2009年のアクセシビリティ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

あけましておめでとうございます。NPO法人ハーモニー・アイの馬塲寿実(ばば ひさみ)です。私は,Web製作をしている立場ではなく,あくまでユーザー(使い手側)視点に立って,Webアクセシビリティを推進するために,視覚障害者や高齢者などの情報弱者の利用者側と,Web制作者や発注者の発信側とが共有できる,セミナーやワークショップをコーディネートする傍ら,Webユーザーテストを実施させていただいている者です。

今回は,私がそういった現場で肌で感じている,2009年のWebアクセシビリティの動向と予測,そして,私見も交えながらの期待を率直に書かせていただこうと思います。

世界,国内のWebアクセシビリティガイドラインが同時改定される節目の年

昨年末に,W3C(World Wide Web Consortium)のWebアクセシビリティ・ガイドライン,Web Content Accessibility Guidelines(WCAG 2.0)が,ほぼ10年近い年月を経て勧告になり,いよいよ正式に新しいバージョンが公表される予定です。

そして,国内においてもJIS X8341-3(高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス- 第3部:ウェブコンテンツ)が,それに整合させる形で,5年ぶりに秋には改定されます。今年は,Webアクセシビリティの大きなガイドラインが改定される,まさに節目の年となります。

国内のユーザ側の環境は混迷期?

Webアクセシビリティを考える上で,とても大切なのは,ユーザがWebを利用する際の環境です。障害のあるユーザーが利用する,支援技術の環境の中で,視覚障害者が利用する音声読み上げソフトの,国内の環境について,あまり語られていませんので,少し現状を書きたいと思います。

実は,現在とても混迷期であり,ユーザー達にとって困った状況が続いています。2007年に行われた,視覚障害者のパソコン・インターネット・携帯電話利用状況調査の結果においても,国内で一番シェアの高い音声読み上げソフトは,IBMのホームページリーダーという音声ブラウザでしたが,残念なことにXP対応までで開発はストップしました。また,Vistaに対応し人気のある音声ブラウザも,特定のスクリーンリーダーとの抱き合わせで使うようになっており,高額になるので,それほど広まっている状況ではありません。その他,いくつかのソフトもありますが,それぞれ,僅かなシェアで分散しています。また,英語圏の国では多く使われている,優れているJAWSと言うソフトの日本語バージョンは,一般的な国内ユーザにおいては,非常に高額なこともあり,利用者はごく僅かです。

つまり,現状の国内の視覚障害者ユーザー達は,「これだ!」という安定したソフトがないまま,日々進化するWebを,工夫をしながらどうにか使っているのが実情です。このことは,Web製作者側にとっても,どのソフトを基準に検証し,どのような配慮するのか?非常に悩ましいところです。

Microsoftも動くオープンソフトプロジェクト

ごく最近の動向としては,無償のオープンソフトウェアの開発が進んでいます。例えば,NVDAもその1つです。年末に,Microsoftが,NVDA本部へ対して,Windows7の発売に備えてでしょうか,資金援助と技術サポートをする事が発表されました。詳しくは,NVDAのBLOGで公表されています。国内でも有志らで,日本語へカスタマイズするプロジェクト(NVDAJp)も,スタートしています。結局,Windows7に最初からセットされるとになると,無料であるということもあり,否応なしに多くの視覚障害者のユーザたちもシフトするのではないでしょうか。そしてある程度,淘汰されるのかも知れません。高齢者においても,インターネットエクスプローラ(IE)の利用者が圧倒的に多いので,次期バージョンIE8が気になるところです。

今後のWebアクセシビリティへ対するヒントと期待

アクセシビリティへの取り組みをしているWebサイトも,大手企業や行政を中心に増えてはきました。しかし,あくまでも,既存のチェッカーで検証し,高得点がでれば良いという形だけの対応が,いまだ多いように感じいます。実際には,アクセシビリティを施したつもりのサイトが,使えないケースが多いのです。今度の改定においても,検証性は多少明確になった部分もありますが,機械的チェックでわかる部分は,あくまでも1部です。機械的なものだけに頼る事には限界があります。以前開催した本物のWebアクセシビリティセミナーにおいて,当会で政党のWebサイトをユーザテストし,その結果を分析し公表したのですが,機械的にわかることは3割にも満たない程度でした。このことは,イギリスの公的な調査でも明確に示されています。

最後に,ある2人のユーザーの声を紹介いたします。

「トップページがフルFlashで,いきなり行き止まりであるサイトが最近増えています。本当に,これはフルFlashでないとできないことなのかな? テキストのリンクを置くことさえできないのかな?」

「教科書みたいな静的なコンテンツばかり多い,アクセシビリティを施したWebサイトを望んでいるわけではなく,役立ったり面白かったりする動的なWebサイトを,視覚障害者だって望んでいます。」

まさしく,今後のアクセシビリティのヒントをくれる言葉です。情報コミュケーションが取れないWebサイトでは,どうしよいもありません。費用をかけても無駄になるばかりです。いくら机の上でガイドラインを眺めても答えはでません。本当にアクセスしてきたユーザへ使ってもらおうとするなら,ユーザーの理解から,はじめるのが意外に近道で確実であるかも知れません。

著者プロフィール

馬塲寿実(ばばひさみ)

NPOハーモニー・アイの理事長/事業部長。

音声ブラウザの認定トレーナを取得し,多くの視覚障害者やシニアへのパソコン指導を実施。その経験を活かし,企業や大学,個人のWeb制作者向けに,情報のユニバーサルについてのセミナーやシンポジュウムを,ユーザーも導入し多数開催。また、最近ではアクセシブルなサイト構築に役立つDVDも製作・販売した。「手軽に出来るWebユーザーテスト」を,いち早く取り入れ,ユーザーへのヒアリングや,Webのユーザーテストを行い,ユーザー視点でのコンサルティングもしている。

個人BLOG:ユーザーの生の声を届けるハーモニーblog

バックナンバー

標準

コメント

コメントの記入