すぐに仕事に役に立つ InDesign速効Tips

第3回 矢印キーを使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

ページ上のアイテムを移動するには,もちろんマウスを使います。しかし,ほんの少しだけ動かしたいときはどうでしょう? 短い距離の移動は,マウスで操作するのがしばしば面倒になることもありえます。こうしたときはキーボードの矢印キー(カーソルキー)を使いましょう。

矢印キーのルールを覚える

InDesignでテキストフレームや画像フレームといったオブジェクトを選択して矢印キーを押すと,矢印の方向に移動できます。移動する距離は,[InDesign]メニュー(Windowsは[編集メニュー])の[環境設定][単位と増減値][カーソルキー]で変更でき,初期設定は「0.25mm」になっています。

InDesign CS2の「環境設定」[単位と増減値]で矢印キーによる移動距離を設定できる

InDesign CS2の「環境設定」→[単位と増減値]で矢印キーによる移動距離を設定できる

Illustratorでは,こうした矢印キーによる移動が頻繁に行われ,移動する距離についても頻繁に変更を行います。このため,Illustratorで[環境設定]を開くと移動距離を設定する[キー入力]欄が選択される仕組みになっています。

Illustrator CS2の「環境設定」[一般]を表示すると[キー入力]欄が選択される

Illustrator CS2の「環境設定」→[一般]を表示すると[キー入力]欄が選択される

InDesignは,Illustratorのように移動距離を頻繁に変える必要はありません。ほとんどの人が固定のままで作業を行うはずです。したがって,[キー入力]欄を初期設定のままの「0.25mm」,あるいは「0.1mm」などに変更したら,あとは変更せずにそのまま使いましょう。

意外に知られていないのが[Shift]キーを使った操作です。矢印キーを押すとき,一緒に[Shift]キーを押すと,設定している移動距離の10倍の数値で移動ができます。たとえば,[キー入力]欄を「0.25mm」に設定していたなら,[Shift]+矢印キーを押すことで「2.5mm」の移動ができます。

[Shift]+矢印キーを押すと,移動距離は10倍になる

[Shift]+矢印キーを押すと,移動距離は10倍になる

この[Shift]+矢印キーで「10倍移動する」というルールはアドビ製品に共通です。したがって,InDesignだけでなく,IllustratorやPhotoshopで操作しても,同じように10倍の距離で移動ができます。たとえば,Photoshopで選択範囲を作り,矢印キーを押すと,通常は「1ピクセル」の移動ですが,[Shift]キー+矢印キーを押すことで「10ピクセル」移動ができます。

著者プロフィール

株式会社シータス

東京の印刷会社。商品カタログ,PR誌,書籍などの企画制作から組版・製版・印刷,Webサイトの企画・制作,さらに食品・雑貨の輸入販売などなど,幅広く展開中。また,InDesignをはじめとしたDTPやWebのノウハウを活かし,書籍の執筆も行う。おもな著書に「InDesignプロフェッショナルテクニック」「Photoshopデジタルフォト基礎レッスン」「Flash MX 2004で作る小さくて可愛いWebアニメーション」「デジタル一眼レフ プロ級写真の撮り方教えます」(技術評論社刊)など多数。

Webサイト「ぱぴっとタウン」でコラム「ステップアップのためのInDesign導入術」を連載中。 →http://www.papit-town.jp/column/index.html

URLhttp://cetus.co.jp/

著書

コメント

コメントの記入