インフルエンサーを探せ! ―TRAACKR―

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

インフルエンサー・マーケティングという言葉があるが, ブログやSNSの普及によって誰もが情報発信出来る世の中, とくにインフルエンサーの存在はPRやマーケティング面において重要な役割を占めている。

インターネット上の情報発信源としての信頼度が高い彼らは, その名の通り人々の消費行動に多大な影響を与える存在である。極端な話, 消費者はどんなによくできた広告よりもインフルエンサーによる「これは便利!」などといった推奨情報を信頼する傾向にあるので, この力を活用しないわけにはいかない。

しかし実際, 商品やサービスがターゲットとするコミュニティにおいて活躍している, もしくは活躍してくれそうなインフルエンサーを見つけ出すのはそうそう容易な事ではない。

そんなインフルエンサーを探し出すのに役立つ便利なサービスを紹介しよう。

TRAACKRは, 主にPRやマーケティング分野での応用を目的とした有料のインフルエンサー検索サービスで, ターゲットとなるコミュニティのインフルエンサーを選出, 更には動向をモニタリングするも可能である。それらのデータは以下の3つを軸とした, 独自の検索アルゴリズムに基づいている。

  • Reach:ブログ読者数等から見る, そのインフルエンサー自身のオーディエンス(消費者)の規模
  • Resonance:Likeボタンやリツイートされた回数などから見るオーディエンスとの関係
  • Relevance:インフルエンサーがコメントしている内容から見るターゲットとの関連性

上位25名のインフルエンサーたちは, ブログやTwitterでのコメント等といったソーシャルメディア上のアクティビティデータに基づいたランキング形式で表示され, グラフや数値等でもその影響力が推し量れる様になっている。

トップランキングのインフルエンサーの表示

トップランキングのインフルエンサーの表示

TRAACKRの使い方と特徴

いわゆる一般的な検索方法とは違い, キーワード自体に関してではなく, そのトピックについて, 誰が, どのようなオーディエンスに向けて情報を発信しているのかを明確にすることに特化させており, 商品名やブランド, ターゲット確定に有効と思われるキーワードを入力するとその分野に精通しているインフルエンサー候補が上位25名選出される。

選出されたインフルエンサーのインターネット上でのアクティビティをモニタリングする事もでき, また, 詳細ページからインフルエンサーによる記事やコメントへの直リンクも便利である。

インフルエンサーのさまざまな情報が見られる

インフルエンサーのさまざまな情報が見られる

インフルエンサーがもたらす2つのメリット

このサービスを使うにあたり, 大きく分けた2つの側面を紹介したい。1つはマーケティングにおけるリサーチ, データ収集ツールとしての側面で, たとえば自社製品やサービスをキーワード検索し, その分野のインフルエンサーを特定した場合, 彼らのブログ記事などを通じて, 消費者代表とした目線から見たリアルな意見の収集や競合サービスとの具体的な比較が可能になる。

もう1つはPRにおいて重要な, 拡声器的ツールとしての側面である。ターゲットの分野に精通したライターやブロガーといった人物にコンタクトをとり, 自社パーティに特別招待するなどといったアプローチをし, 自社イメージや商品, サービスに対する好意的な意見をインフルエンサーから発信してもらうのが狙いとなる。大掛かりな宣伝活用とは違い, リアルな口コミの力によって世間に広まる可能性を持っている。

TRAACKRを使えば海外進出もより身近に

TRAACKRは現在, おもにアメリカを中心とした英語のみ対応のサービスであるが, 今回はこれを逆手にとって, 海外進出を図る日本発のスマートフォンアプリのPR, マーケティングに役立てた想定モデルを紹介したい。

まずは前述のリサーチ面からのアプローチ.たとえばキーワード⁠mobile app⁠⁠best app” “featured app⁠などとキーワード設定をして検索。インフルエンサーリストを元に, アメリカではどのようなアプリが人気なのか, また, 似たような機能を持つライバルアプリがどのような評価を受けているのかなどのデータ収集を始める。

具体的に自社アプリのPRに有益と思われるインフルエンサーをある程度絞り込んだら, 実際にコンタクトをとってみる。

たとえば, ⁠あなたのモバイルアプリに対する知識の深さと熱意には当社も大変感銘を受けており, リリース前ではあるが特別に当社の新アプリを(もしくは有料バージョンを特別に無料で)提供させていただきたい。ぜひとも今後の開発に役立てたいのだが, ご協力頂けないだろうか」と持ちかけてみて, 快く承諾を得たとする。

そしてここからPR面での応用へとつながる。もしかしたらこの時点ですでにインフルエンサーは記事にしてくれるかもしれない。⁠cool app from Japanese company, ○○○!⁠と呟いてくれるかもしれない。さらにはインフルエンサーたちを集めてのトークセッションなどのイベントを企画して, 認知度をぐっと上げる事を狙いにするのも1つの手段である。

コスト面について

これはあくまでも想定モデルではあるが, TRAACKRを使えば, 海外進出に向けた基盤を日本にいながらある程度構築することができる。しかし,具体的な時間的コストと金銭的コストについては実際のデータが公表されていないのが現状である。

ちなみにTRAACKR社のプライスリストによると, キャンペーン1枠(Campaign Slot)に対して月額499ドルが発生。ここでのキャンペーンとは, あらかじめ設定したキーワードを元に設定されたランキングを対象としたモニタリングのことを指す。

たとえば7月15日から⁠mobile app⁠というキャンペーンを⁠iPhone app⁠⁠Android app⁠といったキーワード候補とともに作成し, モニタリングし始めた場合, 8月15日には使えなくなってしまうという少々やっかいな面もあるので, そこは慎重に検討したいところである。

TRAACKRのこれから

TRAACKR社は2007年にPierre-Loic Assayagによってボストンにて設立, 今年2011年にはLaunch CapitalやTollman Capital Partnersの投資を受けてサンフランシスコに拠点を移したばかりの今注目のベンチャー企業である。

まだまだ新しいサービスのTRAACKRではあるが, ターゲット層やコミュニティからの絶大な信頼を得ているインフルエンサーたちが興味の対象に注ぐ情熱を, マーケティングやPRに活かさない手はないだろう。

著者プロフィール

Brandon K. Hill(ブランドン・ヒル)

サンフランシスコに本社を置くグローバルクリエイティブエージェンシー, btrax(ビートラックス)CEO。

Website:http://www.btrax.com/jp
blog:http://blog.btrax.com/jp
Twitter:@BrandonKHill

コメント

コメントの記入