読むウェブ ~本とインタラクション

第13回 電子書籍の種類とEPUBフォーマット

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

電子書籍に関する2回目の記事です。今回は,電子書籍フォーマットのオープンな標準規格として注目されている「EPUBフォーマット」を取り上げてみたいと思います。

筆者は,3月頃からEPUBフォーマットを採用した電子ブックのオーサリングを始めていますが,なかなか一筋縄ではいきませんね。現在も試行錯誤が続いています。

現在普及している電子書籍フォーマット

5月10日から,国内でもiPadの予約がスタートし,ジワジワと盛り上がってきました。iPadをKindleのように読書専用端末として活用したいという人も多く,電子書籍を読むためのリーダーアプリ「iBooks」にも注目が集まっています。iBooksは,EPUBフォーマットを採用しているため,小説など文字主体の書籍が大半です。残念ながら,電子書籍プラットフォームの「iBookstore」は,今のところ米国だけのサービスなので,日本では利用できません。ただし,DRMフリーでもiTunes経由で転送できますので,個人が作成した電子書籍が流通し始めるかもしれませんね。

図1 EPUBフォーマットの電子書籍を読むためのリーダーアプリ,「iBooks」のページ

図1 EPUBフォーマットの電子書籍を読むためのリーダーアプリ,「iBooks」のページ

EPUBフォーマットについては具体的に説明する前に,電子書籍フォーマットの種類について大まかに把握しておきましょう。図を見てください(前回掲載した図です)。EPUB以外は,すべて独自フォーマットです。

図2 電子書籍フォーマットは統一されておらず,オープンな仕様から独自の仕様までさまざまである

図2 電子書籍フォーマットは統一されておらず,オープンな仕様から独自の仕様までさまざまである

電子出版で先行しているAmazonは,独自フォーマットのAZWとTopazを採用していますが,Kindleでしか読めないわけではありません。iPhone/iPod touch,iPad,パソコン(Windows,Mac OS X),スマートフォンのBlackberryなどに,専用のリーダーアプリケーションを提供しています。競合するSony ReaderやBarnes & Noble Nookでは読めませんが,読書専用端末以外のデバイスに対しては,Kindleと同期可能な読書環境を提供しています。

米国のO'Reilly Mediaでは,Kindle向けに,Mobipocketフォーマットの電子書籍を提供しています。USB経由で転送しなければいけませんが,読書専用端末(Kindle)で読みたいと思っている読者のニーズに応えています。ちなみに,MobipocketはAZWのベースになったフォーマットです。

図3 O'Reilly DRM-Free Ebooks(オライリーメディアで売られているEPUBの電子書籍はDRMフリー)

図3 O'Reilly DRM-Free Ebooks<wbr/>(オライリーメディアで売られているEPUBの電子書籍はDRMフリー)<wbr/>

電子書籍の種類

電子書籍の定義は,とても曖昧です。「紙の本をスキャンしてPDFに変換したファイル」も電子書籍,「アプリケーションとして開発されたインタラクティブなブックコンテンツ」も電子書籍と言われています。

電子書籍フォーマットを大型書店のフロア案内図にあてはめてみると,イメージしやすくなるかもしれません(フォーマットを表示している円の大きさは,著者の主観にもとづいています)。

図4 電子書籍の種類とフォーマット

図4 電子書籍の種類とフォーマット

本の種類と電子書籍フォーマットの関係は,表現方法によって変わってきます。たとえば,コミックの場合,静的なコンテンツ(紙の再現)として提供したい場合はPDFでよいかもしれませんが,動的なコンテンツ(コマ単位のオートスクロール等)ならアプリ化しなくてはいけません。対象とするデバイスによっても,電子書籍の作り方が異なりますので,ワークフローにも影響してきます。

EPUBフォーマットは,電子書籍の標準規格として知られていますが,書店にあるすべての本に適しているわけではありません。今のところ,教科書や美術書,写真集などをEPUBフォーマットでリリースするパブリッシャーはないと思います。

著者プロフィール

境祐司(さかいゆうじ)

インストラクショナル・デザイナー[Instructional Designer]として学校,企業の講座プラン,教育マネジメント,講演,書籍執筆などの活動をおこなう。2000年より情報デザイン関連のオンライン学習実証実験を始める。現在,教育デザイナー育成を目的としたフォーラムを立ち上げるため準備中。著書に「速習Webデザイン Flash CS4」(技術評論社),「Webデザイン&スタイルシート逆引き実践ガイドブック」(ソシム)などがある。

URLhttp://admn.air-nifty.com/monkeyish_studio/

著書

コメント

コメントの記入