Excel入門5冊分!<基本操作と計算+関数+グラフとデータベース+マクロ+サンプル>Excel 2016対応版

[表紙]Excel入門5冊分!<基本操作と計算+関数+グラフとデータベース+マクロ+サンプル>Excel 2016対応版

B5変形判/288ページ

定価(本体1,780円+税)

ISBN 978-4-7741-8254-4

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

Excelを仕事に使う場合,基本操作だけでなく関数やデータベースなどさまざまな知識が必要になります。本書では「基本操作と計算」をはじめ,Excelを仕事に使う際に必要となる「関数」「グラフ&データベース」「マクロ」について,はじめての方にもわかりやすく解説します。そのまま使える「サンプル集」も収録。仕事に必要なExcel 2016の基本的な知識を,これ1冊で身に付けることができます。

こんな方におすすめ

  • Excel初心者
  • Excelを仕事で使うことになった人
  • Excelの機能についてひととおり知っておきたい人

目次

1冊目 やさしくわかる基本操作と計算

1-1 Excel 2016の基本操作

  • Excelの開始と終了
  • Excelは大きな計算用紙
  • 基本の操作はセルの選択
  • セル位置は列のアルファベットと行番号の組み合わせ
  • セルの範囲を選択する方法
  • セルに文字や数値を入力する
  • セル内容の削除や修正
  • いろいろな機能はリボンで操作
  • 作った表を印刷する
  • 作った表を保存する
  • 保存してある表を開く

1-2 セルを活用した表作り

  • セルの幅を変える
  • 複数の列を同じ幅に揃えて変更する
  • 文字の大きさや書体を変える
  • 1つのセルに複数行書く2つの方法
  • セル内の文字の表示位置を設定する
  • 罫線で表の体裁を整える
  • セル単位で背景色や文字色が変えられる
  • 文字の太字や下線はワンタッチ
  • 3桁区切りカンマのセル書式を設定する
  • 小数点以下を整えるセル書式を設定する
  • セルの書式をクリアする
  • セルをコピーして使う
  • あとから表に行や列を挿入/削除する
  • 印刷の余白を設定する
  • シートの追加や削除

1-3 計算のルールとコツ

  • 計算は難しくない!
  • 計算式の作り方と入力方法
  • 計算記号の優先順位がポイント
  • カッコで計算順序を変える
  • 合計は[合計]ボタンで簡単設定
  • 公式からExcelの計算式を作る方法
  • #DIV/0!などのエラーについて

1-4 計算式のコピーをマスターしよう

  • 計算表にはコピーが不可欠
  • 計算式を下や横にコピーする方法
  • 計算式はコピーすると変化する
  • コピーしても変化しないセル指定
  • 罫線を壊さない計算式のコピー方法
  • 計算表に行を挿入/削除したら計算式をコピー

1-5 便利な計算テクニック

  • 選択するだけで働く集計機能
  • 電卓のような計算もできる
  • [合計]ボタンで平均値などの計算もできる
  • ほかのシートのセルも参照できる
  • パーセントの計算
  • 消費税の計算
  • 構成比の計算
  • 残高や累計の計算
  • 足し算と引き算だけでできる日付の計算
  • 「×の○乗」というべき乗の計算

2冊目 知っておきたい実用関数テクニック

2-1 計算を簡単にする関数

  • 関数は難しくない!
  • 関数の基本形
  • 関数をキー入力する
  • マウス操作で関数入力
  • 関数を組み合わせて使う

2-2 知っておきたい基本の関数

  • 実用的な7種類の関数
  • 集計に使う SUM
  • 平均値を計算する AVERAGE
  • データ数を数える COUNT
  • 文字や空白のセルを数える特別なCOUNT
  • 端数処理に使う3つのROUNDとINT
  • ROUND系関数を使った整数部分の端数処理方法
  • そのほかの基本的な関数

2-3 条件判断でステップアップ

  • IF()関数の働き
  • 基本の条件式と比較記号
  • セルに出る計算エラーを回避するテクニック
  • 条件によってセルに何も表示しないテクニック
  • 計算式や数値を使い分けるテクニック
  • セルが空白でなければという条件
  • データのない行に残高を表示させない方法
  • 条件を組み合わせて使う
  • IF()関数をいくつも組み合わせて使う

2-4 実務で使える早見表を作ろう

  • 早見表の基本はVLOOKUP関数
  • ポイントは「区分」欄の作り方
  • 文字やコード番号の完全一致で参照する早見表
  • 参照してくるデータが複数ある早見表の使い方
  • 「××以下」という形の早見表の考え方
  • リストの×番目を参照する早見表
  • 何番目の区分に該当するか番号を返す MATCH
  • 2条件の早見表

2-5 いろいろな集計のテクニック

  • 条件に合うデータだけを集計する
  • 条件に合うデータの数や平均値を集計する
  • 集計の条件に数値の大小比較を使う
  • チェックを付けた行だけ集計する
  • SUMIF()などの関数をコピーして使う際の注意点
  • 複数の条件を組み合わせた分類集計
  • 複数シートのセルを串刺し集計
  • 時間集計のテクニック
  • 集計した時間を時分秒に分けて取り出すテクニック

2-6 便利な関数テクニック

  • データの大きさの順位が知れる RANK
  • 一覧から×番目に大きい/小さいデータを引用する
  • 日付データから年月日を分けて取り出す
  • 日付データから曜日を判断する WEEKDAY
  • 漢字データからフリガナを取り出す PHONETC
  • 「×ダース」や「24本ひと箱」などの任意の単位に数を揃える

3冊目 グラフとデータベースの活用術

3-1 簡単に表をグラフにしてみよう

  • グラフの基にする表を用意する
  • リボンから描きたいグラフ選ぶだけ
  • 複数列の一覧表をグラフ化する

3-2 グラフを見やすく加工しよう

  • まずはグラフを選択状態にする
  • グラフを移動する
  • グラフのサイズを変える
  • グラフのタイトルを書き換える
  • タイトルや凡例の削除や移動も自由にできる
  • グラフの種類はいつでも変更できる
  • 既定のレイアウトを利用してみる
  • グラフを別のシートや専用シートに移動できる
  • ラベルや図形で自由に書き込みを入れる

3-3 設定機能でグラフを工夫しよう

  • 折れ線グラフの色や種類を変更する
  • 棒グラフの色や模様を変更する
  • 棒グラフを絵グラフ化する
  • 円グラフの一部を切り出す
  • 円グラフの色や模様を変更する
  • グラフの各点に値を表示する
  • 縦軸や横軸に見出しを表示する
  • 縦軸の最小値/最大値を設定する
  • 欠落データ(空白セル)の扱いを決める

3-4 データベースの基本は並べ替えと検索

  • 1件が1行の一覧表が基本
  • 簡単に並び替えができる
  • 並び替え範囲を指定できる
  • 複数列を条件にした並べ替えもできる
  • データの検索方法
  • 検索機能の細かい指定方法
  • 置換機能でデータを置き換える
  • 便利なカード型データベース機能
  • カード型データベース機能をリボンに登録する

3-5 フィルター機能を活用しよう

  • フィルター機能とは
  • フィルター機能の基本的な使い方
  • 「含まない」などの条件を使う
  • 「××から○○まで」という範囲指定の応用
  • 数値データで使える条件の応用機能
  • 抽出した一覧表を並べ替える
  • 抽出条件をセルに書き込んで使う機能
  • セルに条件を書く場合のテクニック
  • 複雑に組み合わせた条件を設定する
  • 条件に合うデータをほかの位置に抽出する

4冊目 はじめてのマクロ入門

4-1 マクロで作業を効率化しよう

  • マクロは命令を並べたプログラム
  • 誰でも使える自動記録マクロ
  • 自動記録マクロをちょっと改造できるようになろう
  • リボンにマクロ用の[開発]タブを出しておこう
  • マクロを使うための保存と読み込みは特別

4-2 自動記録マクロを使いこなそう

  • 記録したい操作の確認をしよう
  • 操作を記録してみよう
  • 記録したマクロを使ってみる
  • 記録したマクロを削除する
  • ショートカットキーや説明をあとから設定する
  • 自作マクロの実行ボタンをリボンに配置する
  • 自作マクロの実行ボタンをシート上に配置する
  • マクロの利用可能な範囲の設定方法

4-3 自動記録マクロを改造して活用しよう

  • 記録したマクロの内容を表示して見る
  • ポイントは自分のやった操作を思い出すこと
  • 並べ替えの昇順と降順を変更してみる
  • 改造マクロを実行して試してみよう
  • マクロ名を変更してから作業しよう
  • 記録したマクロをコピーして改造マクロを作ってみる
  • もとのマクロとコピーした改造マクロを使ってみる

4-4 関数マクロでオリジナル関数を作ろう

  • 新しい関数を自作できる関数マクロ
  • 関数マクロのための白紙のマクロ用紙を用意する
  • 関数マクロはマクロ一覧に表示されない
  • 関数マクロの基本形 Function
  • セルに書いた関数から計算用の値を受け取る方法
  • マクロの計算結果をセルに書いた関数に戻す方法
  • 自作関数の使い方と保存と読み込みの注意事項
  • 変数は「データを仮に入れておく場所」

5冊目 すぐに使えるサンプル集

5-1 関数を利用した経過期間の計算のテクニック

  • 満年齢や継続期間を求めてみよう
  • 経過期間を計算する DATEIF関数
  • 満年齢の計算
  • 勤続期間の計算
  • 勤続期間を総月数で計算する

5-2 本格的な金銭出納帳

  • 経理に使える出納帳を作ってみよう
  • 文字や罫線部分の作成ポイント
  • 実用的な残高計算
  • ページ合計とページ残高
  • 勘定科目別自動分類集計のテクニック
  • シートの複製とページ間の繰り越し
  • 年間集計のテクニック
  • 上側のセルに入力済みのデータを利用して簡単入力
  • 入力欄に応じた日本語変換機能の自動切り替え

5-3 簡単に作れる給与台帳

  • 集計だけの給与台帳でも実用性は高い
  • 必要な計算はSUM()と足し算・引き算だけ
  • セルの結合で見栄えを整えよう
  • セルの枠線を表示しない方法

5-4 機能を追加した本格的な給与台帳

  • 雇用保険料と源泉所得税の計算を追加しよう
  • 雇用保険料の計算と特殊な端数処理
  • コンピュータで源泉所得税額を計算する方法
  • 税額計算部分を作ってみよう
  • 税額計算の詳細解説
  • 台帳部に仮計算の結果を表示する

5-5 Excelで本格文書作成

  • パンフレットを作ってみよう
  • 画面をワープロ的なページ表示にする
  • 用紙や余白の設定方法
  • ワードアートでタイトルを作成する
  • テキストボックスで文字を書こう
  • いろいろな図形をテキストボックスにしてみよう
  • 図形の形に切り抜いた写真やイラストを配置
  • Excelの表をセルと無関係に自由に配置
  • 罫線のアレンジテクニック

著者プロフィール

飯島弘文(いいじまひろふみ)

1956年山梨県生まれ。日本で初めて表計算ソフトの活用法を紹介した『ビジカルク活用法』を執筆以来,『かんたん図解 Excel 計算と集計のテクニック』『かんたん図解NEO Word+Excel 基本操作』『Excel入門5冊分!』『技あり時短テク! Windows 7』など,30年以上にわたり180冊を超える共著書がある。現在は,職業訓練校「トトモニ新宿校」にてWebクリエーター科の主任講師を務める。