The Analytics──誰のためのWebアクセス解析か?

第1回 Web解析には道具(ツール)がある

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

プロローグ

何もわからない。5日前に上司の呼び出されて言われた一言。 「お前,異動になったから。次はWeb営業部な」

Web営業部はうちの会社でもあまり目立った部ではない。Web2.0という言葉が流行った際に役員の指示で作られたものの,結局,売上も上げられずに金食い部と言われている。その部に異動になったのだ。

今日から仕事というものの,何をしたら良いのかわからない。だから,とりあえずサイトを眺めてみている。このWeb営業部で運営しているサイトはいわゆるEコマースサイトで,うちの会社で取り扱っている雑貨販売を行っている。

となりに座ることになった柏木さんに聞いたところ,コンテンツの中身については,社内のデータベースと連動して自動的に更新されているものの,売上以外はほとんど管理をされていないらしい。そして,どうも自分はそのあたりのテコ入れのために呼ばれたとのこと。あとで部長に呼ばれて,自分のミッションはサイトを良くすることであると告げられた。

とは言っても,インターネットについては家でちょこっと触る程度で詳しくはない。しかし,目の前の仕事はそれをやれということらしい。そこで,大学時代の同級生でWebの仕事をやっているという矢島に助けを請うことにした。幸い,矢島はそれほど忙しくならしく,今夜飲み屋で会うことになった。

矢島との飲み

Web解析ツールは入れてるの?」これが矢島の発した一言目。異動になったことを報告し,自分が自社のWebの売上以外の管理をしなければならないという話をしたあとのことだった。そんなものがあるのかと目をまるくしていると,矢島が丁寧に教えてくれた。

矢島によるとWeb解析ツールとは,Webサイトがどのように利用されているかなどを知ることができるツールのことを指しているとのこと。まずは,いくつかの方法があることを教えてくれた。これによってできることが変わってきたりもするらしい。

主な方法は3つ,「ログ方式」「パケットキャプチャ方式」「タグ方式」があるとのこと。これはそれぞれ数字の集計の仕方によって呼び方が変わる。矢島はすでに頭の上に?マークが出ている自分にたとえ話で話をしてくれた。

「ブラウザを立ち上げてサイトを見てるときは,その裏側でサイトを収納しているサーバとIEなどのブラウザがキャッチボールをしてるんだ」

「キャッチボール?」

「そう。URLってあるだろ,あれがサーバの住所みたいなもので,それをたよりにAのページをくださいとブラウザがお願いすると,サーバがそのコンテンツを返してくれるんだ」

「なるほどね。ということはそのキャッチボールの回数を数えるみたいなもんか?」

「そう。さっきの3つの方式はその場所が違うと思えばいい」

「ふ~ん。具体的にどう違うのさ」

「ログ方式は,サーバ側でやりとりの記録が残ってるから,それを集計するんだ。パケットキャプチャ方式は,第3者の人がキャッチボールの行き来を観察している感じかな。あとタグ式は,やりとりをしているボールとは別にブラウザがやりとりの詳細を別の集計しているサーバに手紙にして送っているような感じだ」

著者プロフィール

安西敬介(あんざいけいすけ)

大手Eコマースサイトにおいて、システムエンジニア、コンテンツディレクターを経て、マーケティング戦略の支援や、Webサイトの分析を行う。

URLhttp://an-k.jp/blog/


松田恵利子(まつだえりこ)

ダブルクリック株式会社 アナリティクス事業部

WEBサイト制作・開発,Webディレクター,モバイル向けマーケティングツール事業の立ち上げを経て,2005年ダブルクリックに入社。さまざまな企業へのアクセス解析ツールの導入を担当する。現在は,アクセス解析チームを取りまとめる一方,Webマーケティングサービスの事業開発を行う。

URLhttp://www.doubleclick.ne.jp/

コメント

コメントの記入