新春特別企画

2013年のスマートデバイスと,それを取り巻く環境

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

2013年のスマートフォンやタブレットのトレンドについて,開発者向けに考えてみました。マクロ(巨視的)な話から始まり,ミクロ(微視的)な話にも触れます。下記のトピックに触れています。

  • クラウド中心アーキテクチャへの移行
  • デバイスの多様化
  • スマートフォンとタブレットの「2台持ち」
  • デバイスフリー化を推進するための技術
  • HTML かネイティブか,アプリのアーキテクチャ
  • ますます普及することで生じる大きな機会

まずは「クラウド中心アーキテクチャへの移行」という話です。

ユーザインターフェースの進化

スマートフォンやタブレットのようなタッチスクリーンデバイスは,次のような大きな歴史の流れの中にあります。

  • CUI:キャラクタユーザインターフェース(文字ベース)
  • GUI:グラフィカルユーザインターフェース(視覚的)
  • NUI:ナチュラルユーザインターフェース(より自然に)

CUI→GUI→NUIという進化は,より多くのマシンパワーをUIに投じるような進化の歴史です。

たとえば,iPhoneの(俗に「ヌルヌル動く」と賞される)滑らかな画面スクロール描画を実現しているGPU(グラフィック処理装置)は,一昔前のスーパーコンピュータよりも高い性能を持ちます。

これは何を意味するのでしょうか。それを考えるために,ネットワークコンピューティングアーキテクチャ(ネットワークを用いたコンピューターの利用方式)の歴史を振り返りながら考えてみましょう。

アーキテクチャの進化

ユーザの手元で動く「ローカル・マシン」と,ネットワークの向こうにある「リモート・マシン」の配置に注目して,ネットワーク・コンピューティング・アーキテクチャの歴史を振り返ってみましょう。

  • 大昔:コンソール(ダム端末)とメインフレーム
  • 1990年代:クライアント(PC)とサーバ
  • 2000年代:ブラウザ(PC・ケータイ)とWebサーバ
  • 2010年代:アプリ(PC・スマホ・タブレット・その他の多様なデバイス)とクラウド

補足すると,⁠アプリ」「ブラウザ」の区別が曖昧になってきています。⁠ブラウザ」「アプリ」の一種ですし,後述の「クラウド中心アーキテクチャ」において「アプリ」はWebサービスの「専用ブラウザ」であるとも言えます。

さて,現在はどういう時代で,今後どうなっていくのでしょうか。私の解釈は次の通りです。

「ローカルマシンはUIにマシンパワーを惜しげも無く投入し,UI以外の処理(アプリケーションロジック)をリモートマシンに頼る」というアーキテクチャが主流になってきており,また今後もその流れは止まらないでしょう。

このようなアーキテクチャを「クラウド中心アーキテクチャ」と呼ぶことにしましょう。コンピューティングの中心がクラウドにあるからです。

クラウド中心アーキテクチャでの「ローカルマシン」⁠スマートフォンやタブレット)の役割は,大昔の「ダム端末」に似ています。

「ダム端末」は,処理能力を一切持ちません。サーバに接続されて,初めて役に立つCUI端末です。⁠キーボードが押された」という信号をサーバに送り,サーバからの文字信号を受け取って画面に表示するだけの,UIに特化した端末です。

スマートフォンやタブレットがUIに特化していくとして,そのような「クラウド中心アーキテクチャ」と,大昔の「メインフレーム中心アーキテクチャ」は,よく似たアーキテクチャです。

今後は,

  • ローカルマシンはUIに特化し,
  • リモートマシンにアプリケーションロジックとデータを任せる,

という傾向がより一層進むのではないでしょうか。つまり,

  • クラウド中心アーキテクチャへの移行
  • ローカルマシンの「ダム端末」

が進む可能性が高いと考えています。

「iPhoneの滑らかなUIを可能にするために,一昔前のスーパーコンピューター並みのマシンパワーが投入されていることの意味」を解釈する準備ができました。それは,⁠クラウド中心アーキテクチャへの移行」「ダム端末化」の結果として,現代のネットワークコンピューティングアーキテクチャでローカルマシンに残された最も重要な仕事は「ユーザインターフェースの処理」である,ということです。

スマートフォンやタブレットが膨大なマシンパワーをUI処理に投入するように設計されていることは,単なる「スマートフォンの単独進化の結果」ではなく,ネットワークコンピューティングアーキテクチャという「エコシステム」の中での進化の結果なのです。ですから,かなり強い必然性があり,そう簡単には覆らないだろうと考えられます。

もちろん,まだ現時点では過渡期です。クラウドにすべてを依存するアプリは,⁠ネットワークがつながらなければ,まったく利用できなくなる」という弱点を抱えています。2013年のうちにこの問題が解決されることはないでしょうから,まだまだクラウド中心アーキテクチャへの全面移行は時期尚早です。

もし何年も提供し続けるつもりでアプリを新規開発するなら,⁠クラウド中心アーキテクチャへの移行」というトレンドを意識しておいたほうがよいでしょう。数年後のエコシステム,とくにネットワークインフラは,ますますクラウド中心アーキテクチャを後押ししているはずだからです。

デバイスの多様化

スマートフォンやタブレットの画面サイズが多様化していきます。それに加えて,周辺機器も多様化していきます。それを後押しするようにFabやMakerのようなハードウェア開発ムーブメントがありますし,KickstarterCAMPFIREのようなクラウドファンディングのムーブメントもあります。とくにCerevo DASHは独自ハードウェア開発プロジェクトに特化したクラウドファンディングの仕組みであり,注目に値します。

ハードウェア開発の敷居が下がる中で,コンテンツやサービスに携わるWeb開発者も,ハードウェア込みでの企画・設計に取り組める時代になりつつあります。⁠ネット連動デバイス」を作ることは現実的選択肢になりつつあります。

スマートフォンとタブレットの「2台持ち」も増えるでしょう。それも「デバイスの多様化」です。⁠スマートフォンとタブレットを同時に使うことで,より便利になるようなアプリ」の提案も,今後は可能でしょう。たとえば「iPadのKeynoteを,Bluetooth接続したiPhoneのRemoteで操作する」⁠ という連携は好例です。

著者プロフィール

石橋秀仁(いしばしひでと)

ゼロベース株式会社代表取締役社長/ウェブ・アーキテクト

思想を実装する専門家。スタートアップへの助言者。批評家かつ実務家。モットーは「みらいのふつうをつくる」。ゼロベース株式会社は2004年にウェブUIデザイン企業として創業。2005年に日本最大のAjaxコミュニティを主宰。現在は大企業からスタートアップまでとコラボして新規事業創出に取り組む。代表的実績はリクルート社ポンパレ,ソーシャルファッションサイトiQONのiPhoneアプリなど。

コメント

コメントの記入