすすめ

  • 高校数学を学び直したい一般の方
  • 痛快な高校数学読みものをお探しの方
著者プロフィール

大上丈彦(おおがみたけひこ)

プログラマー,ディレクター,予備校講師などを経て,現在医師。とある入門書のわかりにくさに辟易し「メダカカレッジ」を設立。自らの原稿執筆のほか,総合わかりやすさプロデューサーとして書籍や雑誌記事の企画・構成も行なっている。著書は『マンガでわかる微分積分』『マンガでわかる統計学』(サイエンスアイ新書) など。

森皆ねじ子(もりみなねじこ)

医学生時代からイラストレーターとしての活動を開始。卒業後,医師として病院に勤務しつつ月刊誌やフリーペーパーでマンガとコラムの連載を続ける。著書は『ねじ子のヒミツ手技』(SMS),『ねじ子とあんしんマッチング』(MEC出版)など。ブラックジャックもいいけれど,むしろ手塚治虫先生に憧れる女医兼マンガ家。

メダカカレッジ

「入門者の目線での入門書を作る」を基本コンセプトに掲げた企画編集プロダクション。2000年設立。現在は数名のライターが所属し,「難解な教科書が難解な概念を伝えているわけではない」「難しい概念を幼児語で説明しても簡単にはならない」「わかりやすい説明ができないのは,説明者がわかってないからだ」を合言葉に活動中。

目次

Chapter1 微分・積分・極限の難しさ

Chapter2 積分への翻訳

Chapter3 テスト前の微分講義

Chapter4 一合目から登る微分の山

Chapter5 極めつきの極限

Chapter6 再挑戦の微分

Chapter7 裏口から積分

Chapter8 微積分のちょっと深みへ

Chapter9 微積の締めくくり