新春特別企画・2008年を展望する!

2008年Webデザインに使えるJavaScriptライブラリ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

昨年を振り返ると,いろいろなJavaScriptライブラリが登場しました。デザインで使えるものから,インターフェースを改善するものなど,2008年も活躍しそうなものを紹介したいと思います。

Internet Explorer 6でアルファチャンネルを含むPNGを表示

iepngfix.htc

Internet Explorer 7からアルファチャンネルを含むPNG画像の表示が出来るようになりましたが,以前のバージョンでは表示するためにひと手間必要になります。iepngfix.htcを利用すれば,アルファチャンネルを含むPNG画像を利用する際に簡単にIE5.5以降のブラウザで表示させることが可能になります。

IE6でアルファチャンネルを含むPNGを表示

IE6でアルファチャンネルを含むPNGを表示

<img>タグ,またはエレメントの背景画像にxxx.png画像が指定されているものに対して,DXImageTransform.Microsoft.AlphaImageLoaderを適用してくれます。利用するには,アルファチャンネルを含むPNG画像の表示を適用したいスタイルに,behavior:url(iepngfix.htc)を記述します。

<style type="text/css">
   img { behavior:url(iepngfix.htc) }
</style>

<img>タグに指定したイメージソース(src)はblank.gif※1に置換され,背景イメージとblank.gifの中間のレイヤーとしてPNGイメージが出力されている状態になります。

※1
ダウンロードファイルに含まれる画像ファイルです。iepngfix.htcと同じフォルダにアップロードする必要があります。

アンチエイリアスの角丸をJavaScriptで生成

curvyCorners

角丸コーナーを作成する際に非常に便利なのが curvyCorners。JavaScriptで動的にアンチエイリアス(anti-aliasing)処理まで行ってくれます。比較的処理も早く,ストレスなく表示させることができます。

角それぞれの丸みはピクセル単位(px)で個別に指定することができます。また,アンチエイリアスを解除することもできるなど,細かな指定ができるのも特徴です。

背景のイメージも違和感なく角丸表示される

背景のイメージも違和感なく角丸表示される

ライブラリを適用した角部分に対し,<div>要素が動的に生成され角丸部分を形成してくれます。アンチエイリアス部分には1px単位でdiv要素が配置され,透明度の調整によって背景が透過した状態になります。

簡単に導入できるスムーススクロール

df Smooth Scroll

ページが長い場合にページ内リンクを使うことで,ユーザーが簡単に目的の文章にたどり着くことが出来るようになります。しかし,ブラウザの描写が早く,瞬間的に移動が行われるためユーザーはページ遷移したのかわからなくなる場合があります。

スムーススクロールを利用することで,すーっとスクロールされるため,こうした混乱から開放することができます。

df Smooth Scrollの優れた点は,すでにコンテンツで利用されているアンカータグでもスムーススクロールを実装できる点です。HTMLヘッダ部分で下記のようにJavaScriptライブラリを呼び出しておくだけで,既存のリンクがスムーススクロールするようになります。

<script type="text/javascript" src="smooth.pack.js"></script>

アンカータグをHTMLで記述する際<a name="名前" として記述します。しかし,XHTML,XHTML Basicではname属性が使用できません。id属性ではdf Smooth Scrollが動作しませんので,注意する必要があります。

著者プロフィール

大浦崇

大学在学中フリーランスの仕事を切欠に,システム会社を設立。Webシステムの開発からCプログラムなど企業向けシステム開発などを手がける。出版社に在籍し大規模Webコンテンツの運営とプロデュースを経験。現在株式会社デジタルフォレストに所属。youmos.comを通じてJavaScriptライブラリ配信を行っている。

URL:http://youmos.com/

コメント

コメントの記入