ビギナーのためのFlash CS4 Professional オブジェクトベースアニメーション

第1回 新しくなったモーショントゥイーンの可能性を探る!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

6月5日にAdobe Flash CS4 Professionalのビギナー向け解説本速習Webデザイン Flash CS4が発売されました。この連載は,書籍の発売記念企画としてお届けします。

書籍の内容と同じテーマを掲載しても面白くありませんので,CS4で大幅に変更されたモーショントゥイーンと関連機能に絞って,詳しく取り上げていきたいと思います。第1回は,Flash CS4の新機能について大まかに解説し,どのようなメリットがあるのか考えていきたいと思います※1)。

※1
Flashの基本操作に関しては書籍で詳しく扱っていますので,本連載では割愛しています。

新しいモーショントゥイーンの習得は避けて通れない

まず最初にFlash CS4の新機能について確認しておきましょう。以下に主な新機能を列挙しました。

  • オブジェクトベースのアニメーション編集
  • モーションエディタによる詳細なアニメーション設定
  • ボーンツールによるインバースキネマティックの表現
  • 3D回転および3D変換ツールによる立体的な表現
  • 30種類のモーションを適用できるモーションプリセット
  • パターン描画ツール,スプレーブラシツール
  • Adobe AIRのオーサリング
  • H.264のサポート(Adobe Media Encoder)
  • メタデータ(XMP)のサポート

アニメーション関連の機能がかなり強化されていますね。最も注目されているのは,オブジェクトベースの新しいモーショントゥイーンです。CS3までのモーショントゥイーンは,「クラシックトゥイーン」という名称に変更されました。廃止されたわけではありませんが,アニメーション関連の新機能には未対応です。もはやトゥイーンアニメーションを作成するときのオプションの一つでしかありません。もちろん,古いモーショントゥイーン(クラシックトゥイーン)を使い続けることも可能ですが,モーションエディタやモーションプリセット,3D,ボーンなどの強力かつ魅力的な新機能を活かすことができません。

また,他の人とデータをやり取りするときに予期せぬ問題が発生するかもしれません。一からFlash CS4を習得する新しいユーザーは,新モーショントゥイーンをデフォルトの機能として使うことになるでしょう。複数のデザイナーが集まって協業していく場合,新しいモーショントゥイーンとクラシックトゥイーンが混在してしまうと,修正のときに混乱する可能性がありますよね。これからは,オブジェクトベースのモーショントゥイーンがデフォルト,必要に応じてクラシックトゥイーンという使い分けが標準的なワークフローになっていくはずです。タイムラインベースで作業をしてきた人たちにとっては,大変悩ましい問題ですが,新しいモーショントゥイーンの習得を避けて通ることはできません。

モーショントゥイーンとクラシックトゥイーンの違い

CS3までの古いモーショントゥイーンは,キーフレームごとに新しいインスタンスを持たなければなりませんでした。たとえば,右から左へオブジェクトを移動させるには,最低2つのキーフレーム(始点と終点)が必要です。ジグザグに移動させたい場合は,さらに複数のキーフレームが必要になります。新しいモーショントゥイーンは,1つのインスタンスに対して1つのキーフレームと複数のプロパティキーフレームで指定していきます。ステージ上のあきらかな違いは,モーションパスです。ペンツールで描いた曲線をコントロールするようにアニメーションを編集していきますので,CS3以前のFlashにはなかったまったく新しい操作概念だと言ってよいでしょう。

ビデオで比較してみましょう(※音声はありません)。

ビデオ1 CS3までのモーショントゥイーン(クラシックトゥイーン)を利用した,右から左へオブジェクトを移動させるアニメーションの作成手順

ビデオ2 CS4の新しいモーショントゥイーンを利用した,右から左へオブジェクトを移動させるアニメーションの作成手順

著者プロフィール

境祐司(さかいゆうじ)

インストラクショナル・デザイナー[Instructional Designer]として学校,企業の講座プラン,教育マネジメント,講演,書籍執筆などの活動をおこなう。2000年より情報デザイン関連のオンライン学習実証実験を始める。現在,教育デザイナー育成を目的としたフォーラムを立ち上げるため準備中。著書に「速習Webデザイン Flash CS4」(技術評論社),「Webデザイン&スタイルシート逆引き実践ガイドブック」(ソシム)などがある。

URLhttp://admn.air-nifty.com/monkeyish_studio/

著書

コメント

コメントの記入