gihyo.jpキーパーソンインタビュー~気になる“あの”人に逢ってきた!

#01 Twitter共同創業者Biz Stone氏に訊く―Twitterの過去・現在・未来

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

What are you doing?(今何してる?)――最近,ネット上でよく見かける問いかけの1つです。これは,2006年にスタートしたマイクロブログと呼ばれるWebサービスTwitterのコメント入力欄に表示されている文章です。サービス開始後に,まず一部のネットユーザ間で盛り上がりを見せ,昨年アメリカ大統領選において,オバマ候補(現アメリカ合衆国大統領)が活用するといったことから,爆発的にユーザ数が増えました。

今回,gihyo.jpでは,Twitter共同創業者であるBiz Stone氏への単独インタビューを実現することができました。これまでのTwitterの振り返りとともに,今,Twitterでは何を目指しているのか,今後どういったところへ向かっていくのか,Biz氏本人からのコメントをいただきました。

インタビューは,サンフランシスコSoMa(サウス・オブ・マーケット)地区にある閑静なオフィスの中,Twitterのサービスと同じく,カジュアルに,そして楽しい雰囲気でインタビューが進みました。

(2009年6月4日実施)

Biz Stone氏

Biz Stone氏

参加者:
Biz Stone(Biz)
Co-founder, Twitter Inc.
http://twitter.com/biz
Yukari Matsuzawa(YM,松澤 由香里)
Japan Country Manager, Twitter Inc.
http://twitter.com/yukarim
Tomihisa Fuon(TF,馮 富久)
Chief Manager, Cross-Media Division, Gijutsu Hyoron, Co. Ltd
http://twitter.com/gihyojp
http://twitter.com/tomihisa
通訳・インタビューアレンジ:
Brandon K. Hill(BH)
CEO, btrax, Inc.
http://twitter.com/btraxinc

カジュアルな雰囲気の中,インタビュー開始

Biz:(取材者側のノートPCに張られている数々のステッカーを見て)Twitterのステッカーも貼ってもらいたいな。ある?

YM:現在日本から取り寄せているところです。

Biz:もうここのオフィスにはない?

YM:はい。ないですね。

Biz:やっぱり良い物は日本から取り寄せないとね(笑)。

BH:ではインタビューを始めましょうか。

Biz:OK

Twitterが大ブレイクした2009年

TF:個人的にTwitterを使っているのですが,今年の初めから春ごろにかけて急にユーザが増え,Twitter上での動きが活発になっているように見受けられます。これには何か理由はあるのでしょうか?また,体感的に多くの人が頻繁に使い始めたようですが,事実でしょうか?

Biz:はい,その通りです。Twitterはここ最近でかなり急速に成長しています。ただ,それは,1つだけの要因ではありません。むしろ,複数のさまざまな要因が絡み合って,この爆発的な成長につながっていると言えるでしょう。

そういった要素の1つとして,たとえばニュースで取り上げられたという出来事がありました。具体的には,2009年1月にニューヨークで飛行機がハドソン川に不時着した際に,救助ボートの乗組員の1人が偶然Twitterユーザで,写真を撮り,Twitter経由でアップしBreaking News をしたことがありました。それを見た人々の間でTwitterが話題になったのです。

その他の例として,最近では,多くの有名人や政治家がTwitterを使っていて,それをさらにマスコミが取り上げ,Twitterの認知度が高まっているといった現象が見られます。

また,そういったマスコミ,ジャーナリストの人々もTwitterを使い始め,新たなコミニュケーションメディアとしてのTwitterの可能性を書き始めているようです。このように,Twitterの成長には複数の要因が関わっていると思います。

したがって,(多くの人が使い始めたという事実に関して)答えはイエス。Twitterはここ最近で急成長をしています。

また,最近のサーチ機能の追加も,この成長に一役買っているように思います。Twitterを初めて使うユーザは,自分のアカウントを作る前に,まず,自分の興味のあること,会社情報や商品のリサーチ目的でTwitterを使います。それとともに,個人アカウントを取得しようと,興味が湧いているのです。

TF:近日の成長に対しての具体的な数字はありますか?

Biz:かなり急な成長だから……。簡単には思い出せないですね。まあ,1つの例としては,これは必ずしも成長に関してのデータではないんだけど,あまり知られてない事実として,50%のTwitterユーザが10人をフォローし,10人からフォローされているというデータがあります(そのぐらいつながり,すなわちユーザ数が増えているということ)。

その他の例としては,これは少し古いのですが,2008年1月から2009年1月の1年間での成長率はおおよそ900%でした。最近はそれよりも急激に成長しているはずです。

YM:その他の詳しい統計に関しては,正確かどうかは不明ですが,日本のニールセン社からも発表されているはずです。

欧米とアジアのTwitterユーザの比較

TF:欧米とアジア地域でのユーザにおける,Twitterの利用方法に違いはありますか?ユーザのタイプや利用目的に違いはあるのでしょうか?

Biz:おもしろいポイントですね。多くの違いがあり,同時に多くの共通点があります。むしろ違いより,共通点のほうが多いでしょう。世界中のユーザがこの新しいコミニュケーションのかたちを試し始めています。1つ確実に言えることは,私たちが当初考えていた「今何をしていますか(What are you doing?)」的な利用方法に対して彼らは皆,Twitterを使ったコミニュケーションをし,リンクの交換も行っています。想定していなかったユーザ独自の利用方法も見つけ出しているようです。

日本のユーザに関して言うと,かなり早い段階でMovaTwitterのようなツールを開発し,利用し始めています。 TwitterのAPIのドキュメントがすべて英語であるにもかかわらず,そのような日本人の適用能力の高さには驚いています。

また,それにはスマートフォンが多く普及しているという,日本の携帯電話事情があるかもしれませんね。

したがって,Twitterのアーリーアダプターの中には多くの日本のユーザがいるようで,他の国のユーザはそれに追随する形でAPIなどのツールを利用しています。そのAPIの普及も先ほどの質問にあった,急成長に関連していると言えるだろう。2倍から3倍のトラフィックが,Twitter.com以外の他のサイトやアプリからの生み出されています。質問の趣旨に戻ると,全般的にみると,相違点よりも共通点のほうが多いと言えます。

著者プロフィール

Brandon K. Hill(ブランドン・ヒル)

サンフランシスコに本社を置くグローバルクリエイティブエージェンシー, btrax(ビートラックス)CEO。

Website:http://www.btrax.com/jp
blog:http://blog.btrax.com/jp
Twitter:@BrandonKHill

コメント

コメントの記入