らくらく突破シリーズ改訂新版 貸金業務取扱主任者 ○×問題+過去問題集

[表紙]改訂新版 貸金業務取扱主任者 ○×問題+過去問題集

A5判/424ページ/プラスチック下敷き1枚

定価(本体2,280円+税)

ISBN 978-4-7741-6564-6

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

本書は貸金業務取扱主任者資格試験の問題集です。本書は○×問題ゾーンと本試験問題ゾーンで構成されており,すべて過去問題を使用しています。長文で読みづらい試験問題には,○×問題で素早く正誤を判断できるようになるのが合格への近道です。本試験問題ゾーンは,試験問題と同じ形式で掲載しており,出題パターンをつかむのに最適です。また,法改正があった過去問題については,現行の規定に沿うよう問題文を一部修正し,解説も現行法に合わせています。平成25年度の問題まで収録。○×問題は602問,本試験問題は58問収録。

こんな方におすすめ

  • 貸金業務取扱者資格試験を受験する方
  • 出題パターンをつかみたい方

目次

本問題集の節番号(1-11,3-6など)は,小社刊のテキスト「第3版 貸金業務取扱主任者 合格教本(以下合格教本)」と同じ構成になっています。節番号をそろえているため,本問題集では,節番号がないものがあります。

たとえば,本問題集で節番号が1-12から1-14になり,1-13がないケースです。これは合格教本の方では掲載しているが,実際の試験で出題されていないなどのケースであり,問題が出題されていないので,収録不可能だったということを意味しています。

  • はじめに
  • 貸金業務取扱主任者資格試験とは
  • 本書の使い方

第1章 貸金業法および関係法令

傾向と対策

  • 1-1 貸金業法の目的・定義
  • 1-2 貸金業者の登録申請手続
  • 1-3 貸金業者登録の拒否
  • 1-4 貸金業者登録簿と登録換え
  • 1-5 貸金業者登録の効力,開始等の届出
  • 1-6 貸金業者廃業等の届出
  • 1-7 証明書・従業者名簿・帳簿
  • 1-8 標識・貸付条件等の掲示
  • 1-9 貸金業務取扱主任者の意義・設置
  • 1-10 貸金業務取扱主任者登録の申請・更新
  • 1-11 貸金業務取扱主任者登録の拒否
  • 1-12 貸金業務取扱主任者登録簿,死亡等の届出
  • 1-14 業務運営措置・禁止行為
  • 1-15 貸付条件の広告等
  • 1-16 誇大広告等の禁止
  • 1-17 過剰貸付け等の禁止,総量規制
  • 1-18 返済能力の調査
  • 1-19 「基準額超過極度方式基本契約」該当性の調査
  • 本試験問題1-1
  • 1-20 生命保険契約に関する制限
  • 1-21 特定公正証書に係る制限等
  • 1-22 契約締結前の書面
  • 1-23 契約締結時の書面
  • 1-24 保証契約に関する書面
  • 1-25 受取証書・債権証書
  • 1-26 取立て行為の規制
  • 1-27 取立てにおける書面
  • 1-28 債権譲渡等の規制
  • 1-29 指定信用情報機関
  • 1-30 貸金業協会
  • 1-31 監督処分
  • 1-32 事業報告書,報告徴収および立入検査
  • 1-33 罰則
  • 1-34 紛争解決等業務および貸付自粛対応
  • 1-35 利息および保証料
  • 本試験問題1-2

第2章 貸付けに関する法令と実務

傾向と対策

  • 2-1 金銭消費貸借契約
  • 2-2 制限行為能力者等
  • 2-3 意思の不存在,瑕疵ある意思表示
  • 2-4 代理
  • 2-5 条件・期限・期間
  • 2-6 時効
  • 2-7 物権変動
  • 2-8 担保物権
  • 2-9 抵当権
  • 2-11 連帯債務
  • 2-12 保証契約
  • 2-13 連帯保証
  • 2-14 債権譲渡
  • 2-15 債務不履行
  • 2-16 弁済・相殺
  • 2-19 相続
  • 本試験問題2-1
  • 2-20 電子契約法
  • 2-21 商法
  • 2-22 会社法
  • 2-23 手形法・小切手法
  • 2-24 電子記録債権法・不正競争防止法
  • 2-25 民事訴訟法の概要
  • 2-26 手形訴訟・少額訴訟
  • 2-27 支払督促
  • 2-28 民事執行法
  • 2-29 民事保全法
  • 2-30 ADR 法・民事調停法
  • 2-31 破産法・会社法(特別清算)
  • 2-32 民事再生法・会社更生法・特定調停法
  • 2-33 暴力団対策法
  • 2-34 犯罪収益移転防止法
  • 本試験問題2-2

第3章 資金需要者等の保護

傾向と対策

  • 3-1 個人情報保護法
  • 3-2 個人情報保護に関するガイドライン
  • 3-3 消費者契約法
  • 3-4 不当景品類及び不当表示防止法
  • 本試験問題3

第4章 財務および会計

傾向と対策

  • 4-1 家計収支の考え方
  • 4-2 個人の所得と関係書類
  • 4-3 企業会計の考え方(企業会計原則)
  • 4-4 財務諸表
  • 本試験問題4
  • 参考文献およびURL /著者のサイトについて

著者プロフィール

田村誠(たむらまこと)

法務博士(専門職)。弘前大学在学中に行政書士事務所を開業し,大手公務員受験指導校での講師活動を経て,現在は,ファイナンシャル・プランナーとしての活動(主に相続・不動産),法律系資格取得専門の受験指導を行う。試験問題の徹底した分析に基づく合理的な指導には定評がある。得意な分野は金融法務。
資格: 貸金業務取扱主任者,行政書士,宅地建物取引主任者,法学検定,銀行業務検定(法務),金融業務能力検定(法務),個人情報保護法検定,ファイナンシャル・プランナーなど多数。
著書:「 受験用 よくわかる宅地建物取引主任者」,「受験用 図解 宅地建物取引主任者」,「受験用 いちばんやさしい! マンガ宅建入門」西東社,「第3版 貸金業務取扱主任者合格教本」技術評論社。