クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第34回 『ペタクタ その2 デザイン編』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ダミーはうまくできましたか?

ペタクタペタクタいじくっていたら,猫がよってきてニャアニャアとじゃれつきました。

ペタクタニャアニャアペタクタニャアニャアそうだ,猫が娘に化ける変わり絵にしたらどうだろう。

着物の模様は…猫と魚。帯は,花がほしいから季節柄,梅,でいこう。

アイデアってこんなところから生まれてくるのです。

画像

イラストを仕上げましょう

ペタクタのサイズに合わせて下絵を起こします。

猫側の一番上には棒を貼り付けたいのでしっぽがあるだけの絵柄にしました。

画像

下絵にあわせて,ペンツールでトレースします。

ボディや顔など,パーツごとにレイヤー分けしながら描いていきましょう。

画像

文様の色づけをしていきましょう

  1. 今回は着物の柄をコピーフリーの図案集から使うことにしました。

    データ化されたものも売り出されていますが,手元にあるのは印刷されたものです。

    参考:『江戸イラスト事典』河出書房新社

    画像 画像 画像

  2. これをスキャンし,IllustratorCSのライブトレースを使ってベジェデータに変換していきます。

    ライブトレースはストリームラインという別アプリケーションで提供されていた自動トレース機能です。

  3. [ファイル]→[配置]でスキャンデータ(72dpi)を読み込みます。

    新規書類でデータを開いてしまっても構いません。

    画像

  4. オブジェクト→ライブトレースまたはコントロールバーのライブトレースプルダウンメニューからトレースオプションを選んで,ダイアログを開きます。

    画像

  5. プレビューをチェックし,しきい値や再サンプルなどのパラメーターをいじって,トレース精度を決めてください。

    メニューにリストアップされた「単純トレース」,「詳細なイラストレーション」などトレース対象にあわせた項目から選ぶこともできます。

    画像 画像

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入