ずかんシリーズハチ

[表紙]ハチ

B5判/128ページ

定価(本体2,680円+税)

ISBN 978-4-7741-5977-5

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

スズメバチってかっこいい!
黄色と黒の危ない配色,そしてあの何とも言えないシャープな体。
不気味な羽音でやってきて,猛毒の針で一突き。
ミツバチって可愛い!
丸っこい体にふわふわの黄色い体。キュートに飛んできて,花粉をもふもふ。
しかも刺したら死んでしまう儚い命。
そんなハチの魅力にぐーっと迫る!
美しい写真と可愛いイラストが満載で見応え満点。
マニアックなハチの知られざる世界から,メジャーなハチの楽しい秘話まで,楽しさ満載の1冊です。

『ずかん ハチ』のココを見てほしい

  • 美しいカラー写真が満載! 眺めるだけでも楽しめる
  • コミカルなイラストで,内容がすごくわかりやすい
  • メジャーなハチから,マイナーのハチまで。マニアックで圧倒的な内容
  • 社会性の進化や巣の構造なども解説。「観察&考察」する力が身につく
  • ハチと人間の関係なども網羅。調べ学習にも最適

こんな方におすすめ

  • ハチの興味のある方
  • 小学校高学年以上の生きもの好き
  • 自然観察,理科教室の参考図書としても最適です

目次

第1章 ハチとはどんな昆虫か

  • ハチはどこにいる?
  • ハチのからだ
  • ハチの分類
  • さまざまなハチの生活
  • 幼虫の食性とハチのくらし
  • いろいろなハチの巣
  • コラム ハチの四季
  • ハチのくらしチャート

第2章 ハチとそのくらし

  • キコシホソハバチ
  • ルリチュウレンジバチ
  • チュウレンジバチ
  • コラム 針と産卵管
  • ニホンキバチ
  • コラム ハチはこわいか? 手強いか?
  • ナライガタマバチ
  • アオムシコバチ
  • ウマノオバチ
  • オオコンボウヤセバチ
  • コブクモヒメバチ
  • コラム 世界のハチ
  • オオセイボウ
  • サトジガバチ
  • オオハヤバチ
  • コラム ハチと植物のいい関係
  • メンハナバチのなかま
  • シロスジフデアシハナバチ
  • アシブトムカシハナバチ
  • アカガネコハナバチ
  • コラム ハチを観察
  • バラハキリバチ
  • トモンハナバチ
  • ヤノトガリハナバチ
  • オオハキリバチ
  • オオトガリハナバチ
  • コラム ハチのことわざ
  • クマバチ
  • ルリモンハナバチ
  • スジボソコシブトハナバチ
  • ニッポンヒゲナガハナバチ
  • コマルハナバチ
  • トラマルハナバチ
  • クロマルハナバチ
  • セイヨウミツバチ
  • ニホンミツバチ
  • コラム ミツバチのひみつ
  • コラム 養蜂家の仕事
  • コラム ハチと人の関わりあい
  • ベッコウクモバチ
  • キンケハラナガツチバチ
  • オオフタオビドロバチ
  • ミカドドロリバチ
  • カタグロチビドロバチ
  • スズバチ
  • ミカドトックリバチ
  • コラム ハチ写真のススメ
  • キアシナガバチ
  • キボシアシナガバチ
  • セグロアシナガバチ
  • コラム ハチの威を借る昆虫
  • オオスズメバチ
  • キイロスズメバチ
  • コガタスズメバチ
  • クロスズメバチ
  • コラム ハチの敵は・・・

著者プロフィール

松本吏樹郎(まつもとりきお)

大阪市立自然史博物館学芸員。ハチの機能美あふれる“ 姿・かたち” そして,その変化に富んだ“ 暮らしぶり” に魅せられてハチを追いかけ続けています。専門は寄生蜂,特にヒメバチの分類,系統,行動学について研究しています。