Web制作者が知っておきたい オープンソースアプリ&クラウドでのWeb構築の心得

第4回 Microsoftのオープンソース,そしてNode.jsへの取り組み

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Microsoftは,オープンソースを提唱する組織や団体との協業も積極的に行っています。Apache Software Foundation,日本Ruby会議,PHPカンファレンスなどへのスポンサーとしての協力や,オープンソースのソフトウェアをWindows環境で利用するための技術支援も行っています。

今回は,Microsoftのクラウドプラットフォーム「Windows Azure」上での国産オープンソースWebアプリケーションと最近注目を浴びているNode.jsへのMicrosoftの取り組みをご紹介します。

国産オープンソースWebアプリケーションとWindows Azure

オープンソースWebアプリケーションをWindows Azure上で利用するには,データベースをSQL Serverのクラウド版「SQL Azure」での動作やWindows Azure上に簡単に展開するためのパッケージ化などが必要になります。これらの対応をオープンソースの開発者とMicrosoftで協働しています。米国ではすでに,WordPress,Joomla!,Drupalが対応済みです。

日本では,昨年より本連載でも紹介しているOpenPNEやEC-CUBE,そして,MovableTypeの開発者と数回の合宿やミーティングを開催し,MicrosoftやWindows Azure MVPの浅見城輝氏による技術支援を継続的に実施ました。その結果,OpenPNE 3.6がWindows Azureに対応,EC-CUBE,MovableTypeは次期バージョンでの対応が予定されています。

Movable Typeは次期バージョンから対応予定

Movable Typeは次期バージョンから対応予定

OpenPNEのプロジェクトを推進している株式会社手嶋屋代表取締役 手嶋守氏より,OpenPNEのWindows Azure対応の狙いや今後の方針についてコメントいただきました。

「OpenPNEはオープンソースのSNSソフトウェアで,現在3万以上のSNSサイトがOpenPNEで動作しており,参加者は300万人以上で,エンターテイメントからビジネスまでさまざまな分野で利用されています。Windows Azureについては,社内SNSの構築のプラットフォームとして着目。その理由として,企業に導入されているWindowsであること,クラウドなのですぐ始められること,データベースが冗長化されていてデータの信頼性があること,プラットフォームはMicrosoft,OpenPNEは手嶋屋がサポートしていること,そして,Active Directoryとのアカウント連携が可能であることを挙げられます。すでにとある新聞社の社内SNSとして今年の2月に導入済みです。また,最新バージョンのOpenPNE 3.8ではシンプルになったユーザインターフェースを操作し,Ajax UIで画面遷移の数を半分に削減しており,スマートフォン対応しています。OpenPNE 3.8のWindows Azure対応も今後予定しています」⁠

3.8でWindows Azure対応がなされる予定のOpenPNE

3.8でWindows Azure対応がなされる予定のOpenPNE

3.8でWindows Azure対応がなされる予定のOpenPNE

コメント

コメントの記入