デジタル顕微鏡で楽しむ! ミクロワールド美術館

[表紙]デジタル顕微鏡で楽しむ! ミクロワールド美術館

B5変形判/176ページ

定価(本体1,940円+税)

ISBN 978-4-7741-9622-0

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

いざ,ミクロワールドへ,デジタル顕微鏡で旅立とう!

調味料,硬貨,植物,昆虫…,身近なものが“驚きの世界”に!
安価なデジタル顕微鏡で手軽に見られる美しい被写体,59点掲載!

【デジタル顕微鏡とは?】

簡単に言ってしまえば,小中学校にあるような「顕微鏡」と「デジタルカメラ」を合体させたもの。小中学校で使う学習用の顕微鏡と同じで,難しくありません。

本書では,数万円程度で買えるデジタル顕微鏡を使い,簡単に入手できる「身の回りにあるもの」の写真をたくさん掲載しています。ミクロワールドに魅了されたら,ぜひ自分でもデジタル顕微鏡を使って,驚きと迫力の世界を覗いてみてください!

こんな方におすすめ

  • 美しく驚きのある写真に興味のある方
  • 身の回りの科学的話題に興味のある方
  • デジタル顕微鏡で撮れる写真に興味のある方

本書のサンプル

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

サンプル画像1

サンプル画像2

サンプル画像3

目次

Introduction

  • はじめに
  • デジタル顕微鏡のしくみ
  • デジタル顕微鏡の選び方
  • デジタル顕微鏡の使い方
  • 操作パネル
  • 顕微鏡観察にあると便利な道具
  • column 観察の前に(注意点)
  • 本書の読み方

PART 1 思わず見とれる自然のアート 「美しい世界」

  • 塩(食塩)
  • 重曹
  • グラニュー糖
  • ミョウバン
  • 味の素
  • いの一番
  • 公園の砂
  • 泥の中の鉱物
  • 砂鉄
  • 入浴剤
  • 液体肥料
  • カルキ抜き
  • column 暗いものを明るく ◆ 落射照明を強化する
  • column 透明を見やすく ◆ 簡易偏光観察のススメ

PART 2 身のまわりの興味深い「驚きの世界」

  • メラミンスポンジ
  • シリカゲル
  • 歯ブラシの毛先
  • 筆記具(ボールペン)の先端
  • 一万円札ホログラム
  • 五円硬貨の表面
  • 十円硬貨の緑青
  • 五百円硬貨
  • 半導体素子(CCD)
  • ブリキ(スズメッキ鋼板)
  • カラープリンター印刷物
  • インスタントコーヒー顆粒
  • アオカビの仲間
  • column ピントの奥行きを出す ◆ 深度合成する

PART 3 小さくなって植物を見る「奇妙な世界」

  • サクラソウのメシベとオシベ
  • ネジバナの花
  • ヒルザキツキミソウの花粉
  • スギナの胞子
  • アサガオの花粉
  • トキワハゼ
  • ムラサキカタバミのメシベ
  • トキワマンサクの星状毛
  • ヒルガオのオシベ,メシベ
  • セタカアワダチソウ種子
  • コスモス花糸筒
  • スイセンノウの葉
  • センダングサの仲間
  • ハキダメギク
  • シソ(エゴマ)
  • ナガミヒナゲシ
  • ツワブキ
  • サザンカのオシベ
  • イヌワラビ
  • うどんこ病
  • column 広い範囲を撮る ◆ パノラマ合成する

PART 4 おそろしいれど惹かれる「迫力の世界」

  • クロヤマアリ
  • アミメアリ
  • セミのぬけがら
  • 蚊(ヒトスジシマカ)
  • コナジラミ
  • アオドウガネ
  • ヨトウガ(の卵)
  • アブラムシ
  • ナシグンバイ
  • クサグモの仲間
  • ブリのウロコ
  • サケのウロコ
  • 羽毛(シジュウカラ)
  • column 水中の生き物を観察 ◆ クマムシを見つけよう!
  • column 身近な海を探る! ◆ 屋内でプランクトン探し

著者プロフィール

池田圭一(いけだけいいち)

1963年生まれ。IT系雑誌・Web媒体でパソコン・ネットワーク・デジカメ関連記事の企画・執筆を手がけるフリーランスの編集・ライター。天文や生物など自然科学分野の記事も多数寄稿。著書に『失敗の科学~世間を騒がせたあの事故の失敗に学ぶ』『天文学の図鑑』(技術評論社),『図説 空と雲の不思議 -きれいな空・すごい雲を科学する-』(秀和システム)。おもな共著に『水滴と氷晶がつくりだす 空の虹色ハンドブック』(文一総合出版),『光る生き物~ここまで進んだバイオイメージング技術~(知りたい! サイエンス)』(技術評論社),『これだけは知っておきたい 生きるための科学常識』(東京書籍),『知っていると安心できる成分表示の知識 その食品,その洗剤,本当に安全なの?(サイエンス・アイ新書)』(SBクリエイティブ)など。