クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第24回 『ビックリドッグ(その2)』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

さあ,お待たせしました。紙だけで作る簡単なびっくり箱です。

今回は,前回作ったワンちゃんのみを飛び出させていますが,なにが飛び出しても構いません。

入学・入社祝いにカードを添えてあの人へ,飛び出すカードもいいけど,飛び出しものの元祖,びっくり箱からメッセージが飛び出す,というのはいかがでしょうか。

画像
PDF作例のダウンロード

作例は,A4サイズでプリントするように作ってあります。

PDF利用時のご注意
本サンプルデータは著作物であり,著作権は著作権者 杠聡にあります。営利目的・個人使用に関わらず,データの再配布や転載を禁じます。
本サンプルデータを使用した結果生じたいかなる直接的・間接的損害も,技術評論社,著者は,一切その責任を負いません。
以上の注意事項をご承諾いただいた上で,本サンプルデータをご利用願います。

パーツを作成しましょう

まずは,ワンちゃんが飛び出す箱を作らなくてはいけません。

ちょっと変化球で,ドッグフードの缶詰から飛び出すことにします。

  1. 長方形をひとつ描き,右端の一辺のみをコピー,前面へペーストします。

    画像

  2. コピーした線を選んだ状態で,[フィルタ][パスの変形][ジグザグ]を選択します。

    画像

  3. [ジグザク]ダイアログを開いて,プレビューしながら,適当な数値を入れていきます。

    画像

  4. 端のポイントを削除して,辺の長さとジグザグの長さを合わせます。

    画像

    この長方形に,前回描いたワンちゃんを配置してデザインします。

  5. 長方形を複製して,高さを縮め,上の辺を同様にジグザグにします。これがフタと底のフチになります。

    フタになる同心円も描いておきましょう。

    画像

  6. ワンちゃんのパーツは顔,ボディ,しっぽをセンターが接するように反転コピーします。

    脚と手は適当な間隔をあけて反転コピーしてパーツ化します。

    画像

  7. カラーを指定して,パーツの色を決めます。

    底のフチになるパーツはコピーします。

    画像

    これで,びっくり箱各パーツが揃いました。

今回はこの他に牛乳パックを使います。きれいに洗って乾かしておいてくださいね。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入