ロクナナワークショップ NEWS & REPORT

レポート「小林茂に学ぶフィジカルコンピューティング-Funnelの可能性とActionScriptでの活用実演-」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

本イベントではIAMAS(岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー)准教授,GainerおよびFunnel開発チームの中心メンバーである小林茂氏をゲストに迎え,Funnelの最新デモンストレーションを中心としたフィジカルコンピューティングセミナーが開催された。

小林茂 氏

小林茂 氏

ハードウェアスケッチとフィジカルコンピューティング

Funnelは小林氏を中心として開発されたアイデアをフィジカルにスケッチするためのツールキットだ。

Gainer I/Oモジュール FIO(Funnel I/O)v1.3

小林氏は今回Funnelの可能性を語る上で,まずスケッチとは紙にペンで描くように思いついたアイデアをすぐ具現化することである,としてその重要性を語った。このスケッチをベースに開発へシフトする場合,Flash等に代表されるソフトウェア開発では,気軽に実験や組み込みが可能だ。しかし,ことハードウェア開発に至ると,気軽にスケッチすることができず建設的ではなかった。このような状況から,自然とインタラクションデザインでフィジカルなものを絡めた時のプロセスで使えるツールキットの必要性を感じていたのだという。

また,昨今では様々な教育機関で取り上げられ,注目を浴びているフィジカルコンピューティングについても,その中で人間のフィジカル(身体的・肉体的)な行為を,コンピュータがいかに理解・反応するか,その表現の幅を広げる目的があるとした。

小林氏は,人間とコンピュータのインターフェースの関係性としてマウスとキーボードの問題をあげ,ネットワークの通信速度は日々高速化していく中で,人間とコンピュータとの関わりが非常に低速であることを指摘した。マウスとキーボードが実装され,1973年に登場したAltoを紹介し,「マウス・キーボードの30数年以上変わらないスタイルは,ある意味で完成度が高く,今まで通用してきたすごいコンセプトと言えるかも知れない。だが,これが完璧だとは誰も思っていないだろう。人々は日々,ストレスを感じながらパソコンを使っているのではないだろうか。だからこそ,iPhoneのようなマルチタッチを使ったジェスチャーでコントロールできるものがあると,新鮮に感じ,話題になったのではないか」と語った。

画像

続いて小林氏が受け持つ講義で作成した,指に挟んで動かすことにより音がでる子供用玩具「アクション!ゆびにんぎょう」と,歯車の噛み合いに応じて音を出し,音のズレによって音楽を奏でる「JammingGear」を紹介した。

アクション!ゆびにんぎょう(左)JammingGear(右)[写真撮影:蛭田直]

アクション!ゆびにんぎょう JammingGear

このようなGainerやFunnelといったツールキットを使ったハードウェアスケッチについて,「自分のアイデアを素早く具現化することができ,開発に関しても時間やお金をかけずに早い段階で,その先ブラッシュアップをするのか,やめてしまうのかを判断することができ,コンセプト・アイデア段階のプレゼンテーションにおいても実際に動きを体験し共有することができる面でも大きなメリットがある」と,その必要性を述べた。

フィジカルとバーチャルを繋ぐGainerそしてFunnel

小林氏はフィジカルな世界(物理的な世界)とバーチャルな世界(PCやインターネットの中)を繋ぐ方法として3つの方法を紹介した。

  • マイコンのみ(PIC, AVR)
  • マイコン+PC(Arduino, Wiring)
  • I/Oモジュール(Gainer, Phidgets)+PC

マイコン+PC(左)I/Oモジュール(Gainer, Phidgets)+PC(右)

マイコン+PC I/Oモジュール(Gainer, Phidgets)+PC

それぞれの特性と問題点やメリットを解説。その中でも2006年に開発されたGainerについてGainerはいわばシンプルなドライバであり,センサがどのような状態になっているか,またLEDを発光させるなどの実装が手軽にでき,プログラムも簡単である」とその利点をあげた。しかしその反面,Flash ActionScript等の作法に行き違いがあり,開発におけるハードルとなっていたと振り返った。

それらの問題やフィジカルコンピューティング独特のノウハウをふまえ,2007年に開発がスタートしたFunnelは,無線接続も可能な高レベルフレームワークである。APIの規模もそれほど大きくなく,シンプルな作りになっているとし,配布はSWC形式(コンパイルされたActionScriptファイル)ではなく.as形式(ActionScriptソースコード)で配布することで透明性を重視したと語った。

著者プロフィール

ロクナナワークショップ(ロクナナワークショップ)

アドビ認定トレーニングセンター ロクナナワークショップでは,Web業界の第一線で活躍中の講師陣による,実践的な講座を開講しています。全ての講座は最大6名・1日6時間で完結する,PCを操作しながらの集中トレーニングです。

また,各方面で活躍中のクリエイターをお迎えし,最新技術やアイデアをご紹介いただくイベントも開催しています。学生割引もありますので,是非一度参加してみてください。

URL:http://67.org/ws/

コメント

コメントの記入