生物ミステリー(生物ミステリー プロ)シリーズ白亜紀の生物 下巻

[表紙]白亜紀の生物 下巻

A5判/176ページ

定価(本体2,680円+税)

ISBN 978-4-7741-7541-6

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

これまで当シリーズでは,1冊に1つ,もしくは2つの地質時代をテーマにしてきました。
しかし「白亜紀」はお伝えしたい情報が多いため,上下の2巻構成となりました。
上巻には「おおむね」白亜紀前半,下巻には「おおむね」白亜紀後半の情報をまとめたものの,くっきりとした線引きはなく,上巻にも白亜紀後半,下巻にも白亜紀前半の情報を盛り込んでいます。

本書は,シリーズ第8作目『白亜紀の生物 下巻』。
下巻では,とくに南北アメリカ大陸に生息した生物たちにスポットライトが当たります。
白亜紀といえば,やはり恐竜。
そして,その恐竜のなかでも圧倒的な存在感を放つ“あの”肉食恐竜が,本書でついに登場。
さまざまな写真とともに紹介される“あの”肉食恐竜。
存分にご堪能下さい。

もちろん,上巻に引き続き,ほかの恐竜たちについても,美しい標本写真とともに紹介してありますので,こちらもご期待ください。

下巻でも,海洋生物も多数紹介。
白亜紀の北アメリカには広大な海が広がってたので,この大海のために独立章をもうけました。
独特の姿をもつ絶滅魚類,巨大なサメ,そしてついに登場する最強の海棲爬虫類モササウルス。
彼らの勇姿にも,ぜひご注目ください。

中生代最後に開いた華々しい生物の世界。
そして迎える終焉。
白亜紀という時代とは一体何だったのか? 心ゆくまでお楽しみください。

本書のここを見てほしい
  • 直近の研究成果も余すこと無く。マニアな方々も納得の情報量。
  • 世界各地の研究者・組織に協力を頂き,珍しい写真を豊富に掲載。
  • 最新の見地による復元イラストが満載。見ているだけでもワクワクできます。

こんな方におすすめ

  • 恐竜大好きな皆さま
  • 古生物ファンの方々
  • 化石にうっとりしたい方々

目次

白亜紀の生物 上巻はこちら

7. 翼竜大産地,「ブラジル」

  • “立体化石”の眠る国
  • ステキなトサカの翼竜たち
  • 鋭い牙をもつ翼竜
  • 翼竜大営巣地
  • 最古のウミガメ
  • ブラジルのシーラカンス
  • 大昆虫産地

8. The Western Interior Sea !!

  • 茎のないウミユリ
  • 宝石の名をもつアンモナイト
  • しゃくれた顎をもつ魚たち
  • 鋭い顎をもつ魚
  • シファクティヌスや,モササウルスさえも狩るサメ
  • 巨大ザメたち
  • 軽自動車並みのカメ
  • 首の骨は何個あるのか?
  • 首の長い仲間たち
  • 尾鰭があった!
  • アンモナイト,二枚貝もメニューに
  • 覇者の歴史
  • 翼を失った鳥

9. 恐竜たちの楽園「ララミディア」

  • The Western Interior Seaの西側
  • 3本ツノ
  • 石頭恐竜
  • 鎧をもつものたち
  • 白亜紀のウシ
  • “最速恐竜”と翼の起源
  • “最も賢い恐竜”と恐竜人間
  • “始まりの恐竜”
  • 恐竜を狩る水辺の支配者
  • ワニに似た,ワニではないもの

10. ティランノサウルス

  • 王者の発見
  • 「最強種」たる,そのスペック
  • 巨大な糞化石
  • 圧倒的な成長率
  • 覇者の系譜

11. 世界の恐竜たち

  • 世界最大級
  • ティランノサウルスを上回る獣脚類
  • 四足歩行? 水中生活!?
  • ティランノサウルス級の獣脚類
  • 背にトゲの列。そして,“ハーモニカ型”の口
  • 亜大陸の王者
  • インドの草食恐竜
  • 南極大陸の鎧竜

12. 第5の大量絶滅事件

  • 衝突説の登場
  • 巨大クレーター
  • 小惑星衝突説を裏づける証拠たち
  • それは「強い酸性雨」が原因だった……
  • 恐竜は姿を消したのか

 エピローグ

  • 生き延びたのは何か
  • アンモナイトの命運を決めたもの

著者プロフィール

土屋健(つちやけん)

オフィス ジオパレオント代表。サイエンスライター。埼玉県生まれ。金沢大学大学院自然科学研究科で修士号を取得(専門は地質学,古生物学)。その後,科学雑誌『Newton』の記者編集者を経て独立し,現職。近著に『デボン紀の生物』『石炭紀・ペルム紀の生物』(ともに技術評論社),『WONDA 大昔の生きもの』(ポプラ社),『理科が好きな子に育つ ふしぎのお話365日』(共著:誠文堂新光社)など。


群馬県立自然史博物館(ぐんまけんりつしぜんしはくぶつかん)

世界遺産「富岡製糸場」で知られる群馬県富岡市にあり,地球と生命の歴史,群馬県の豊かな自然を紹介している。1996年開館の「見て・触れて・発見できる」博物館。常設展示「地球の時代」には,全長15mのカマラサウルスの実物骨格やブラキオサウルスの全身骨格,ティランノサウルス実物大ロボット,トリケラトプスの産状復元と全身骨格などの恐竜をはじめ,三葉虫の進化系統樹やウミサソリ,皮膚の印象が残ったヒゲクジラ類化石やヤベオオツノジカの全身骨格などが展示されている。そのほかにも,群馬県の豊かな自然を再現したいくつものジオラマ,ダーウィン直筆の手紙,アウストラロピテクスなど化石人類のジオラマなどが並んでいる。企画展もも年に3回開催。br /<> http://www.gmnh.pref.gunma.jp/