価値を生むために知っておくべき,フルフラッシュサイト制作のあらすじ

第2回 企画・アイデア出し ─企画を生む発想力の源について─

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Webサイト制作の出発点

今回の連載以降は著者の定義する具体的なフルフラッシュサイト制作のワークフローにのっとった形で,企画,デザイン,オーサリングなどについて詳しく述べていきたいと思います。今回は,すべてのWebサイト制作の出発点となる,企画というフェーズについて考えてみましょう。

ここでいう企画とは,目的を持って立案されたWebサイトを具体的に制作するため,どのようなコンテンツが最適かを考えていく作業です。Webサイトにはさまざまな種類があるという点は前回の講義でご説明しました。そのなかでも主にブランディングサイトやプロモーションサイトなど,フルフラッシュサイトの真価がより発揮しやすいWebサイトは,コンテンツそのものの魅力でユーザーを引き付けていく傾向が強いと言えます。では,魅力あるコンテンツはいかにして企画していくものなのでしょうか。

以下ではクライアントによるオリエンテーションから企画が完成していくまでの一般的な流れを追いつつ,そのなかで押さえておくべきポイントや考え方について言及していきたいと思います。

クライアントの声をどこまで拾えるか

コンテンツ企画の流れとしては,まずクライアントからプロジェクトに関するオリエンテーションを受けるのが一般的です。オリエンテーションにはWebサイトの制作において指針となるような重要な情報が詰まっています。どういったコンテンツが最適かを探るため,オリエンテーションの場ではクライアントへのヒアリングにも充分な時間を費やす必要があるでしょう。クライアント側から特定のトーン&マナーで制作して欲しいといった要望を耳にする場合も,制作者側からWebサイトの世界観を提案してみるケースもあります。

いずれにせよ,オリエンテーションの段階ではクライアントの声に注意深く耳を澄ますことが大切になります。クライアントの要望をどこまで拾えるか,そしてそれがユーザーにとってどれほど大事なものかを考えられるかが,最良の企画を生み出す足がかりになります。少なくとも訴求すべき商品やサービスがターゲットとしている年齢層,性別,職種,あるいはクライアントがWebサイトに求めている目的など,基本的な方針は間違いなく押さえておく必要があります。それらの情報が,ブランディングサイトやプロモーションサイトといったWebサイトの区分けをしていく作業にも反映していきます。

もちろん,これ以外にも商材を一言で表現するキーワードとか,「人やモノなど,何にスポットを当てたWebサイトにしたいか」といった情報も,可能なかぎり拾い集めたいところです。たとえそれが"かっこいい"とか"クール"といった抽象的な言葉であっても,です。特にフルフラッシュサイトという世界感を訴えていくような手法では,ちょっとした言葉やイメージのなかに,のちのちのコンテンツ企画を考えるうえで重要なヒントが隠されている場合があるためです。

企画を具体化していくために

オリエンテーションに続くブレインストーミング(以下,ブレスト)は,いわばざっくばらんにアイデアを披露し合う場と言えるでしょう。「こんなWebサイトにするのはどうですか?」といった大まかなアイデアを企画のたたき台にしていく作業です。著者としては,ブレストの遡上にあがったアイデアについては,その一つひとつを細かく具体的に検証したり,否定したりしないほうが良いのではと考えています。互いのアイデアを積み重ねた末にイメージが共有されていき,やがては企画が具体化していくという流れが理想的ではないでしょうか。

ただ,必ずしも明確な言葉や数値で結論が出るわけでもないというブレストの性質上,いきおい「あれもこれも」と,提案が無限ループのように続いてしまう可能性はあります。そして,時間の経過とともにテーブルを囲む面々のモチベーションも下降気味に…,ということにはならないよう心掛けておくことは大切かと思います。ある程度は時間を区切り,限られた時間のなかでブレストに臨む姿勢も,かえって新鮮なアイデアを生み出す活力に繋がるのではないかと思います。

著者プロフィール

齋藤順一(さいとうじゅんいち)

ARCHETYP代表。キノトロープ,ベースメントファクトリープロダクションを経て2007年5月株式会社アーキタイプを設立。

URLhttp://www.archetyp.jp/

コメント

コメントの記入