自己表現を自己実現に変える―ペパコン2009開催中,応募締切は8月31日まで

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

協力:株式会社paperboy&co.
聞き手:馮 富久(http://twitter.com/tomihisa)(株式会社技術評論社/gihyo.jp)

先日のニュースでも紹介したペパボクリエイターズコンテスト-夏だ!暑いぜ!クリエイター全員集合-!(通称ペパコン2009)。ただいま,夏の暑さを吹き飛ばすような楽しく,おもしろい作品の応募を受付中です。締切まであと3週間と迫る中,本コンテストの企画・運営を担当する,株式会社paperboy&co. 事業戦略本部セールス・マーケティングチーム 馬居優子氏,西岡健人氏に,開催の狙い,そしてペパボとして考えているクリエイター像について伺いました。

株式会社paperboy&co. 事業戦略本部セールス・マーケティングチーム 馬居優子氏(左),西岡健人氏(右)

株式会社paperbo

クリエイターに自己表現の場を提供する

――まず,今回のコンテスト開催に至った経緯を教えてください。

馬居:

私たちの企業理念である「もっとおもしろくできる」,これがコンテストの根幹となっています。私たちが提供するサービスは,この企業理念の元,ホスティングサービスや各種Webサービスなど,ユーザの皆さまにご利用いただける場を提供しているのですが,単に場所を提供するだけはなく,ユーザご自身が自己表現を行える活躍の場を提供したいと考えています。

昨年,この考え方に基づいてJUGEMユーザに向けたコンテストを行い,たくさんのクリエイターの皆さまにご参加いただきました。そのときに,参加者の皆さまの活躍の場を提供でき,さらにその方たちへ少しでも刺激を与えることができたのではないかという手応えがありました。

一方で,私たちが提供する,たとえばロリポップやJUGEMというサービスに関して,個々のサービス名は浸透する一方で,それを提供するpaperboy&co.,ペパボという名前が知られていなかったり,また,他のサービス同士がつながっていくことはそれほど多くないと感じていました。

そこで,ペパボという企業を冠にコンテストを開催することで,サービスやジャンルの壁をなくして,クリエイター自身が考えるそれぞれの創造力,そこから生まれる表現力を発揮してもらうことを目的に,今回のペパコン2009を開催しました。

応募の敷居は低く,各サービスのカラーは明確に

――今回のコンテストのお話をお聞きして,非常にユニークだなと感じた一方で,プロフェッショナル/アマチュアにかかわらず,どういう属性の方でも気負わずに応募しやすいように感じられました。その要因の1つは3部門5コンテストという多様性かと思います。このあたりについて詳しく教えてもらえますか。

誰でも参加できるコンテストを目指して

馬居氏

馬居氏

馬居:

はい,応募者の敷居を下げるというのは,ペパコン2009で狙っていることの1つです。というのも,いわゆるクリエイター向けのクリエイティブ/アートコンテストでは,業界の権威と紐付いたり,また,企業色が強くなることにより,プロフェッショナル性が高くなるものが見受けられます。その結果,応募する側にとってためらいが発生したり,敷居が上がってしまうように思います。もちろん,そうしたコンテスト自体は非常に価値があると思うのですが,私たちは,プロ・アマ問わず,誰もが気軽に参加できるようなコンテストにしたかったのです。

そこで,自社サービスを横断的に扱いながら,参加資格などについては出来る限り少なくし,一方で,応募する方の創造力を遺憾なく発揮していただけるよう,シンプルな課題になるよう心がけています。

では,それぞれのコンテストの概要と特徴についてお話しします。

JUGEM×ロリポップ!「ブログデザインコンテスト」

馬居:

JUGEM×ロリポップ!によるブログデザインコンテストには,漫画家の日本橋ヨヲコさんにご協力いただき,コラボコンテストとなっています。JUGEMに関しては,すでにユーザの皆さんからオリジナルテンプレートを約4,500種類ほど公開していただいていることもあり,まず,それを1つの軸に考えました。そこに,日本橋さんにテンプレートで使用できるイラスト素材をご提供いただくことで,ユーザのアレンジ力を試してもらえるようなコンテストになっています。

バックナンバー

クリエイティブ

  • 自己表現を自己実現に変える―ペパコン2009開催中,応募締切は8月31日まで

コメント

コメントの記入