マイクロソフトが考えるOSS Web戦略――Web PIの可能性と聞こえてきたWebMatrixの足跡

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

2010年9月10,11日の2日間,明星大学(東京/日野)にてオープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Fallが開催された。今回,マイクロソフトが参加し,同社が考えるOSS,そしてWeb戦略について語った。

「Windowsで動く!OSS Webアプリケーションの『かんたん』インストール」と題して,マイクロソフト株式会社エバンジェリスト 武田正樹氏が発表を行った。

マイクロソフトとOSS

武田氏は冒頭で「私たちマイクロソフトは,これからはオープンソースコミュニティと手をとりあっていくスタンスで進んでいきます」と,OSSコミュニティとの協調を強化する旨を述べ,本題となるWeb PIについて語った。

マイクロソフト株式会社エバンジェリスト 武田正樹氏

マイクロソフト株式会社エバンジェリスト 武田正樹氏

Web PIとは?

Web PIとはWeb Platform Installerの略称で,マイクロソフトが提供する無償のOSSインストールサポートツールである。

Web Platform Installer : 通称 Web PI
http://www.microsoft.com/web/downloads/platform.aspx

Web PIを利用することにより,Windows OS上にさまざまなOSSを手軽にインストールすることができる。基本的には,ウィザードに沿って操作するだけでよく,設定ファイルの変更や依存関係といった,これまでOSSをインストールする際に求められていた手間が大幅に軽減される。

2010年9月11日現在,30以上のOSS Webアプリケーションが登録されており,日本語版パッケージについては,

  • WordPress日本語版パッケージ
  • XOOPS Cube Legacy(ホダ塾ディストリビューション)
  • SugarCRM日本語パッケージ
  • EC-CUBE日本語パッケージ

の4つのアプリケーションをサポートしている。

Web PIとXAMPPの比較

Web PIとXAMPPの比較 Web PIとXAMPPの比較

この後,武田氏がEC-CUBEを例に,Web PIの使用方法に関するデモンストレーションを行った。

Web PIを通じた協業

EC-CUBEのデモの後,Web PIを通じた協業というテーマで,EC-CUBEの開発元でもあり,株式会社ロックオン取締役副社長の福田博一氏が登壇し,EC-CUBEの紹介,そして,開発ベンダから見たWeb PIおよびマイクロソフトのWeb戦略について語った。

株式会社ロックオン取締役副社長の福田博一氏

株式会社ロックオン取締役副社長の福田博一氏

EC-CUBEを開発するに至った経緯について,福田氏は「開発する前まで,ECというとASPによるモール型あるいは独自開発・実装による構築型の2種類に分かれていました.どちらも一長一短な部分があり,また,自分自身⁠ワクワクせーへんな⁠という気持ちがあって,その2つの長所を取り込んだものとして,EC-CUBEを開発することにしました」と,ワクワクするような,そして実践的なECツールとしてEC-CUBEを開発したことを紹介した。

また,Web PIとの連携については「今回,お話をいただいてから実際に実装するまで,約3時間ほどで完了しました。実際に手を動かした部分としては,XMLの記述ぐらいです。それと,個人的に嬉しかったのは,米Microsoftのエンジニアの方にコードを見ていただき,メールベースでやり取りできたことですね」と,今回のWeb PI対応で自身が体感した経験を紹介した。

さらに「今回の協業では,マイクロソフトさんのプロモーションにご一緒させていただくことで,これまでEC-CUBEがリーチできなかった新しいユーザ層へアプローチしたいです」と,今後のユーザ拡大に対する期待を述べた。

次の展開―WebMatrix

再び武田氏のプレゼンテーションに戻り,最後に「次世代計画:WebMatrix」に関する内容とロードマップについて発表した。

WebMatrixは,OSS Webアプリケーションを活用して,簡単にWebアプリケーションを構築したい方に向けたツール群。

WebMatrixの概念

WebMatrixの概念

今年年末~来年初頭にかけてのリリースを予定しているそうだ。

なお,マイクロソフトのWeb戦略については,以下URLにて最新情報が公開されている。ぜひご覧いただきたい。

Microsoft/web
http://www.microsoft.com/web

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

標準

コメント

コメントの記入