増補改訂新版 痛みと鎮痛の基礎知識

[表紙]増補改訂新版 痛みと鎮痛の基礎知識

A5判/432ページ

定価(本体3,280円+税)

ISBN 978-4-7741-8543-9

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

「痛み」は複雑! からだはSOSを発しているのか!?

発生の仕組みや研究と治療の歴史から「痛み」について考える,やさしい科学読本です。

【増補改訂にあたり,いっそう内容を充実】

  1. 図中に解説を追加
  2. 主要な研究者の肖像画を追加
  3. 興味深い内容のコラムもさらに追加
  4. 本文項目の入れ替えや加筆多数

こんな方におすすめ

  • 痛みのメカニズム,鎮痛に関する知識を得たい医療関係者,学生

目次

第1章 痛みは警告信号?

第2章 痛み発生のメカニズム

第3章 痛みに関連する物質と受容体

第4章 さまざまな痛み

第5章 痛みの治療法

第6章 慢性の痛みのケア

著者プロフィール

小山なつ(こやまなつ)

滋賀医科大学 医学部 准教授。
奈良女子大学から奈良女子大学大学院(修士課程)時代、動物生態学、とくにトビケラ(水生昆虫)の生態、分類および行動について学ぶ。
その後、滋賀医科大学生理学講座の故・横田敏勝教授の下で、痛みと鎮痛の生理学について学んだ。現在は動物の情動に関連する行動解析の研究を行っている。