Hosting Expert

第1回 低価格共用サーバから専用サーバまで 多様化するホスティングサービスの選び方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

個人でもドメインを取得する時代
伸長するホスティングサービス

ほんの何年か前まで,個人だけでなく自営業者や中小企業の多くは,インターネット接続サービスのプロバイダが提供するディスクスペースにホームページを開設することが一般的でした。それが2001年に汎用JPドメインが新設されたのを機に,自社ドメインを取得して運用する例が増え始め,現在は大部分の企業が自社ドメインのインターネットサーバを運用するようになりました。

そうは言っても,インターネットサーバを自社で構築/運用するような技術のある自営業者や中小企業は一部に限れられます。そこで,レンタル用のインターネットサーバに独自のドメイン名を割り当て運用する「ホスティングサービス」のビジネスが伸長しています。

ホスティングサービスは,大きく共用サーバと専用サーバに分けられます。共用サーバは,1つのIPアドレスを複数ドメインで共有する「バーチャルドメイン」という仕組みを利用したホスティングサービスです。インターネット接続回線と1台のサーバを数十?数百ドメインで利用するため,初期導入コストや月額の利用料金が安価という特長があります。ただし,他のドメインのユーザに迷惑をかけないように,ディスク容量は小さく,データ転送量にも制限が設けられているのが普通です。

一方の専用サーバは,1台のサーバコンピュータを1つのドメインで占有するホスティングサービスです。サーバが丸ごと利用できるので,サーバOSを自由に選んだり,アプリケーションをインストールしたりすることもできます。接続回線のデータ転送量の制限はなく,最大ギガビットまでの帯域保障を設けている場合もあります。もちろん,共用サーバに比較すると,専用サーバを用意するための初期費用や月額料金はやや高めになります。

多様化するホスティングサービス
共用と専用の中間的サービスも出現

ホスティングサービスの利用者の幅の広がりとともに,ホスティング事業者が提供するサービスは多様化しつつあります。 共用サーバは従来,数十~数百のディスクスペースと数個?数十個程度のメールアカウント数で月額5000円程度の利用料金が相場でした。しかし,料金の低価格化,サービスメニューの高度化により,現在ではドメインの維持費用を含めても,年額で5000円以内という非常に安価なホスティングサービスもあります。

同じように,専用サーバの低価格化も顕著です。従来は専用サーバを用意するために,数万円?十万円程度の初期導入費用が必要で,月額料金は3万円?5万円が相場でした。それが現在では,初期導入費用が無料,月額料金も1万円以内というサービスが続々と登場しています。低価格の専用サーバの中には,他の事業者やユーザに再販できないなどの条件が設けられている場合もありますが,サーバのOSを自由に選択し,管理者権限で自由自在に運用できるのは従来の専用サーバと変わりありません。数十ギガバイトのディスク容量を利用できるインターネットサーバを数千円で借りることができるので,すでにインターネットサーバの運用実績のある企業の乗り換えも拍車がかかっているようです。オプションサービスの充実ぶりよりも,料金を優先する企業には魅力的な選択肢になっています。

さらに,低価格と高機能を両立するホスティング環境を実現するために,共用サーバと専用サーバの中間的位置付けのサービスも出現しています。これは,サーバコンピュータのハードウェアやOSは共有するものの,それぞれのドメインに独立した領域を割り当て,各ドメインのユーザは管理者権限でサーバにアクセスできるというホスティングサービスです。これは,「バーチャルプライベートサーバ」と呼ばれ,共用サーバ並みの料金で専用サーバに匹敵する自由度の高さをウリにしており,今後のユーザ増が大きく見込まれています。

用途・目的別にホスティングを選ぶ
パッケージの内容に注目

従来のホスティングサービスは,「com」「jp」などの独自ドメインの取得を代行し,ホームページ用のHTTPサーバ,ファイル転送用のFTPサーバ,メール受信用のPOP3サーバなどの機能を備えた共用サーバを数十?数百メガバイト単位のディスクスペースに区切ってレンタルするというビジネスでした。ディスク容量あたりの料金競争はあっても,各社がサービスの違いを明確に示すことはあまりありませんでした。

ところが,独自ドメインを取得してインターネットサーバを運用する利用者の裾野が広がるにつれ,料金の違いだけではホスティングサービス事業者間の差別化が難しくなってきました。そこで,ホスティングサービス事業者が提供するサービスは,同じ料金でどれだけ豊富な機能をより簡単に利用できるパッケージとして用意するかの勝負になってきました。

ホスティングサービスのパッケージ化とは,インターネットサーバの運用に必要な機能をすべて用意し,基本料金の範囲内で提供するものです。初めて独自ドメインでインターネットサーバを運用する自営業者や中小企業で,インターネットサーバの運用のノウハウがまったくないような場合,こうしたパッケージ化されたホスティングサービスを提供している共用サーバを選ぶとよいでしょう。ホームページを会社紹介などに利用するのであれば,サーバの性能やディスク容量も,インターネット回線の帯域幅も共用サーバで十分です。

インターネット上にオンラインショップを開設したいという商店主であれば,ショッピングカート,決済などの機能がウィザード形式の簡単な操作と設定で利用できるオンラインショップ構築用アプリケーションをパッケージとして用意しているホスティングサービスを選ぶとよいでしょう。また,インターネットサーバをオフィスの業務効率化に役立てたいという企業なら,予定表や掲示板,施設予約などの機能を備えたグループウェアアプリケーションが用意されているホスティングサービスがお勧めです。

この他にも,送受信メールのウイルスチェック機能,大きな添付ファイルもやりとりできるメール容量無制限サービス,迷惑メールやスパムメールなどをフィルタリングする迷惑メールチェック機能,会員制ホームページや掲示板/チャットなどのコミュニケーション機能,インターネットサーバをWindowsのフォルダを操作するように扱えるWebDAVファイルサーバ機能,動画や音声をリアルタイムに配信するストリーミングサービスなど,特徴的な機能を用意するホスティングサービス事業者も増えてきました。

ホスティングサービスを予算重視で選ぶのもひとつの方法ですが,インターネットサーバで何をしたいのか,その用途/目的に合致するホスティングサービスを選びましょう。

コメント

コメントの記入