初歩から学ぶ 第二種電気工事士試験

[表紙]初歩から学ぶ 第二種電気工事士試験

A5判/256ページ

定価(本体1,580円+税)

ISBN 978-4-7741-7217-0

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

社会インフラを支えるシステムが更新時期を迎えている現在,電気工事の需要が急拡大しており,それに伴い,第二種電気工事士の受験者も,過去2年間で年平均8.0%で増加しています。様々な市場調査でも,まさに今取得したい資格の上位に位置づけられています。本書は,電気はまったくの初心者といわれる方が,その最初のステップである第二種電気工事士資格に最短ルートで合格できるよう平易な文章で丁寧に解説しています。巻頭は鑑別問題用にカラー写真を掲載しているほか,図記号一覧表を綴じ込み二つ折りが付属いています。

こんな方におすすめ

  • 第二種電気工事士資格試験の受験者

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

目次

鑑別問題

  • 1. 電気工事用材料
  • 2. 電気機器・配線用材料
  • 3. 工具

序章 電気工事士になるために

  • 0-1 電気工事士とは? ~私たちの生活に欠かせない電気
  • 0-2 電気工事士の資格と義務
  • 0-3 電気工事士の資格試験

第1章 電気に関する基礎理論

  • 1-1 電気に関する基礎知識~用語と単位
  • 1-2 直流回路の計算①電圧・電流・抵抗~オームの法則
  • 1-3 直流回路の計算②合成抵抗~キルヒホッフの法則
  • 1-4 直流回路の計算③導電率と抵抗率~電線が持っている抵抗
  • 1-5 直流回路の計算④電力・電力量
  • 1-6 交流回路の計算①交流回路
  • 1-7 交流回路の計算②電圧・電流・抵抗
  • 1-8 交流回路の計算③三相交流回路
  • 1-9 交流回路の計算④電力と力率
  • 1-10 交流回路の計算⑤電力量

第2章 配電に関する理論

  • 2-1 配電方式~発電所から一般家庭まで~
  • 2-2 配電理論の計算~電圧降下
  • 2-3 配電理論の計算~電力損失
  • 2-4 配電理論の計算~その他

第3章 配線の設計と電気工事

  • 3-1 引込線
  • 3-2 接地工事
  • 3-3 屋内配線
  • 3-4 電線の太さと許容電流
  • 3-5 幹線の設計
  • 3-6 分岐回路
  • 3-7 施設場所と電気工事の種類とその施設方法
  • 3-8 電線の接続
  • 3-9 金属管工事
  • 3-10 金属可とう電線管工事
  • 3-11 合成樹脂管工事
  • 3-12 ケーブル工事
  • 3-13 ライティングダクト工事・フロアダクト工事
  • 3-14 ネオン放電灯工事・小勢力回路・ショウウィンドウの配線の施設
  • 3-15 その他の低圧配線工事
  • 3-16 特殊場所の施設(粉じんの多い場所等)

第4章 電気機器と配線器具

  • 4-1 照明器具
  • 4-2 誘導電動機
  • 4-3 電線
  • 4-4 コンセント
  • 4-5 スイッチと開閉器
  • 4-6 遮断器
  • 4-7 工事用材料

第5章 一般用電気工作物の検査

  • 5-1 検査
  • 5-2 竣工検査
  • 5-3 絶縁抵抗の測定
  • 5-4 接地抵抗の測定
  • 5-5 電圧と電流の測定
  • 5-6 電力と力率の測定
  • 5-7 その他の測定器
  • 5-8 測定器の表示

第6章 法令

  • 6-1 電気工作物の保安に関する法令
  • 6-2 電気事業法
  • 6-3 電気工事士法
  • 6-4 電気工事業法
  • 6-5 電気用品安全法
  • 6-6 電気設備に関する技術基準とその解釈

第7章 配線図の書き方

  • 7-1 配線図
  • 7-2 電線の接続
  • 7-3 単線図から複線図へ

著者プロフィール

TNJ研修センター(ティーエヌジェイけんしゅうセンター)

職業訓練校を運営し,電気工事士資格等の資格サポートを行っているテレネットジャパン株式会社の熟練講師陣からなるチーム。初心者にわかりやすい講義には定評があり,同社の受講生合格率は90%(全国平均43.6%)以上を誇っている。過去問題の徹底分析による出題頻度の高い問題の集中講義など,短期間で効率良く学ぶことをモットーとしている。