大人の自由時間(大人の自由時間mini)シリーズスポーツ自転車でまた走ろう!
〜一生楽しめる自転車の選びかた・乗りかた

[表紙]スポーツ自転車でまた走ろう! 〜一生楽しめる自転車の選びかた・乗りかた

B6判/160ページ

定価(本体1,280円+税)

ISBN 978-4-7741-7583-6

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

スポーツ自転車はすっかり定着していますが,日本ではなぜか最新・最速のロードバイクの話題が中心です。でもレースに出て勝つのがあなたの目的ですか? 無理してジャージにビンディング,きつい前傾姿勢で乗らなくてもいいのです。シングルスピードやMTB,折り畳み,シクロクロスなど,シーン応じて魅力的な自転車はたくさんあります。いま海外発の肩の力を抜いたスポーツ自転車のムーブメントが日本に広がってきています。楽しみ方はひとつじゃない,多彩な大人のスポーツ自転車生活の入門書です。

こんな方におすすめ

  • 大人になってまたスポーツ自転車に乗りたい方
  • ロードレーサー以外の自転車の選択肢を探している方
  • 簡単なメンテナンスや調整は自分でできるようになりたい方
  • 自転車での旅や輪行を気楽に楽しみたい方

著者の一言

ロードバイクのブームにより,スポーツ自転車に乗る人は増えた。しかし,今の日本を見るとその進化はガラパゴス的であり,文化として定着するにはまだまだ時間が必要と感じた。生活を豊かにする道具,友達との関係を良好にする言語として,自転車に乗る人がひとりでも増えたら。そう願って,この本を書いた。
自転車は整備さえしていれば,なんでもいい。大切なのは気持ちをユルくすることだけ。自分を解放して,ただペダルを踏めばいい。そして,恥ずかしがらず,いろいろな店や,いろいろな仲間の中に入っていけばいい。
(「はじめに」より)

この書籍に関連する記事があります!

できる知的ワーカーはなぜ体を鍛えるのか? 頭をフル回転させる人が,体力トレーニングにはまるワケ
単純な仕事はITに置き換わり,知的労働者はよりクリエイティブで高度な仕事に頭を使うことが求められている。

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

目次

Chapter1 さらば,ロードバイク至上主義

  • 1 競うのをやめれば「自由」が見えてくる
  • 2 パーツにお金をかけなくても自転車は楽しい
  • 3 ロードバイクは体を鍛えてこそ乗りこなせる本気のマシン
  • 4 前傾姿勢は首を痛める
  • 5 ロードバイクはデイパックを背負うことを想定していない
  • 6 自転車を軽さだけで選んではいけない
  • 7 自転車はもっとユルく乗りませんか?

Chapter2 買う前に知っておくべきこと

  • 1 簡単な修理は自分でするくらいの気持ちで
  • 2 自転車とは大きな棚。引き出しは増え続けている
  • 3 スポーツ自転車は室内で保管する
  • 4 自転車のフレームには寿命がある
  • 5 フレームの素材は鉄にかぎる
  • 6 フレームの設計しだいで上りは楽になる
  • 7 軽い自転車よりも重いほうが楽に走れる
  • 8 購入前には変速機よりもタイヤをチェックすべき
  • 9 自転車の性能は買う店によって異なる
  • 10 スポーツ自転車の価格的な狙い目は?
  • 11 覚えておいたほうがいい各部の名称は?
  • 12 高級パーツ=使いやすいということではない
  • 13 クロスバイクは万能自転車なのか?
  • 14 パーツを組み替えるとさまざまな用途に対応できる

Chapter3 楽しい乗りかた,走りかた

  • 1 サドルを高くして脚の回転をスムーズに
  • 2 ビンディングペダルは自転車に慣れてから
  • 3 ハンドルとステムを交換して前傾姿勢をゆるめる
  • 4 細くて柔らかいグリップにすると疲れにくくなる
  • 5 お尻が痛いのはほんとうにサドルのせい?
  • 6 タイヤの空気は毎日充填する
  • 7 中高年は重いギアを踏んではいけない
  • 8 思い切って変速機を取り外してみよう

Chapter4 自転車旅=小さな冒険の始めかた

  • 1 自転車に乗ることは冒険なんです
  • 2 最初は15kmまでをゆっくり走る
  • 3 立ち寄りたいスポットを地図に書きこむ
  • 4 時速10㎞でルートの走行時間を算出する
  • 5 走るだけのウェアより一日を快適に過ごせるウェアを
  • 6 ヘルメット着用はケースバイケースで
  • 7 大型バッグを背負うと遊びが広がる
  • 8 輪行するときには周囲の人に最大限の配慮を
  • 9 水と食料の補給は早め早めに
  • 10 自転車は道路の左側を走る
  • 11 公道では,ほかのサイクリストを警戒せよ
  • 12 スタンドがないスポーツ自転車はどう駐輪する?
  • 13 旅先では雄弁になろう
  • 14 水がいい街は決まって食もいい
  • 15 お土産を買うと同時に土地の情報を聞きだす
  • 16 快適なのは気の合う同士の二人旅
  • 17 道は世界に広がっている

著者プロフィール

山本修二(やまもとしゅうじ)

1963年東京都生まれ。ライター。サイクリスト。
1980年代初頭,日本のBMX草創期から選手としてレースに出場。「マングース」の初代契約ライダーとして国内レースで42勝。その後,編集プロダクションに入社し,執筆活動を開始する。80年代後半は,日本に入ってきたばかりのMTB(マウンテンバイク)に熱中し,第1回全日本選手権からプライベート選手として参戦。カリフォルニア,ハワイ,カナダのレースにも遠征し,本場の楽しみ方,自転車がある豊かなライフスタイルについて学ぶ。28歳で独立してフリーランスとなり,雑誌を中心にさまざまな媒体で執筆している。ドイツ,イギリス,イタリア,オランダ,アメリカ,台湾などに渡航して,自転車ブランドの創始者にインタビューするほか,各国の自転車に関するインフラについても取材。近年は,シングルスピード,フォールディングバイク,MTB,ロングテールバイク,ファットバイクなどを用途によって使い分け,ツーリングや自転車散歩をマイペースで楽しんでいる。
ホームページ:http://www.bike-shu.com/