クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第55回 『鬼のお面を作ろう その2』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

わあ,節分が近づいてきてしまいました!光陰矢のごとし…って,私の作業が遅いせいです。すいません。

鬼の図案はできましたか?さあ,早速,鬼のお面を作っていきますよ。

レッツ・クラフト!

画像
PDF作例のダウンロード

作例は,A4サイズでプリントするように作ってあります。

PDF利用時のご注意
本サンプルデータは著作物であり,著作権は著作権者 杠聡にあります。営利目的・個人使用に関わらず,データの再配布や転載を禁じます。
本サンプルデータを使用した結果生じたいかなる直接的・間接的損害も,技術評論社,著者は,一切その責任を負いません。
以上の注意事項をご承諾いただいた上で,本サンプルデータをご利用願います。

鬼のお面のパーツを描いてみましょう

鬼のお面をレリーフで作っていきます。

私の描いた図案のデータをアップしてありますので,これで一度作ってみてください。オリジナルのお面を作るためのテクニックを覚えることが出来るはずです。

画像
  1. 元の絵を見ながらどの部分をパーツ化するのかアイデアを練りましょう。ざっとしたスケッチをとっておくと後の作業で混乱しなくて済みます。

    画像

  2. Illustrator上で元の絵をコピーして,それをガイドに変更します。

    画像 画像

  3. ガイドの上に,元の絵から必要なパーツをコピペし,追加修正しながらパーツを描いていきましょう。レリーフ(半立体)にするために各パーツに丸みや折り目をつけていきますから,元の絵よりも若干大きめに描いておきます。

    画像 画像

  4. こんな感じでパーツ分けしました。

    画像

お面を組み立ててみましょう

  1. 厚めの紙にプリントアウトします。今回は国産間伐材を使用した用紙が手に入りましたので,それを使用しています。

    画像

  2. 使用する道具です。

    画像

    筒型のものは革製品を加工するための道具。先端を押しつけることで様々なサイズの丸を切り出すことが出来ます。

    ペン形のデザインカッターナイフとピンセットはペーパークラフトの必需品です。この機会に是非買いそろえてください。

    画像 画像

    パーツを切り出すのにはカッターナイフだけで事は済むのですが,やはり良く切れるハサミも準備しておきましょうね。

  3. 輪郭はハサミで,目と口の切り抜きはカッターを使いました。

    画像

  4. 髪の毛のパーツと角です。髪のボリュームを出すために4パーツに分けています。

    画像

  5. 細かいパーツは無くなりがちですので,切り抜くそばからケースやお皿などに入れるようにしましょう。

    画像

  6. パーツの接着には木工用ボンド(手芸用ボンドでもOK)を使います。切れ端を受け皿と小手がわりにしています。小手の先にちょっとつけてパーツの切り口にチョンチョンとつけながら接着します。のりしろがなくてもしっかりと接着できますからご安心を。

    画像

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入