インターネット広告とテクノロジーの行方

第1回 2010年への潮流

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

はじめに

検索エンジン大手とECサイトの巨人が合併して,グーグルゾンが出現し,世界を席巻する...仮想の話ながら,話題になったEPIC2014(Flash動画)がネットを駆け巡ったのは2004年12月頃... その後,「Web2.0」の概念があっという間に広がり,昨今では何でも○○2.0が花盛りとなっています。

グーグル社によるユーチューブ,ダブルクリック買収,セカンドライフの登場と,EPIC2014どおりではないものの,インターネットビジネスは2010年以降へ向けて新しい時代へ突入しています。マイクロソフトによる米ヤフーの買収話は記憶に新しいところです。

EPIC2014では次のようなことが示唆されていました。

合併した両社はプラットフォームを統合して,人間関係,属性,消費行動,また趣味に関する詳細なナレッジを把握するようになり,コンテンツ,そして広告の包括的なカスタマイズを実現するようになる。

あらゆる情報ソースから事実や文章を自動的に抜き出して,それらをふたたび組み合わせることで,新しいコンテンツを動的に作り出し,それらをサービス化するようになる。既存のマスメディアはこれを阻止しようとするが...

これらはあくまで,空想の世界の話ですが,事実になるかも知れないほどここ数年でインターネットビジネスとテクノロジーは変化してきています。ここで示唆されていることは近い将来,空想とは言えなくなるかもしれません。 この連載では,これらのインターネットビジネスを広告とテクノロジーの両面から追いかけてみたいと思います。

インターネット環境の変化

すでに2010年以降に向けての変化の下地はできてきているようです。キーポイントを挙げてみたいと思います。

ブロードバンドの進化

総務省の発表によれば2007年12月末のインターネット接続回線の内訳はFTTH(光ファイバー)が1,133万契約,DSLは1313万契約でFTTHは平成16年以降,一貫して純増となっています。

高速接続環境がもはや当たり前になり,Gyaoに代表される動画コンテンツサービスも普及してきています。携帯もますます高速化・高画質へと進化していっています。

検索連動型広告の出現

アドワーズ,オーバーチュアに代表される検索連動型広告の出現がインターネットの広告ビジネスに変化をもたらしました。 最も,衝撃的なのは(理屈はシンプルなのですが),「消費者の要求にマッチした広告を表示する」点です。

これまでの広告モデルは,広告主・媒体側からのメッセージ(プレゼンテーション)といった色合いが強く,消費者には選択の余地がありませんでした。

例えばポータルサイトにおいて,ローテーションでバナー広告が切り替わることはあっても,消費者の得たい情報や,嗜好にあわせた広告の配信は実現できていませんでした。また,広告を出稿する企業側からみると,広告の表示順位が価格だけではなく,キーワードやコンテンツの適合性で決定されるという方式であることから,莫大な広告費をかけることができないが,魅力的な商品を持っていれば,効果的な広告を展開できるようになりました。

「検索する」といった行動から消費者の要求を読むことができる,なおかつ「テキストリンクはクリック効果がある」ところにフォーカスを当てたところもポイントです。

ユーチューブに代表される動画配信サービスの登場

投稿画像+検索といったモデルがビジネスの可能性があることを世界中に示しました(著作権の保護という影の部分はあります)。米国では動画広告が2011年に 1500億を超す市場にあると予想する向きもあるようです。

ユーチューブの浸透した理由はそれまでの動画配信モデルと違って,ほとんどのブラウザがサポートしているFlash(Flash Vedeo形式)を採用した点もポイントです。

iPod/iPhoneに代表される新情報端末の登場

TVがネット化するか,PCがTV化(すでに実現されているが,あくまでPCとして販売されている)か,またはiPod/iPhoneのように新しいタイプの端末か?

2008年はiPhoneの登場,5万円を切るネットPCの普及と新情報端末が登場した年でもありました。今後も新しい端末が登場すると思われますが,キーポイントは「ネットとの接続」です。

また,コンセントからネットにつながるアダプター(PLC: Power Line Communication)も実用化されてきています。

オープンソーステクノロジーの観点から見ると,Linuxに代表されるオープンソースはインターネットビジネスに最も影響を与えたといっても過言ではありません。

ここでは3点挙げてみましょう。

(1)新しいモデル
特定の企業が独占する閉じた世界ではなく,ソースコードが公開され,バグフィックスや改良が有志の手によって行われる。 Wikipediaもプログラム開発ではありませんが,同じモデルであると言えるでしょう。
(2)優れた技術が無償または安価に手に入る
ベンチャー企業にとって初期コストが低下し,優れたサービスを早期にリリースすることができるようになってきています。しかも,技術レベルは高く,安定しています。日本でもほとんどのネット系企業はLAMP(Linux,Apache,MySQL,PHP)に代表されるオープンソフトを利用している事実があります。
(3)優秀なコードが優秀な技術者を育てる
優秀なコードや設計思想を学べることで,機会に恵まれなかった才能が育つ土壌が広がってきています。コンピュータの世界,特に"創造的"なソフトウエアの設計や実装能力は個人の能力が大きい分野です。一部の企業や研究所に従属していないと触れることのできなかった素晴らしいソースコードにアクセスできるということは新しい才能の出現を促進するでしょう。

著者プロフィール

山田賢治(やまだけんじ)

(株)アクティブコア 代表取締役社長。パッケージベンダーにてRDBMSのカーネルの開発,海外勤務を経て,データウエアハウス専用DBMS事業の立ち上げ,分析アプリケーションの設計・開発に携わる。

その後,インターネット系ベンチャーの技術部長を経て2005年に(株)アクティブコアを設立し,代表取締役社長に就任。現在は同社の経営全般および製品の設計・開発に奮闘中。

URL:http://www.activecore.jp/

コメント

コメントの記入