読むウェブ ~本とインタラクション

第11回 UGC(User-Generated Content)と書物(2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

前回はUGC(User-Generated Content:一般ユーザーによって生成されるコンテンツ)と仮想空間サービス「Second Life」について取り上げた。今回はまったく新しい本のカタチについて書いてみたい。

本と映像の融合

書籍や雑誌がデジタル化されると紙媒体では不可能だった機能が実現する。本連載の第9回で紹介した「雑誌の検索読み」などは代表的な機能だといえる。記事の該当箇所を引用してみよう。

Zinio社のサイトにアクセスして右上のSEARCH欄に「Adobe CS3」と入力してみてほしい。Adobe CS3に関する情報が,どの雑誌の何ページに掲載されているか一覧される。そして,実際に掲載ページを見ることができるのだ(対象ページは画像で表示される)。注目すべき点はこの「検索」機能である。ネットのコンテンツとしてはもはや当たり前の機能で,サービスとしての新規性はないが「紙媒体の雑誌+キーワード検索機能」として見れば,大きな進歩である。検索しながら読む行為,いわゆる「検索読み」が可能になる。これは紙媒体の雑誌を丸ごとデジタルした場合のメリットといえる。

本の「検索読み」,そして(さまざまなシステムを横断して一括検索する)本の「横断検索」などが可能になりそうだが,はやくも次のステップとして「映像とのマッチング」が注目されている。これは,新しいデジタル本のカタチを形成する可能性がある。

現在のオンラインマガジンには,動画(ビデオやアニメーション)も取り込まれており,紙媒体では表現できない定番の手法となっている。ただし,コンテンツとして作り込まれている点では,インターネットが商用化される前からCD-ROMマガジン等で採用されていたものと大きな違いはない。「映像とのマッチング」というのは,本の中の「文章」と映像の中の「シーン」が有機的に結びつくイメージにちかい。

概念的な話だけでは進まないので,現在おこなわれている「シーンの引用」を例にしていこう。動画共有サービスmotionbox「Deep Tagging」が初歩としてわかりやすい。このサービスの売りは投稿したビデオのシーンに対してタグ付けができることだ。つまり,ビデオから言及したいシーンだけを引用できるのである(たとえば,30分のビデオの「問題シーン」10秒だけを簡単にブログなどに貼り付けることができる)。

Deep Taggingの実践

それでは具体的なイメージを得るため,実際に「Deep Tagging」を実践してみよう。

まず,ビデオファイルをアップロードする。motionboxのアップローダーはFlashによるインターフェイス。デザインも洗練されており,使いやすい。ここでは,ビデオ全体に対してのタグ付けしかできない。

アップローダーでビデオをアップロードする

アップローダーでビデオをアップロードする

アップロードされたビデオの下部にはタイムラインが表示されている。カーソルでフレームをスクロールさせながらシーンを流し見することができる。たとえば,「東京湾を一望する」シーンに対して「Tokyo Bay」というタグを付けたい場合,タイムラインをドラッグしてシーンを選択,表示されるポップアップメニューから[Tag clip]を選ぶ。入力欄にタグを入れて[OK]をクリックするという手順だ。

ビデオの「東京湾を一望するシーン」「Tokyo Bay」というタグをつける

ビデオの「東京湾を一望するシーン」に「Tokyo Bay」というタグをつける

参考:東京湾を一望する」シーンのURL(クリックするとビデオの参照シーン16秒だけが再生される)

このビデオをブログに貼り付けてみる。再生画面の下にある[jump to tagged clip]メニューから「tokyo bay」を選ぶと東京湾を一望するシーンから再生が始まる。DVDのチャプターのような機能として捉えてほしい。

ブログに貼り付けたビデオは,チャプターのようにシーンを自由に選択できる

ブログに貼りつけたビデオは,チャプターのようにシーンを自由に選択できる

著者プロフィール

境祐司(さかいゆうじ)

インストラクショナル・デザイナー[Instructional Designer]として学校,企業の講座プラン,教育マネジメント,講演,書籍執筆などの活動をおこなう。2000年より情報デザイン関連のオンライン学習実証実験を始める。現在,教育デザイナー育成を目的としたフォーラムを立ち上げるため準備中。著書に「速習Webデザイン Flash CS4」(技術評論社),「Webデザイン&スタイルシート逆引き実践ガイドブック」(ソシム)などがある。

URLhttp://admn.air-nifty.com/monkeyish_studio/

著書

コメント

コメントの記入