週刊Webテク通信

2013年10月第4週号 1位は,スライドして表示/非表示されるメニューを作るjQueryプラグイン集,気になるネタは,Amazon.co.jp,連載形式で電子書籍を自動配信する「Kindle連載」開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

ネットで見かけたWebテク(Webテクニック・Webテクノロジー)記事から,Webデザイナーの目で厳選したネタを週刊で紹介するこのコーナー。今回は,2013年10月21日~10月27日の間に見つけた記事のベスト5です。

1. 20 jQuery Side Sliding Panel Plugins (show-hide) For Your Website - Designbeephttp://designbeep.com/2013/10/22/20-jquery-side-sliding-panel-plugins-show-hide-website/

レスポンシブWebデザインでよく見かける,スライドして表示/非表示されるメニューを作るjQueryプラグインが大量に紹介されています。

最初はメニューが隠れていて,ボタン(3本線の場合が多い)を押すとメニューがスライドして出現するという,モバイルアプリでよく見かけるインターフェイスです。FacebookやGoogle+のアプリで有名ですね。

Facebookのモバイルアプリのように,メニューが出現するとともに表示されていたページ内容が全部スライドして画面の外に出て行くのをオフキャンバス(off-canvas)と言ったりします。この記事では,Sidr,Mmenu,jPanelMenu,PageSlideなどがオフキャンバスですね。

個人的にはオフキャンバスの動きが好きなのですが,オフキャンバスにこだわる必要もないのかなと最近思い始めています。

図1 スライドして表示/非表示されるメニューのためのjQueryプラグイン集

図1 スライドして表示/非表示されるメニューのためのjQueryプラグイン集

2. Build a Clean Website Design - Examples, Tips and Templates | Design Web Kithttp://designwebkit.com/web-and-trends/build-clean-website-design-examples-templates-tips/

クリーンなWebデザインに関する作例やテクニック,テンプレートなどをまとめた記事です。

  • レイアウト
  • グラフィックス,テクスチャーとパターン
  • ナビゲーション
  • タイポグラフィ
  • ホワイトスペース
  • アイコン

といった要素について解説した後,アイコンやテンプレート素材を紹介しています。

図2 クリーンなWebデザインに関する作例やテンプレート

図2 クリーンなWebデザインに関する作例やテンプレート

3. 25+ Best jQuery Tabs Plugins of 2013 | Coderopshttp://coderops.com/2013/10/jquery-tabs-plugins/

タブナビゲーションを実現するjQueryプラグインを多数紹介した記事です。

レスポンシブなものや,アニメーション効果があるものなど,色々なタブが掲載されています。

図3 タブを実装するQueryプラグインいろいろ

図3 タブを実装するQueryプラグインいろいろ

4. 10 Tools that will Revolutionize your Workflow as a Web Designerhttp://szaboka.hu/articles/10-tools-will-revolutionize-workflow-web-designer/

Webデザインに役立つツールを10個紹介した記事です。

有名なツールが多いのですが,ただ闇雲に数を揃えたまとめ記事ではなく,本当に自分が使っているツールをセレクトした感じが気に入ったので紹介します。

図4 Webデザインに役立つツール10選

図4 Webデザインに役立つツール10選

5. CMS導入前にしておきたい質問 : couldhttp://www.yasuhisa.com/could/article/before-implimenting-cms/

CMSを選別する前に,本当にCMSの採用が適切かどうかを考える必要性を訴えた内容なのですが,記事中で「Micro CMS」として紹介されているCMSが興味深かったので取り上げました。

特定の用途に特化した分,機能は少ないけどシンプルで軽量・高速というCMSがまとめてあり,試してみたいものばかりです。既に話題になったものもありますが,こうしてまとめてある記事はありがたいですね。

図5 Micro CMSがまとめて紹介されています

図5 Micro CMSがまとめて紹介されています

そのほか,最近の記事の中から,Webデザインのギャラリーを3つ紹介します。

先週の気になるWebサービス

Your designs - Canvahttps://www.canva.com/

Canvaは,デザイナーじゃない人でも簡単にチラシやポスターなどをデザインできるサービスです。あらかじめ用意されたテンプレートをベースに,文字や写真を変更するだけで,それなりに見栄えのいいものが作れるようになっています。

作るドキュメントの種類は,A4ドキュメント,ポスター,カード,名刺など用途(サイズ)別に用意されています。Facebookカバー画像サイズもありました。

テンプレートはやはりアメリカっぽいデザインが多いのですが,おとなしめのデザインもそれなりに見つけられます。テンプレートの種類はそれほど多くないのですが,デザインの要素として使える素材は膨大に用意されています。

この,写真やイラストなどの素材は検索できるのですが,100万以上用意されていると書いてあります。どうやら無料の素材は数百ほどで,ほかは有料のようです。有料といってもほとんどが1ドルなので,ついつい買ってしまう人も多そうですね。

操作感もいいですし,非デザイナーにはおすすめできそうだと感じました。個人的には,コマンド+Zでのアンドゥに対応しているところが気に入りました。

図6 非デザイナー向けのデザインツール

図6 非デザイナー向けのデザインツール

今週の気になるWebネタ

Amazon.co.jp,連載形式で電子書籍を自動配信する「Kindle連載」開始 -INTERNET Watchhttp://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131025_621010.html

Kindleで連載型の電子書籍が扱われるようになったようです。エピソード毎にマンガや小説などが自動的に配信されるそうで,完結するまでの料金で購入するとのこと。連載1話の時点で単行本を先物買いするようなものでしょうか。もちろん途中の段階でいつでも購入でき,完結すると通常のKindle書籍の扱いに変わるようです。

ユーザーには好意的に受け入れられているようですが,紙の雑誌には脅威となるサービスですよね。雑誌の存在意義を揺るがす存在とも受け止められます。

とはいえ,連載中はKindle連載で読んで,完結したら紙の単行本を買うという読者もいるように思えます。そうすると,出版社としては二重にお金を取ることができますし,単行本化される前に著者もそれなりの収入が得られるという,みんなハッピーな状況を作れるのかもしれません。

連載するといってお金だけ取って,その後更新しないというケースがあるんじゃないかというのも気になります。しかし,連載中止の場合は返金するそうですし,個人で出版できるKindleダイレクトパブリッシングではKindle連載は使えないそうなので,当面あまり心配しなくてもよさそうです。

著者プロフィール

芦之由(あしのよし)

Webデザインやサイト制作に役立つブログ記事やニュースをほぼデイリーでお届けするメルマガ「デイリーWebテク」発行人。フリーのWebデザイナー兼イラストレーター&ライター。シャープMZ-80Bからのパソコンユーザーで,Macintosh IIciからのMacユーザー。嫌いな言葉は「IEで見ると表示が崩れてるよ」。

デイリーWebテクの購読やバックナンバーについては,以下の紹介サイトをご覧ください。

デイリーWebテク - Webテク関連の話題を毎日配信 -
URLhttp://www.rgs680.com/dwt/

コメント

コメントの記入