新春特別企画

2010年のデバイス&コンピューティング

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

2009年までを振り返ってみても,ネットブックの登場で一般のユーザが意識せずクラウドサービスを使ったり,iPhoneやWindows 7でマルチタッチに触れたり,私達の生活はこの数年,新しい技術やデバイスのコモディティ化によって劇的に変化しています。2010年の新年にふさわしい何か未来っぽい話をということで,今回はマイクロプロジェクターを中心に,2010年以降のデバイス&コンピューティングについて想像していきたいと思います。

2009年はマイクロプロジェクター元年

昨年はポケットサイズのマイクロプロジェクターが市場に出回った記念すべき年でした。それまで大型液晶ディスプレイの薄型軽量化に押されぎみだったプロジェクターに一筋の光が差したと言っても言い過ぎ?ではないかもしれません。

2008年の年末に3MのMPro110,OptomaのPicoProjectorが次々と発売され,その後ニコンからプロジェクター内蔵のデジタルカメラCOOLPIX S1000pjまで登場しました。

次の「プロジェクターがPCに進化する時」は私がマイクロプロジェクターの存在を知ったちょうど一年数ヵ月前に「マイクロプロジェクタで時代が変わる!」と思いブログに描いた2009年の未来予想です。昨年を振り返りながら読んでいただければと思います。

Optoma Pico Projector

Optoma Pico Projector

プロジェクターがPCに進化する時

プロジェクターにWebカメラを内蔵させ,映し出してるモノに触って操作できたら便利なのに……。そういう発想からプロジェクターがPCに進化する日は近いはずです。ノートPCやモバイルフォンの大きさを規定しているのは画面やキーボードといった物理デバイスの大きさだから,入力と出力の部分を机や壁に任せてしまえば未来のPCの姿が見えてくると思いませんか?

WebCam&プロジェクターの合体

WebCam&プロジェクターの合体

まずは,光学系を共通化してプロジェクターとWebカメラを1つの箱に入れます。Webカメラをセンサーにすれば投影された画面を操作できるし単純に組み合わせる以上のシナジーはあると思います。赤外線レーザーなどの補助光を使えば今でも簡単に実現可能ですし,投影画像とカメラ画像の差分を比較すれば触れている場所の計算は難しくありません。ビジネス用途にレーザーポインタや手で投影している画面をダイレクトに操作できる需要は十分にあるはずです。

ノートPCとプロジェクタを持ち運ぶのなら「プロジェクタをPCにすれば?」という発想は当然出てきます。Wi-fi,Bluetoothがあれば何もいらない。デザイン的にはツルテカの立方体のモノリスのような感じでしょうか。1つの頂点だけ斜めにカットしたデザインのようなタバコ2つ分ぐらいの「黒い箱」をテーブルに置くと,テーブルにキーボードと画面が投影されて,触って操作できるのは会議にも便利だと思います。

プロジェクション・コンピュータのイメージ

プロジェクション・コンピュータのイメージ

今度は90度回転させて壁やホワイトボードの手前に置いて遠くからはレーザーポインタで,近くなら壁に直接触れて操作します。技術的にもプロジェクタの進化は早く,すでにiPod大のDLP方式のプロジェクタやレーザープロジェクタが実用化されているのでパームトップも可能なはずです。一番の問題は光学系ですが,画質ではなくて利便性をとりハードウェアで無理をせず歪みはソフトウェアで強制的に補正(マッピング)するのが良いと思います。未来では空間に3Dで投影して超音波で手ごたえを感じたりするのかもしれません。ツルピカの黒箱を手のひらにのせてプレゼンでこう言ったりしてみたいですね。

「PCを再発明する!」

2010年はプロジェクション・コンピューティングが来る!

プロジェクション・コンピューティングとは?聞きなれない言葉ですが,それもそのはず私が提唱中のバズワード(Buzzword)です。プロジェクションを辞書でひくと【projection/出っ張り,突起,投影】とあります。何となく最近流行りのフィジカル・コンピューティングとも相性が良さそうです。私なりにプロジェクションコンピューティングを定義してみました。

■プロジェクション・コンピューティング

立体物または平面に,プロジェクタとカメラを組み合わせた機器で情報を投影し,投影されたオブジェクトを通じてPCを操作出来るしくみ。

いかがでしょうか? 家や街中の照明がカメラ付きプロジェクターに置き換わり,その明かりの下では壁や机がドコデモタッチパネルに,持っているモノがナンデモコントローラになってしまうような未来。PCやネットを意識せず身の回りにある情報にアクセスできるしくみがプロジェクション・コンピューティングであると私は考えます。

著者プロフィール

中井ナオト(なかいなおと)

元ゲームディレクター。代表作Beat Planet Music。1995年ソニー・コンピュータエンタテインメント入社。サウンドクリエイターとしてポポロクロイス物語,PS版攻殻機動隊のサウンドディレクションほか。ディレクター兼プランナーとしてBeatPlanetMusic,TVDJなどを企画。2003年ゲーム業界を離れモバイルサービスのプロデュース,KDDI関連会社勤務を経て現在フリー。

コメント

コメントの記入