クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第31回 『しかけ絵本 その1』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

12月です(本当は11月中に更新していなくてはいけなかったのですが)。

師走です。

クリスマスです。

もうすぐお正月。

プレゼントやお年玉にかわり種の絵本を添えてみるというのはいかがでしょうか。

開き方で絵が変わる,ちょっと面白い仕掛けの絵本を作りましょう。

画像

仕掛け絵本ですので,本来は絵本のダミーを作って,それにあわせての内容作りから初めて,絵作りへと進むべきなのですが,それだと「あれ?一回抜けたのか?」と思われるかもしれません。

いつものように絵作りから初めていきます。実際には内容が決まっていますので,スキャンして読み込んだ下書きはページごとのコマ割りになっています。

右上の表紙になる絵を素材に進めていきます。

画像

人物を描いていきましょう

  1. ペンツール,楕円ツール,直線ツールなどを使って下書きをトレースしていきます。

    アウトラインを生かしたタッチでいきます。マンガの描き方のように,墨線のアウトラインをさきに描くことにしました。

    画像

    Illustratorではこの段階でオブジェクトに色を指定していくのが通常のやり方です。

    アウトラインと塗りのオブジェクトを別にしておくと,それぞれに違う効果を与えることができます。

  2. 描画したラインは,後から線幅や色,先端の形状,角の形状(アピアランス)を変更することができます。

    線端には,パット線端,丸形線端,突出線端の3種類があります。

    作例ではデフォルトのパット先端を丸形先端に変更しました。

    画像

  3. 角の形状(結合部)も変更できます。

    1. マイター結合

      画像

    2. ラウンド結合

      画像

    3. ベベル結合

      画像

    マイター結合は結合部の尖った線端の長さと線幅の比率でマイターからベベルに切り替る数値を設定できます。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入