しくみ図解シリーズ生活用品の化学が一番わかる

[表紙]生活用品の化学が一番わかる

A5判/176ページ

定価(本体1,880円+税)

ISBN 978-4-7741-7216-3

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

私たちがふだん使う洗剤や香料,化学調味料や台所用品などの日用品は,化学製品で囲まれていて,その種類は実に豊富です。「化学製品が一番わかる」では原材料寄りに総合的に化学製品を取り上げましたが,本書では,接する機会多い,消費財としての生活用品に的を絞り,引き続きその仕組みをわかりやすく解説します。専門で化学を学んでこなかった人で,化学メーカーや商社で化学製品を取り扱っている方,化学製品の名前に触れる機会の多い方を対象に,化学反応式や構造式はほとんど使わずに,生活用品の化学について解説します。

こんな方におすすめ

  • 化学製品と関係のある職業の方
  • 日用品関連の応用化学の専門知識を得たい方

目次

第1章 汚れを落とす化学製品

  • 1 汚れの種類と分類
  • 2 化学の力で汚れを落とすしくみ(皮脂,油)
  • 3 化学の力で汚れを落とすしくみ(泥,タンパク,その他)
  • 4 石けんの配合(固形,液体)
  • 5 衣料用洗剤の配合(粉末,液体)
  • 6 食器用洗剤の配合(手洗い用・食器洗浄機用)
  • 7 住居用洗剤の配合(おふろ用,トイレ用)
  • 8 漂白剤(塩素系,酸素系,還元系)
  • 9 その他の洗剤(クレンザー,重曹,電解水))
  • 10 化学の力で柔らかくするしくみ(柔軟剤)
  • 11 柔軟剤(ソフター)の配合
  • コラム1 衣料用洗剤コンパクト化の歴史

第2章 美容に役立つ化学製品

  • 1 美と健康の化学
  • 2 化学の力で肌を守るしくみ(スキンケア)
  • 3 皮膚洗浄剤の配合
  • 4 化粧水,乳液,クリームの配合
  • 5 化学の力で髪を守るしくみ
  • 6 シャンプー,コンディショナー,トリートメントの配合
  • 7 整髪料,染毛剤の配合
  • 8 化学の力で美しく見せるしくみ
  • 9 ファンデーション,口紅の配合
  • コラム2 薬事法(医薬品医療機器等法)と家庭用品品質表示法

第3章 健康に役立つ化学製品

  • 1 化学の力で歯を守るしくみ
  • 2 歯みがき,洗口液の配合
  • 3 歯ブラシの構造としくみ
  • 4 化学の力で熱を下げるしくみ
  • 5 冷却まくら,熱冷却シートの配合
  • 6 化学の力で傷を守るしくみ
  • 7 絆創膏の構造としくみ
  • コラム3 悪臭と消臭

第4章 ヒトや動植物を守る化学製品

  • 1 化学の力で害虫からヒトを守るしくみ
  • 2 蚊取り線香の配合
  • 3 エアゾールの配合
  • 4 電気蚊取りの配合
  • 5 新しい家庭用殺虫剤
  • 6 ディートとその他殺虫剤の配合としくみ
  • コラム4 感染症と化学の戦い

第5章 衣類や食品を守る化学製品

  • 1 化学の力で害虫から衣類を守るしくみ
  • 2 樟脳,ナフタリン,パラジクロルベンゼンの配合
  • 3 ピレスロイドの配合
  • 4 化学の力で湿気を防ぐしくみ
  • 5 乾燥剤・脱酸素剤の配合
  • 6 除湿剤の配合
  • 7 化学の力でニオイを抑えるしくみ
  • 8 消臭剤・芳香剤・脱臭剤の配合
  • コラム5 食品のおいしさを守る脱酸素剤の歴史

第6章 生活を大きく変化させた高分子化学

  • 1 生活用品とプラスチック
  • 2 ポリエチレンプラスチック (PE)の構造・特性と用途
  • 3 ポリプロピレンプラスチック (PP)の構造・特性と用途
  • 4 ポリ塩化ビニルプラスチック (PVC)の構造・特性と用途
  • 5 ポリスチレンプラスチック (PS)の構造・特性と用途
  • 6 ABSプラスチック (ABS)の構造・特性と用途
  • 7 ポリエチレンテレフタレート (PET)の構造・特性と用途
  • 8 ポリカーボネートプラスチック (PC)の構造・特性と用途
  • 9 ポリアミドプラスチック (PA,ナイロン)の構造・特性と用途
  • 10 アクリルプラスチック (PMMA)の構造・特性と用途
  • 11 シリコーンプラスチック (SI)の構造・特性と用途
  • コラム6 高分子の父,プラスチックの父

第7章 進化するプラスチック

  • 1 強化プラスチックのしくみと化学
  • 2 光学用プラスチックのしくみと化学
  • 3 感光性プラスチックのしくみと化学
  • 4 高吸水性プラスチックのしくみと化学
  • 5 形状記憶プラスチックのしくみと化学
  • 6 バイオプラスチックのしくみと化学
  • 7 機能性プラスチックフィルムのしくみと化学
  • 8 接着剤のしくみと化学
  • コラム7 プラスチックとリサイクル

第8章 化学製品の製造工程

  • 1 液体製品の製造工程
  • 2 エアゾール製品の製造工程
  • 3 クリーム状製品の製造工程①
  • 4 クリーム状製品の製造工程②
  • 5 粉体製品の製造工程
  • 6 顆粒状,打錠製品の製造工程
  • 7 プラスチック製品の製造工程① 射出成形
  • 8 プラスチック製品の製造工程② 押出成形
  • 9 プラスチック製品の製造工程③ ブロー成形
  • 10 プラスチック製品の製造工程④ 真空熱成形
  • 11 プラスチック製品の製造工程⑤ 発泡成形

著者プロフィール

武田徳司(たけだとくじ)

日本合成洗剤株式会社及び日本石鹸株式会社研究開発部部長。工学博士。1968年大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻修士課程修了。同年より大阪市立工業研究所勤務,2002年同研究所所長,2004年定年退職。2004年より現職。著書に『有機工業化学(分担執筆 生活環境化学)』(朝倉書店),『洗浄事典(分担執筆 複合洗剤)」(朝倉書店)など。


平松紘実(ひらまつひろみ)

京都大学大学院農学研究科修士課程修了。サイエンスライター。食・料理に関する科学を中心に,科学を楽しく分かりやすく伝える文章の執筆を行う。理系ライターズ「チーム・パスカル」所属。著書に『「おいしい」を科学して,レシピにしました。』(サンマーク出版),執筆協力に『日常の「ふしぎ」に学ぶ楽しい科学』(ナツメ社),『深海がまるごとわかる本』(学研パブリッシング)など。


喜多泰夫(きたやすお)

1952年大阪府生まれ。大阪大学大学院工学研究科修士課程修了後,大阪市立工業研究所プラスチック課研究員,米国アリゾナ大学客員研究員,京都工芸繊維大学客員教授,地方独立行政法人大阪市立工業研究所理事長,一般社団法人大阪工研協会理事長等を経て,現在は一般財団法人化学研究評価機構特別顧問。工学博士。専門分野は高分子化学,プラスチック成形加工。著書に『混練分散の基礎と先端的応用技術』(テクノシステム),『最新プラスチックリサイクル総合技術』(シーエムシー出版),『界面活性剤の選択方法と利用技術』(サイエンス&テクノロジー),『ポリマーの混練分散技術とその評価』(技術情報協会),『プラスチック読本』(プラスチックス・エージ),『二軸押出機による樹脂混練』(技術情報協会),『新版複合材料技術総覧』(産業技術サービスセンター)など。