週刊Webテク通信

2018年8月第1週号 1位は,ウェブデザインでのよくある間違いのまとめ,気になるネタは,円形ディスプレイのスマートスピーカ「Amazon Echo Spot」発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

ネットで見かけたWebテク(Webテクニック・Webテクノロジー)記事から,Webデザイナーの目で厳選したネタを週刊で紹介するこのコーナー。今回は,2018年7月23日~7月29日の間に見つけた記事のベスト5です。

1. Common webpage design mistakeshttp://blog-en.tilda.cc/articles-website-design-mistakes

ウェブデザインでのよくある間違いをまとめた記事です。

ランディングページで避けたい間違い
  1. コンテンツが論理的にブロック分けされていない
  2. アイテム同士の間隔が同じではない
  3. パディングが狭すぎてユーザーがコンテンツのブロック分けを理解できない
  4. テキストと背景画像とのコントラストがない
  5. 1つのページにスタイルが多すぎる
  6. 狭すぎる色の付いたブロック
  7. 狭いカラムに文字をたくさん入れる
  8. 文章量の多いセンター揃えのテキスト
  9. イメージの重要な部分にテキストが被っている
  10. 視覚的な階層構造の付け方を間違っている
  11. 1かたまりのブロックが2つに分かれているように見える
  12. タイトルが大きすぎる/長すぎる
  13. ボタンの境界線の間違った使い方
  14. 色を使いすぎる
  15. メニューに入れる項目が多すぎる
記事ページでの間違い
  1. 長くて詰まったテキスト
  2. 見出しの前後の空白の長さが等しい
  3. 見出しの階層構造がない
  4. ブロックの上下の空白が等しくない
  5. キャプションが画像に近すぎる
  6. 小見出しと本文との間隔が狭すぎる
  7. 目立たせたい要素と本文が近すぎる
  8. コントラストが低い要素
  9. 狭いテキストブロックに背景色を使う
  10. 背景画像を使った領域同士の間にすきまがある
  11. アクセントとなる要素が多すぎる
  12. 文字のスタイルを使いすぎる
  13. 文章量の多いセンター揃えのテキスト
  14. 見出しが画像に近すぎる
  15. 必要でないところで斜体を使う
  16. 場違いの場所にブロックが配置されている

図1 ウェブデザインでのよくある間違いのまとめ

図1 ウェブデザインでのよくある間違いのまとめ

2. 10 Popular UI Design Trends on Dribbble in 2018https://icons8.com/articles/popular-ui-design-trends-dribbble/

Dribbbleに掲載されたデザインからUIデザインのトレンドをまとめています。

デザイナーが作品を投稿するSNSサイトのDribbbleにアップされたものなので,実際のプロダクトではないものや実験的なものも多いことを念頭において見る必要はあるかと思います。

  1. 目立つイラストをウェブページに掲載する
  2. モバイル用のイラストを用意する
  3. スクリーン分割
  4. 太く注意を引くタイポグラフィ
  5. 陰影を使った紫色
  6. アニメーションするグラフィックス
  7. 文字で画像をマスク
  8. フルスクリーンの背景画像
  9. スキューモーフィズム(現実の物を模したデザイン)
  10. 切り替え効果の実験

図2 Dribbbleから見るUIデザインのトレンド

図2 Dribbbleから見るUIデザインのトレンド

3. The Complete Illustrated Flexbox Tutorial – freeCodeCamphttps://medium.freecodecamp.org/the-complete-illustrated-flexbox-tutorial-d35c085dbf35

Flexboxの使い方を図解した,取扱説明書のような内容の記事です。

Flexboxの全てのプロパティについて図を使って解説しており,かなりのボリュームがあります。

図3 Flexboxの全てのプロパティを図で解説

図3 Flexboxの全てのプロパティを図で解説

4. 8 Secrets of the Perfect Link | Webdesigner Depothttps://www.webdesignerdepot.com/2018/07/8-secrets-of-the-perfect-link/

完璧なリンクを作るための8つの秘訣を紹介しています。

  1. 良いリンクはボタンではない
  2. 良いリンクは目的が明確である
  3. 良いリンクは訪問済みリンクに考慮する
  4. 良いリンクは常に青色
  5. 良いリンクはアンダーラインがある
  6. 良いリンクは目立っている
  7. 良いリンクは良いマイクロコピーが使われている
  8. 良いリンクは良いUXを促進する

図4 完璧なリンクを作るための8つの秘訣

図4 完璧なリンクを作るための8つの秘訣

5. 16 Adobe XD UI Kits by Top Designers - Freebie Supplyhttps://freebiesupply.com/blog/adobe-xd-ui-kits-by-top-designers/

Adobe XD用のUIキットをまとめた記事です。

ECサイト用,スマートウォッチ用,ゲーム機用などいろいろな用途向けのものがありました。また,ワイヤーフレーム用のUIキットもいくつか掲載しています。

なお,ここで紹介されているワイヤーフレーム用UIキットのWiresには日本語版もあります。

図5 Adobe XD用のUIキットいろいろ

図5 Adobe XD用のUIキットいろいろ

そのほか,最近の記事の中から,気になるニュース記事を紹介します。

先週の気になるWebサービス

CSS Duotone Generatorhttps://cssduotone.com/

CSSを使って画像をデュオトーンに変換するサービスです。画像をアップロードするとデュオトーンに加工され, HTMLとCSSが生成されます。

画像の色と背景色,ブレンドモードや透明度などを指定できます。あらかじめ用意された設定を使ったり,ランダムで設定を変更する機能もあります。なぜか最初はフチ付きですが,⁠spacing」のスライダーでなくせます。

デュオトーンは最近のデザインのトレンドでもあるようなので,画像を加工しなくてもCSSで作れるサービスは重宝しそうだと思いました。作ったものをCodePenで開いてコードをいじれるのも便利です。

図6 CSSで画像をデュオトーンに変換するサービス

図6 CSSで画像をデュオトーンに変換するサービス

今週の気になるWebネタ

円形ディスプレイのスマートスピーカ「Amazon Echo Spot」発売--1万4980円 - CNET Japanhttps://japan.cnet.com/article/35123082/

Amazonが円形ディスプレイのスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」を発売開始しました。丸い形が特徴的で,専用のスタンドを付けると角度調整ができます。

日本で発売されているスマートスピーカーとしては初の画面付きとのことで,使用していないときは時計を表示するそうです。もちろん時計のデザインは変更できるので,据え置き型のスマートウォッチのようでもあります。

Android対応スマートウォッチには丸い画面のものもありますし,丸い画面のスマートスピーカーも登場となると,Appleから丸い画面のApple Watchや何か別な端末が出てこないかなという興味も沸いてきます。個人的には丸い画面のApple Watchに期待したいです。

著者プロフィール

芦之由(あしのよし)

Webデザインやサイト制作に役立つブログ記事やニュースをほぼデイリーでお届けするメルマガ「デイリーWebテク」発行人。フリーのWebデザイナー兼イラストレーター&ライター。シャープMZ-80Bからのパソコンユーザーで,Macintosh IIciからのMacユーザー。嫌いな言葉は「IEで見ると表示が崩れてるよ」。

デイリーWebテクの購読やバックナンバーについては,以下の紹介サイトをご覧ください。

デイリーWebテク - Webテク関連の話題を毎日配信 -
URLhttp://www.rgs680.com/dwt/

バックナンバー

週刊Webテク通信

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入