新春特別企画

Demosceneへようこそ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

新年明けましておめでとうございます。私はTokyoDemoFestというイベントのオーガナイザーをさせていただいていますqといいます。

本稿では,最近に巷で話題になりつつある"Demoscene"についての説明を交えながら,昨年流行ったこと,日本のDemosceneについて紹介させていただきます。

ようこそDemosceneへ

次の動画を見たことはありますか?

Elevated by RGBA & TBC

この動画は3年ほど前にとても話題になったプログラム作品で,日本の一般向けのニュースサイトなどでも大々的に取り上げられました。確かに,秀麗なグラフィックと荘厳な音楽で素晴らしいですが,なぜ普通のニュースサイトにも取り上げられたのでしょうか。

なんとこのプログラムは4Kバイト(4096バイト)以下の実行ファイルのみから構成されているのです。ネットワークから動画ファイルをダウンロードして再生しているわけではありません。映像,音楽,カメラワークすべてがプログラムにより実行ファイルから生成され再生されているのです。

ファイルサイズがどのくらい小さいものか,わからない方は手元にあるPCに入っている.exeのファイルサイズを見てください。もしくはWindowsのプログラミング環境が手元にある方はHelloWorldを作成してみてください。何バイトになりましたか?

これがDemoなのです。

Demoとは

Demoとは,このようにプログラムから作成される映像作品を呼称します(実は後述するように映像プログラミング以外のカテゴリーもあるのですが,大まかにはそう思っていただいて構いません)⁠

さらに,このような人たちが作ったコミュニティ全体をDemosceneと呼びます。

Demoは主に次のことを主眼に置いています。

  1. 技術的な挑戦
  2. 芸術性の追求

この主眼についてわかりやすい例を取り上げてみましょう。

numb res(Carillon & Cyberiad & Fairlight)

次の動画は,今年の4月に開催されたThe Gathering 2011で発表されおそらく2011年にもっとも話題をさらった作品"numb res"です。

numb res by Carillon & Cyberiad & Fairlight

膨大な量の粒子(パーティクル)をリアルタイムで描画し,流体シミュレーションに基づいて制御していることからもたいへん高い技術力がうかがえます。何よりも単純なグレースケールの絵の中で数字を唱えているだけだというのにここまで美しいものができあがってしまうことがとても衝撃的です。

新しいグラフィックカードを買ったらまずこの作品を走らせたりする人がいたり,ずっと数字を唱えているだけのツイッターBotがあるなど,単体の作品としてはあまり例を見ない盛り上がりを見せています。

Spin(Andromeda Software Development)

もう一つの衝撃的な例としては,Assembly 2011 Summerで発表されたAndromeda Software Development(ASD)のSpinでしょう。

Spin by ASD

ASDは私がもっとも好きなデモグループの一つで,単なる技術的追求ももちろんですが,映像作品としてのまとめかた,そして内容の濃さという点で大きく突出しています。

グラフィックスのプログラミングをしている方は,全体を通して行われるプラズマボールのようなエフェクトや,流行りのパーティクル表現などに目がいってしまいますが,何も知らない人が見ても,その凄さがなんとなく伝わってしまうのがASDの素晴らしい点だと思います。

Demoparty

このような凄いデモを見たら,

  • 「自分も何か作りたい!」
  • 「それをいろんな人に見てもらいたい!」

と思いますよね。

Demosceneが発達している欧州圏では,そのための催しが毎週末のようにどこかで行われており,Demopartyと呼ばれています。

Demopartyでは自分の作った作品を見せ合い,最後に投票を行い競争をしあったり,Demoを作る人同士が交流を深めたりします。規模もさまざまで,自宅の庭でBBQを楽しみながら行われるようなものから,体育館などの施設を丸ごと貸しきり,数日にわたり開催されるRevisionAssemblyのような大規模なものまであります。

私も昨年,本場ヨーロッパのDemopartyを体験しようと一念発起し,ドイツはケルンで毎年夏に開催されているEvokeというDemopartyに参加しました。参加している人の数や会場に並んでいるPCの数や大音量の音響や,大きなスクリーンに圧倒されたのを覚えています。

Demopartyに関する情報はdemoparty.netで知ることができます。欧州圏ほど数はありませんが,北米,南米,そして日本でもDemopartyが開かれています。日本に住む私たちでも発表する場があるのです。

ネットが発達した現代では,ブログや動画投稿サイトで発表すれば世の中に公開ができてしまい,オフラインで会う意義が薄れたと感じる人もいると思います。

しかし,Demopartyに行けば,凄い技術を持った人と直接話すことができます。凄まじいモチベーションが得られます。また,自分に対するレスポンスが得られます。⁠万事上手くいけば)満面のドヤ顔をすることだってできます。

私は,もっといろんな地域でもっと多くのDemopartyが開かれてもいいと考えています。

興味が湧いたらDemoを作ってみましょう。そしてDemopartyに行きましょう。海外まで行かなくても,日本でもDemopartyは開かれています。それがTokyoDemoFestです。

著者プロフィール

q(きゅー/小澤祐樹)

1985年生まれ。グラフィックスプログラミングが好物だが,それをどうやってオーサリングするのかという点に今とても関心がある。

Weblog:DIET COKE IS NOT COKE.qの日記

Twitter:@qatnonoil

Mail:q.at.nonoil@gmail.com

コメント

コメントの記入