インターネット広告とテクノロジーの行方

第4回 インターネット広告配信と測定の仕組み

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回はインターネット広告の種類と特長について説明しました。

第4回はインターネット広告の配信と測定の仕組みについて考察していきます。

インターネット通信の仕組み

まず,配信や測定の仕組みを説明する前にインターネットの通信の仕組みについて説明しましょう。インターネットの通信はTCP/IPというIP上のプロトコルで成り立っています。

TCP/IP上のアプリケーションとしてHTTPプロトコルがあり,ブラウザとウエブサーバー間の通信は主としてHTTP(HTTPS)で行われています。

ブラウザとウエブサーバーの通信(1)

ブラウザとウエブサーバーの通信(1)

ブラウザは指示されたURLからアクセスする対象のウエブサーバを決定して,HTTPリクエストを送信します。

HTTPリクエストにはヘッダとボディがあります。

ヘッダにはURLやウエブサーバのホスト名,後述するクッキーがブラウザによって設定されます。

ボディはブラウザからウエブサーバへデータを送信する場合に使います。

ウエブサーバはブラウザから送信されたHTTPリクエストを解釈して,コンテンツを送信します。

HTTPレスポンスにもヘッダとボディがあります。

ヘッダにはレスポンスコードや後述するクッキーの設定情報などが付加されます。

ボディにはブラウザへ送信すべきコンテンツ(HTML,画像,JavaScriptなど)が入っています。

このブラウザとサーバー間の通信にインターネット広告や測定の仕組みの秘密が隠されています。

ブラウザとウエブサーバーの通信(2)

ブラウザとウエブサーバーの通信(2)

ブラウザ画面は一般的に複数の画像,テキスト等が画面内に配置されて表示されます。

ブラウザとウエブサーバー間の通信は,画面単位ではなく,ファイル(コンテンツ)単位です。

リクエストしたコンテンツ(HTMLページなど)を読み込んだ後,ブラウザはHTML内に記述された内容に従がって,画像やファイルを取得するためにウエブサーバへリクエストを発行します。

つまり,ブラウザ上のURLと異なる別のサーバーから画像やテキストを取り出すことができるのです。

これは携帯端末のブラウザでも同様です。しかも,それぞれの通信は独立(並行)して実行されます。

インターネット広告配信や測定サービスはこの仕組みを利用しています。

次はユーザ(ウエブ利用者)を特定する方法を見ていきましょう。

著者プロフィール

山田賢治(やまだけんじ)

(株)アクティブコア 代表取締役社長。パッケージベンダーにてRDBMSのカーネルの開発,海外勤務を経て,データウエアハウス専用DBMS事業の立ち上げ,分析アプリケーションの設計・開発に携わる。

その後,インターネット系ベンチャーの技術部長を経て2005年に(株)アクティブコアを設立し,代表取締役社長に就任。現在は同社の経営全般および製品の設計・開発に奮闘中。

URL:http://www.activecore.jp/

コメント

コメントの記入