新春特別企画

2011年の電子出版

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

新年あけましておめでとうございます。2010年は3回目とも4回目ともいわれる「電子書籍元年」でありました。また今年2011年こそは,本当の「電子書籍元年」になるという予測する声も聞かれます。

しかし「元年」という言葉には,過去の失敗や課題をリセットしてなかったことにしてしまう響きがあると筆者は感じてます。いささか語呂は悪いですが,今年は少なく見積もっても「電子書籍2年」であるという認識のもと,昨年を通して明らかになった課題に対して継続して取り組んでゆくべきではないでしょうか。

本稿では,電子出版がこれから対峙しなければならない課題について考えてみます。

2009年に注目を集めたのはKindleやそのライバル機にあたる数々の読書端末でしたが,2010年は「プラットフォーム」「フォーマット」に対して大きな関心が払われました。

プラットフォーム

プラットフォームは土台を表す言葉ですが,電子出版の世界では様々な個人や企業が電子出版ビジネスを行うための基盤となるサービスを指します。アマゾンやグーグルに代表されるグローバルなプラットフォームの日本進出は「黒船」として脅威と期待を込めて受け止められました。GALAPAGOSブックリスタhontoなど日本でも昨年末にようやく幾つかのプラットフォームが誕生し,今年はプラットフォーム間競争の激化が予測されます。しかし果たして内戦(Civil War)を制するような優れた国産プラットフォームが誕生したところで,そのサービスは日本語圏の外にも拡大できるものになるのか,筆者は関心を持って見守っています。幕末の黒船は「国民国家」を象徴するものでしたが,今度の黒船は多様な言語や文化を包摂する「帝国」的なものなのですから。

著者や出版社は「黒船」という言葉の持つ警戒感に惑わされるべきではないでしょう。国産プラットフォームが日本語圏の外にサービスを展開できなかった場合,海外に向けて作品を販売する手段として「黒船」であるグローバルプラットフォームは最適です。翻訳コストの都合上,テキスト中心の書籍でのビジネスは難しいかもしれませんが,マンガのようにビジュアルな表現が中心となる出版物ならば、言語による障壁は幾分下がります。コンテンツビジネスは我が国にとって,新興国に押されつつある「ものづくり」に代わる重要な輸出産業となる可能性があると筆者は考えています。日本で独自の進化をとげたビジネスはしばしば「ガラパゴス」と揶揄されます。しかしガラパゴス諸島が観光地として魅力を放っているように,その独自性がコンテンツの分野では強みになります。

フォーマット

フォーマットは電子出版物のデータ形式です。昨年はアップルやグーグルなどが採用するEPUBというオープンなフォーマットが日本でも注目を集めるようになりましたが,縦書,ルビなど日本語組版を表現するには問題が多いことも明らかとなりました。そのため,次バージョンであるEPUB 3.0の策定には,日本からも幾つかの企業や団体が参加して日本語組版を取り入れる活動が継続しています。EPUBはXHTMLやCSSといったW3Cのウェブ標準を参照しています。そのため,10年来進展の見られなかったCSSの縦書きモジュールもW3Cで草案化され,Webkitのように実装に前向きなブラウザも現れました。EPUB 3.0は2011年5月に策定が完了する予定ですが,より高品質な日本語組版の実現にはその後も継続的な取り組みが必要です。国益を左右するグローバルなフォーラム標準に今後どのように対応してゆくのか,EPUBの普及は日本語圏にとって大きな課題を示した出来事であると言えるでしょう。

もう一つ,電子書籍の交換フォーマットの策定が昨年から続けられています。これまで日本国内でデファクト標準だったドットブックとXDMFの記述フォーマットを統一して多様な閲覧フォーマットに対応させる目的とされています。このフォーマットは国立国会図書館の全文検索サービスへの利用も検討されており,出版社や印刷会社が保有する既存のデータを有効に活用する手段としての役割を担っていると言えます。

環境整備はまだまだ続く

ここまで,昨年注目を集めたプラットフォームとフォーマットについて取り上げてきました。いずれも電子出版ビジネスを行うための基盤となる要素です。電子書籍の環境整備のための一年だったと言えるでしょう。

昨年,総務省では「新ICT利活用サービス創出支援事業」として10のプロジェクトが採択されました。前述したEPUBを日本語組版に対応させる取り組みや交換フォーマットの策定もこのプロジェクトには含まれていますが,他にも注目すべきプロジェクトが幾つも見られます。その多くが環境整備を課題としており,成果があがるのが4月以降になりますから,今年も電子書籍の環境整備はまだまだ継続中ということになります。

  • 国内ファイルフォーマット(中間(交換)フォーマット)の共通化に向けた環境整備
  • 書誌情報(MARC等)フォーマットの確立に向けた環境整備
  • メタデータの相互運用性の確保に向けた環境整備
  • 記事,目次等の単位で細分化されたコンテンツ配信等の実現に向けた環境整備
  • 電子出版のアクセシビリティの確保
  • 書店を通じた電子出版と紙の出版物のシナジー効果の発揮
  • その他電子出版の制作・流通の促進に向けた環境整備
    • EPUB 日本語拡張仕様策定
    • 研究・教育機関における電子ブック利用拡大のための環境整備
    • 図書館デジタルコンテンツ流通促進プロジェクト
    • 電子出版の流通促進のための情報共有クラウドの構築と書店店頭での同システムの活用施策プロジェクト

DRM

前述のプロジェクトに課題としてあがらなかったものにDRMがあります。例えオープンなフォーマットが利用可能であったとしても,特定のブックリーダでのみ閲覧でしか閲覧できないようにDRMがかかっている場合があります。利用者にとっての利便性は損なわれますし,ブックリーダやDRMの事業者が事業から撤退すると,購入したコンテンツを読めなくなってしまうという不安要因にもなります。

反対に違法コピーが可能な形態での販売では,出版社をはじめとするコンテンツ供給者の協力が得られない可能性があります。また閲覧者を制限するためのセキュリティ目的でDRMの導入が必要となる局面もありますし,電子図書館で貸出冊数を制限するためにDRMを導入している事例もあります。

しかし決して破られないDRMは存在しないと言われています。高い性能を持つDRMほど導入コストがかかり,それは販売するコンテンツの価格に上乗せされます。競争の激しい分野では,ユーザの選択と供給者側の導入コストがDRMの有無や強度を決定する要因になるはずです。

著者プロフィール

高瀬拓史(たかせひろし)

2009年EPUBの仕様書の日本語訳をウェブ上に公開。2010年日本電子出版協会EPUB研究会に参加し「EPUB日本語要求仕様案」の作成に関わる。11月よりイースト株式会社に勤務。この記事は個人の見解に基づくものであり,所属するいかなる組織とも関係ありません。ハンドルネームは「ろす」。

Twitter: @lost_and_found

コメント

コメントの記入