新春特別企画

2010年をふりかえり,2011年のキャンペーンサイトを展望する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

あけましておめでとうございます。京都と東京に拠点を持つインタラクティブ・スタジオ 1→10designでプランナーをしている松倉早星(まつくらすばる)です。

リーマン・ショックの余波で不安いっぱいな2010年の船出でしたが,1→10designとして年間約90個ものWEBサイトを公開させていただき,さらに自社サイトのリニューアルも実施することができました。企業サイトでありながら格闘ゲームという弊社らしいサイトに仕上がっています。CREATIVE IS ENDLESS BATTLE」⁠是非遊んでみてください。

本稿では,2010年の話題になったキャンペーンサイトを振り返りながら(かつ,自社の宣伝もしつつ)⁠今年のキャンペーンサイトの展望を考察していければと思います。

Twitter文化圏

2010年を語る上で「Twitter」は外せません。ほとんどの案件でTwitterが何らかの方法で導入されています。あまりに大きなトレンドとなりすぎて「その課題解決にTwitterは必要だったのか?」と疑問に思うサイトも本当に多かったように思えます。

そんな数あるTwitterキャンペーンの中でも強く記憶に残っているのが「UNIQLO LUCKY LINEシリーズ」IS Paradeです。

UNIQLO LUCKY LINE in Taiwan

UNIQLO LUCKY LINE in Taiwan

IS Parade

IS Parade

どちらもTwitter特有の文化やニーズを理解し,⁠盛り上がり」「つながり」を見事にヴィジュアライズした好例ではないでしょうか。本当に多くのソーシャルネットワークがあるなかで,それぞれの文化・マナーを理解し,行動を促すことは非常に緻密なコミュニケーション設計となります。Twitter文化を理解せずに手掛けたキャンペーンサイトではスパム扱いされ苦情が殺到し,即日キャンペーン中止というのも何件か見受けられました。

どちらのキャンペーンも一言で説明することができるシンプルなコンセプトです。Twitterというソーシャルネットワークをハブにライトなつながりと集合体が2010年ならではの象徴的な盛り上がりのようでした。

あまりに多くのTwitterキャンペーンが増えた中,素晴らしい映像とトリガーとしてのTwitterという見事な構図をもったキャンペーンサイトが公開されました。それがSHIRO Cheers Systemです。

高橋酒造 ⁠SHIRO Cheers System」

高橋酒造 「SHIRO Cheers System」

UNIQLOCKの映像も担当した児玉裕一さんが映像監督として参加しています。

Twitter IDを入力すると自分のフォロワーから友人数名を巻き込んだ映像を見ることができるシンプルな設計です。映像の魅力に心を掴まれ,Twitterアイコンがあまりにキレイに合成されているのを見て,WEB業界の人は驚いたんじゃないでしょうか。このSHIRO Cheers Systemは,映像のもつメッセージの伝達力を再認識できた良いキッカケでした。そして,Twitterキャンペーンが多い中,さらりと広告的な気配を消し,ちょっとやってみようかと思わせる心の導線設計は,何度も見返し模範したものです。

WEB × 映像 × テクノロジー

SHIRO Cheers Systemと同様に,Tabio Slide Showの映像が持つ説得力・世界観は見逃せません。これまた児玉裕一さんが映像監督です。

Tabio Slide Show

Tabio Slide Show

映像のクオリティもさることながら「廊下を靴下で滑る」という,誰もが幼い頃に体験した記憶を抽出した事にプランナーとして感服せざるをえません。

さらにフリックさせる動作は,iPhoneやiPadが登場してから定着したデバイスアクションです。このデバイスアクションが新鮮な感覚である,まさに2010年しかないタイミングで,⁠フリックして,スライドさせる」=「廊下を滑る」というデバイスアクション=動画演出を見事に紐づけています。人が「当たり前に行う行動」「新しく導入される行動」を冷静に観察している視点が想像できます。

そして,JRA CINEMA KEIBA ON WEB JAPAN WORLD CUPは,いちユーザーとして本当に楽しめたサイトの一つでした。あの「スキージャンプ・ペア」で有名な真島・茂木コンビが放つふざけきった競馬サイトです。

JRA ⁠CINEMA KEIBA ON WEB JAPAN WORLD CUP」

JRA 「CINEMA KEIBA ON WEB JAPAN WORLD CUP」

感心すべきはこの企画にOKを出したJRAさんじゃないでしょうか。これを見たときには,心の中で拍手喝采でした。大企業であっても,このような決断をできることは本当に凄いことだと思います。この他にも好き撮り!MY JOCKEYなどのコンテンツも注目を集めました。

若者の競馬離れが激しい中,いかにして「ターゲットの心を掴むか」だけをしっかり考えていなければ,この企画を許可することはできなかったのではないでしょうか。レースは何度見ても面白くバリエーションも豊富です。久々にWEBを見て腹がよじれました。ここまでふざけきれたサイトは2010年,他にないと思います。

WEB × 映像 × テクノロジーの好例として,RhizomatiksさんがNIKEのシューズをハックし楽器にしたNike Music Shoeは,まさに[ 映像×WEB×テクノロジー ]のハイブリットな事例だといえます。Youtubeの映像1本とTwitter / Facebookのシェアボタンのみ。映像の力だけでメッセージを主張するという,まさに2010年以降を予感する内容ともいえます。

Nike Music Shoe

Nike Music Shoe

NIKE FREE RUN+をぐにゃりぐにゃりと捻ることで様々な音がでる。映像として奇妙なその光景が音楽となったときの鳥肌は忘れられません。NIKE FREE RUN+を演奏するHIFANAとRhizomatiksの組み合わせで生まれたグルーヴが「新しいカッコいい」領域を押し広げているようでした。

「靴を捻って音がでる,それを組み合わせて演奏するんです」というプレゼンを聞いて,⁠カッコイイ」になるとは到底思えません。しかし,目の前にあるものは「カッコイイ」そのものでした。広告という行為を飛び越えて私たちが「カッコイイ」といえる領土を拡張させられた感覚。⁠ユーザーには理解できないテクノロジーをシンプルにスタイリッシュにとけ込ませる⁠⁠けっしてユーザーには悟られずサラリと新しい価値を提案する”,最新の技術で構成されながらも広告本来の在り方を感じさせられる事例でした。

著者プロフィール

松倉早星(まつくらすばる)

1983年北海道出身。1→10designにてプランナーとして在籍。2009年より宣伝会議WEBディレクション講座講師を担当。国内外のアワード受賞多数。

プライベートワークとして,クリエイター向けポータルサイト “HITSPAPER”,クリエイティブカンファレンス “HIGH5″,クリエイターのためのワークショップイベント “NIT west”,ミュージックポータルサイト “your unknown music”などを手がける。

URLhttp://www.1-10.com/
Twitterhttp://twitter.com/sbr_m

コメント

コメントの記入