Flashのアクセシビリティについて考える

第6回 オープンソースアクセシビリティチェックツール「ACTF aDesigner」の紹介

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Flashのアクセシビリティチェックも可能なアクセシビリティチェックツールとして,オープンソースで提供されている「ACTF aDesigner」⁠エーデザイナー)を紹介します。

aDesignerのインストールから基本的な使用方法を紹介した後,Flash用のチェック項目をどのようにこのツールで確認するのか紹介します。準備としてサンプルファイルをダウンロードしてください。

インストール

EclipseのaDesiner配布サイトからダウンロードしたZIPファイルを解凍するだけで使用できます。

 ダウンロードサイトから最新版をダウンロード

図 ダウンロードサイトから最新版をダウンロード

図 ダウンロードサイトから最新版をダウンロード

 解凍してできたファイル

図 解凍してできたファイル

使用方法

aDesigner.exeを起動します。

このツールでは「HTML」⁠OpenDcument」⁠GUI」⁠Flash」という4つがチェック可能です。アプリケーションを起動すると4つのチェック対象ごとにモードが分かれておりどれを使用するのか尋ねられます。

このモードの違いは表示するレポート情報の組み合わせが異なるだけですので,FlashアクセシビリティモードとHTMLアクセシビリティモードを行き来してテストするなど可能です。

今回はWebに埋め込まれたFlashをチェックするために「Flashアクセシビリティ」を選択します。

Flashアクセシビリティモードでは,Adobeが提唱しているFlashアクセシビリティで気をつけるべき項目すべてを確認できるようになっています(ただし色に関してはHTMLアクセシビリティモードを利用します)⁠

 モード選択画面

図 モード選択画面

モードを選択するとワークスペースになります。この中には,小さなウィンドウがたくさんあり,それらをビューと呼んでいます。ビューは,独立させたり別のビューとドッキングしたり自由にレイアウトできます。

 Flashアクセシビリティモード選択後の画面

図 Flashアクセシビリティモード選択後の画面

Flashを開く

サンプルのcheck_noaccessibility.htmlとcheck_accessibility.htmlを開いてみましょう。ここに使用されているSWFはAS3,FlashPlayer9用です(ソースのflaファイルはCS4用です)⁠

このムービーには,アクセシビリティ設定を施したオブジェクトが並べてあります。

その内容は「名無しムービークリップ」⁠名無しボタン」⁠名ありムービークリップ(イトウ ムービークリップ)⁠名ありボタン(ノリ ボタン)⁠名ありUIコンポーネント(名前の最初にUIと付けた)⁠です。

  1. aDesignerを起動したら,モード選択ダイアログでFlashアクセシビリティモードにします。モード選択ダイアログが出てこないときは[ファイル]→[モード選択]で同じダイアログを開くことができます。

     [ファイル]→[モード選択]でモード選択ダイアログを出す

    図 [ファイル]→[モード選択]でモード選択ダイアログを出す

  2. 解析を開始するためにデスクトップにある対象のHTMLファイルをビューにドラッグします。

     対象のファイルをドラッグ

    図 対象のファイルをドラッグ

  3. Flashをチェックするために注目するビューは「GUIレポート」⁠GUIアウトライン」⁠GUIサマリー」⁠GUIイベント」⁠GUIプロパティ」です(残念ながら「Flashアウトライン」は正しく動作しないようです(筆者調べ)⁠結果的にGUIアクセシビリティモードでも必要な情報は見れます)⁠

著者プロフィール

NORI(伊藤のりゆき)

Twitter:@nori_togoru

有限会社トゴル・カンパニー代表。Flashアクセシビリティをきっかにアクセシビリティ全般に興味を持つ。UIデベロッパとして企業用WebアプリケーションのUIデザインを行う。写真集「Snap or Nothing写真集」(iTunes AppStoreにて)をリリースするなど写真家としても活動している。

コメント

コメントの記入