サクセスストーリーに続く,快適サーバー運用管理のヒント!

第4回 システムトラブルへの対応「失敗しないホスティング業者選びのポイントとは」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

24時間365日サービスを提供する企業にとって,安定した運用は最重要課題といっても過言ではない。しかし,人材,技術力が不足しがちな中小企業が自社で解決するには,そのハードルは高く,険しい。障害対応や迅速な復旧など,様々な課題に対し,安定稼働を続けるためにはホスティング業者のサポートが必要だと痛感したAさん。トラブル対応に失敗しないために,どんな基準でホスティング業者を選んでいくのだろうか?

相談者プロフィール

Aさん:
ある中堅企業のシステム担当者。会社の事業拡大と共に業務をITに依存する割合が増加。しかし,経営層は口ではITの重要性を語っても,その運用・管理のコストはほとんど認めず,むしろ人も予算も減らされる状況にある。そんな理不尽な運用体制を嘆く毎日だったが,友人からの「マネージドホスティング」の紹介で解決のヒントをつかみ,改善に向けた取り組みをはじめたところ。

ホスティング業者のサービスを要チェック「サーバーのダウンタイムの差になる」

Aさん:「この前は,マネージドホスティングを選ぶ際に重要となるポイントとして,サーバーのスペックや構成,ネットワーク,サーバーの設置環境などについて解説してもらったね。小規模な環境からスタートして,運用に合わせてシステムを強化していけるといった拡張性や柔軟性は大きな魅力だけど,それでも,もし,実際にシステムトラブルが発生してしまったら,どう対応してくれるのか心配だなぁ」⁠

Bさん:「そうだね。今や大企業や中小企業といった企業規模と関係なく,24時間365日安定したサーバー運用が求められるからね。だから,深夜や日曜,祝日,年末年始などでも,緊急時に24時間受付してくれる障害専用の有人サポートダイヤルがあるかどうかは大きなポイントだよ。たとえ24時間受付をうたっていても,電話が自動応答になっていて,実際の対応は翌営業時間というのでは対応に大きな差が出てしまうからね」⁠

Aさん:「確かに,もし,利用しているサーバーがダウンした場合,1分,1時間,1日の違いがどれだけビジネス上の損失になるか。それを考えると気が重くなるよ。特に経営陣はそうした数字には凄く敏感になるしね」⁠

Bさん:「業務によっては金銭的な損失だけでなく,企業としての信用にも影響を及ぼしかねない。その意味からも,サーバーのダウンタイムをいかに最小に留めることができるかはとても重要なポイントだよ。マネージドホスティングを利用する大きな理由は,万が一障害が発生した場合に,障害の切り分けや復旧を素早く実現することにある。これが可能になれば,安定したサービスの提供にもつながるからね」⁠

Aさん:「確かにそうだね,他にもポイントはある?」⁠

Bさん:「今の話の続きになるけど,サービスを提供する業者が専門知識や技術を持つスタッフ,エンジニアをどれだけ揃えているか,そのスタッフは利用者の立場に立って対応してくれるのか,そうした技術力,障害対応力も大切さ。また,ダウンタイム率などの情報公開に積極的なホスティング業者を選ぶこともポイントになるかな」⁠

Aさん:「なるほど」⁠

Bさん:「それでもどうしても心配だというなら,利用者にサービスの品質を保証する「SLA(サービスレベルアグリーメント)」を提供しているホスティング業者に頼んで,事前に取り決めた契約内容やマニュアルに従って,サーバーの運用管理,障害対応を行ってもらうといいよ」⁠

Aさん:「そういった選択もあるんだね」⁠

画像

障害を予測して改善提案「未然にリスクを回避するコンサルティング」

Bさん:「サポートは,事後対応はもちろんだけど,システムの運用にかかわるリスクを洗い出し,早めに対策をとることも重要だよ。だから,ホスティング業者のサービスの一つにコンサルティングがあるんだ。コンサルティングでは,設計の段階で想定されるトラフィックや負荷,求められる可用性などの要求仕様に合わせて,サーバー構成など最適な提案をしてくれる。システムは一度動き出したら急に変更ができないから,こうしたアドバイスは貴重だよね」⁠

Aさん:「なるほど」⁠

Bさん:「それに,ハードウェアやアプリケーション,ネットワークなどを監視して,動作状況やピーク時の負荷をチェックしたり,障害対応の経緯,結果のレポートを提出してくれるところもあるよ。もしそこで現状のシステム環境に問題があれば,高性能化やスケールアップのためのアドバイスをしてくれる。そうした改善・提案が,ひいてはダウンタイムの削減につながるし,システムの安定化や将来の拡張にもつながる。だから,このコンサルティング(提案力)は,ホスティング業者の差別化の大きな要素になるんだ。ユーザーの状況や立場をしっかりと理解してくれている業者かどうかは特に重要なポイントだよね」⁠

Aさん:「よくわかったよ。いろいろ情報をくれてありがとう。今年もあとわずかで終わりだけど,また来年もよろしく」⁠

Bさん:「OK。お互い,来年もがんばろう」⁠

専門のスタッフがサーバーの運用管理を代行するマネージド・サーバーにおいても,システムという性質上,障害が起こる可能性はゼロではない。万一の障害発生時に素早い対応ができるか,ユーザーの状況や立場をしっかりと理解して誠実に対応できる体制になっているか,ホスティング業者のサービスや体制をしっかりチェックして,自社に合った業者,サービスを選ばなければならないと心に留めたAさんであった。

画像

今年は難局を乗り切ったが,果たして来年はどうなるか? 笑って過ごせる日が来ることを願いつつ,システム管理者への道を歩むAさん。強力な味方「マネージドホスティング」とともに課題をどう解決していくか,次回も乞うご期待!

(次回は2010年1月5日公開予定です)

協力/シーズホスティングサービス

マネージドホスティング普及に心血を注ぐプロ集団。つねに顧客のニーズに合った最適なプランを提案してくれることで定評あり。利用者の立場を第一に考え,親身になって相談にのってくれるので,ホスティングの新規導入や他社からの乗り換えを考えているのであれば,ぜひ問い合わせてみてはどうだろう。

★今なら初めての専用サーバー導入ガイドブックを無料プレゼント中★

コメント

コメントの記入