Flashのアクセシビリティについて考える

第1回 Flashのアクセシビリティに取り組む

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

Webアクセシビリティに重きを置いているコンテスト※1で,審査員をするとHTMLへのアクセシビリティが十分できているのにFlashコンテンツだけがそうなっていないのはもったいない,と思うことがありました。

そこで今回の連載を通じてアクセシビリティFlashの情報をまとめたいと思いました。制作者の皆さんには興味を持っていただき,アクセシビリティFlashのきっかけに繋がれば幸いです。

ひいてはWeb業界におけるFlashコンテンツのアクセシビリティ化にこの連載が役立つことを願います。

※1
アックゼロヨン・アワードだれもが使えるウェブコンクールで審査員を担当。

Flashアクセシビリティのポイントと連載テーマ

AdobeはFlashアクセシビリティのポイントを,Macromedia時代の8つのポイントをベースに次のようにまとめています。英語だったので,筆者の意訳で日本語にしました。

  • 1.テキスト情報を付加―Assign text equivalents
  • 2.アニメーションは制御可能に―Animation
  • 3.コンポーネントはアクセシビリティをオンに―Use accessible components
  • 4.読み上げ順序は正しく―Enable control over reading order
  • 5.キーボードだけで操作可能に―Facilitate keyboard access to all controls
  • 6.字幕をつけよう―Provide captions
  • 7.映像の制御手段を提供―Provide accessible video controls
  • 8.サウンドの制御手段を提供―Enable control over audio playback
  • 9.構造を明確に―Expose structure
  • 10.操作の状況を明示的に―Expose state of controls
  • 11.色情報だけに頼らないデザイン―Use color wisely
  • 12.ガイドラインだけでなく実地テストを―Validate for accessibility

ところで,アクセシビリティというと視覚障害者向け技術にばかり注目されがちですが,障害の種類は視覚だけではありません。実際には,聴覚障害や,色が区別しにくいユーザ,マウスはもとより,キーボードもキーの組み合せによるショートカットができないユーザ,動きに対して敏感すぎるユーザなど,さまざまです。

そこで,スクリーンリーダー※2向け技術だけでない実装も紹介したいと思い,次のようなテーマを予定しています。

※2
スクリーンリーダーとは,画面上のテキスト情報を音声に変換し読み上げるソフトウェアの総称です。
  • キーボードでの操作
  • 音声によるガイド
  • 無音の状況
  • 字幕のある映像
  • 色に注意したデザイン
  • 自動再生アニメーション
  • 高齢者対策

検証にスクリーンリーダーを必要とするのは「音声によるガイド」くらいで,他のテーマでは追加ソフトは不要ですから,実際に確認しながら進めることができます。

アクセシビリティが示す意味

この連載はFlashのアクセシビリティという限定した分野に特化します。しかし,基本はWebアクセシビリティやバリアフリーと同じ考えです。

先日,見たTV番組※3では,スクリーンリーダー技術によってはじめてWebを体験した視覚障害者が「みんながWebに夢中になる理由がやっとわかった」とその喜びを声にしていました。

ネットサーフィンという言葉があるように,ネットを見るのは楽しい体験です。

私をはじめ,多くの人が,その喜びを自分だけのものにしないでより多くの人に伝えたいと思うでしょう。健常者・障害者の区別もなく,コンテンツを楽しみたい人みんなに届けば良いと思います。

そうはいっても,障害者には自分だけではどうしても超えられない現実の壁があります。これは非常に不便です。そこで,コンテンツを楽しんで貰うためにアクセシビリティの技術力を使用するというわけです。

※3
NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀 第133回 あきらめなければ,道はひらける 研究者:浅川智恵子』

著者プロフィール

NORI(伊藤のりゆき)

Twitter:@nori_togoru

有限会社トゴル・カンパニー代表。Flashアクセシビリティをきっかにアクセシビリティ全般に興味を持つ。UIデベロッパとして企業用WebアプリケーションのUIデザインを行う。写真集「Snap or Nothing写真集」(iTunes AppStoreにて)をリリースするなど写真家としても活動している。

コメント

コメントの記入