すぐに仕事に役に立つ InDesign速効Tips

第6回 この特殊文字は何に使うの?(その1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

[書式]メニューには[特殊文字の挿入]というコマンドがあり,いろいろな特殊文字を入力できます。しかし,そのほとんどは,馴染みが薄い名前になっていて,何に使うのかが不明という人も多いのではないでしょうか?

ページに関する特殊文字

InDesign CS2で[書式]メニューから[特殊文字の挿入]を選択すると,そこからさまざまな特殊文字を入力できます。特殊文字は,6つのグループに分かれていて,一番上のグループはページを中心にした特殊文字になります。

ページを中心にした特殊文字

ページを中心にした特殊文字

[自動ページ番号]は,InDesignでももっともよく使われる特殊文字といえます。[自動ページ番号]はマスターページでよく使われて,自動ノンブルの役目を果たします。よく使うだけに,ショートカットキーの[Shift][Option][Command][N](Windowsは[Shift][Alt][Ctrl][N])を覚えるようにしましょう。コマンド系の3つのキーをすべて押しながら「N」を押します。「N」はもちろん「Number」の略です。

[自動ページ番号]の使用例

[自動ページ番号]の使用例

次の[次ページ番号][前ページ番号]は日本語組版では,ほとんど使われません。外国の雑誌などでは,ひとつの記事がページの途中で終わっていて,遠く離れた後ろのページに続くようなことがあります。そうした場合に,「○○ページに続く…」あるいは「○○ページより続く…」といった文章が挿入されますが,こうしたときに自動でページ数を表示させるのが特殊文字です。

[次ページ番号]の使用例

[次ページ番号]の使用例

自動でページ数が表示されるためには,遠く離れたページにある2つのテキストフレーム同士が「テキスト連結」でつながっていることが必要です。しかし,こうした記事の作り方は,あまり日本人には馴染みがなく,ほとんど使われることのない特殊文字となります。

次の[セクションマーカー]はページパレットのパレットメニューから選択する[ページ番号とセクションの設定][セクションマーカー]欄で入力する文字を表示させるための特殊文字です。

最後の[脚注番号]は,[書式]メニューの[脚注を挿入]を選択したときに,本文と脚注の両方に付けられる番号を入力するためのものです。通常は,自動で番号が付けられますが,手動で入力するときにはこのメニュー操作を行います。

著者プロフィール

株式会社シータス

東京の印刷会社。商品カタログ,PR誌,書籍などの企画制作から組版・製版・印刷,Webサイトの企画・制作,さらに食品・雑貨の輸入販売などなど,幅広く展開中。また,InDesignをはじめとしたDTPやWebのノウハウを活かし,書籍の執筆も行う。おもな著書に「InDesignプロフェッショナルテクニック」「Photoshopデジタルフォト基礎レッスン」「Flash MX 2004で作る小さくて可愛いWebアニメーション」「デジタル一眼レフ プロ級写真の撮り方教えます」(技術評論社刊)など多数。

Webサイト「ぱぴっとタウン」でコラム「ステップアップのためのInDesign導入術」を連載中。 →http://www.papit-town.jp/column/index.html

URLhttp://cetus.co.jp/

著書

コメント

コメントの記入