新刊ピックアップ

ロングセラーシリーズの新刊・Javaポケットリファレンスの秘密

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

シリーズが生まれて14年,Javaが生まれて15年あまり

移り変わりの激しいコンピュータ書において,14年間も続いているのが「ポケットリファレンス」というシリーズです。1997年の2月28日に『HTMLポケットリファレンス』が出版されて以来,改訂版を含めて,108冊もが刊行されています。

そんなロングセラーシリーズの新刊として,プログラミング言語のJavaが登場しました。じつはJavaが産声をあげたのは約15年ほど前。ポケットリファレンスシリーズと同じくらいの年月を経て,業務システムの開発はもちろん,最近ではスマートフォンにおけるAndroidアプリの開発にも使われ,今やプログラマにとってはもっともなじみ深い開発の言語の1つといえます。新刊の告知後,⁠え,まだなかった?」というお声もたくさんいただきました。

手軽に使っていただけるように,造本を工夫しています

ポケットリファレンスシリーズが長年にわたってご支持をいただいている秘密は,その使いやすさにあります。

ひとまわり小さなサイズ

技術書を持ち歩くとき「大きくてイヤだなあ」と思ったことはありませんか。ポケットリファレンスシリーズは,よくある技術書よりも小さ目な四六判のサイズとなっており,とてもコンパクト。手元に置いても邪魔になりません。

特殊製本で開きやすく

サイズが小さくすると問題になるのが,広げたままにしておきにくくなることです。そこでポケットリファレンスシリーズでは特殊製本でこの問題を解決しています。普通のソフトカバーの本では,表紙と本文の紙がくっていていますが,このシリーズでは間が浮いた形になっています。ぜひお手元にある本と,ポケットリファレンスを比べてみてください。

画像

ちなみに,テーマや担当者によって,本文のデザインや使う紙はすべて違います。今回のJavaはじつに536ページもあるため,できるだけ薄く,そして軽い紙を採用しています。この紙は柔らかいため,開きやすさもいっそうアップしています。

見えないところにこだわりが

画像

カバーイラストにもちょっとした裏話が。今回のカバーイラストは,Javaのマスコットキャラクターである「Duke」がコーヒー(銘柄はわかりますよね)のカップから顔をのぞかせているCGです。手がけてくださった吉澤崇晴さんにお話を伺ったところ,じつは想像以上の手間がかかっていました。CGは3次元で作るのですが,そのために,なんとカップの中にコーヒーが入っていることを想定して造形されているのです。

本は基本的に内容本位ですが,こんな遊び心とこだわりを持ちながら作っています。

Javaポケットリファレンスは,Javaの文法と,最新の開発環境「Java SE 6」に含まれる標準ライブラリから,必須のものを厳選してわかりやすく紹介しています。逆引き形式で目的からすぐ探せ,サンプルコードを見ながら具体的なプログラミングの仕方がわかります。JavaScript本の新しい定番書としてご支持をいただいている『JavaScript本格入門』をはじめ,数々の著作で定評のある山田祥寛氏の全面監修。座右の1冊として,ぜひお手元に置いてみてください。

コメント

コメントの記入