すぐに仕事に役に立つ InDesign速効Tips

第10回 カンプ用のダミーテキストを用意する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

文字数を数える

ただし,わざわざテキストに文字数をカウントするための記号を入力しなくても,InDesignにはテキストの文字数を自動で計算してくれる機能があります。マス目が表示されるフレームグリッドのテキストフレームであれば,⁠表示]メニューの[グリッドとガイド]⁠⁠文字数を隠す]を選択することで,メニュー表示が[文字数を表示]に変わり,フレームの外側に文字数を表示させることができます。

マス目が表示されないプレーンテキストフレームの場合には,フレームグリッドのように文字数を表示させる機能はありません。このようなときは情報パネルを使います。

情報パネルは,⁠ウィンドウ]メニューの[情報]を選択して表示させます。テキストフレームにカーソルを挿入することで,情報パネルに文字数を表示させることができます。情報パネルには,全体の文字数だけでなく,⁠全角」⁠半角」⁠かな」⁠漢字」の種類ごとの文字数や「行数」「段落数」も表示してくれます。

テキストフレームにカーソルを挿入すると,情報パネルに文字数が表示される

テキストフレームにカーソルを挿入すると,情報パネルに文字数が表示される

ダミーテキストを目立たせる

デザインカンプ用として作ったInDesignデータが,そのまま印刷用のデザインデータとして使われることも多いはずです。パンフレットのデザインなどでは,テキストフレームの数も多く,ダミーテキストを実際のテキストへと差し替えないまま,ダミーテキストの状態で出校するような手違いも起こりがちです。

[サンプルテキストの割り付け]で流し込むダミーテキストを,通常は,使うことのないような文章にしておけば,ダミーテキストのセンテンスを使って検索し,点検ができ,ダミーテキストの「置き忘れ」のようなトラブルを防止することができます。

ここでは,InDesign CS3の「正規表現による検索」で,ダミーテキストを赤い文字に変更する方法を紹介しましょう。

最初に[編集]メニューの[検索と置換]を選択して,ダイアログが表示されたら,⁠GREP]をクリックし,正規表現の検索画面にします。⁠検索文字列]欄の[@]をクリックして,表示されるメニューから[位置]⁠⁠段落の始まり]を選択します。

[検索と置換]の画面で[GREP]をクリックしたら,
[@]をクリックし[位置]⁠⁠段落の始まり]を選択する

[検索と置換]の画面で[GREP]をクリックしたら,[@]をクリックし[位置]→[段落の始まり]を選択する

山形記号「^」が入力されたら,続いて,ダミーテキストの文頭のテキストを入力欄に入力します。続いて,ふたたび[@]をクリックして,メニューから[ワイルドカード]⁠⁠文字]を選択します。

ダミーテキストの文頭(例では「ばかり親譲り」⁠を入力して[@]をクリックし,⁠ワイルドカード]⁠⁠文字]を選択する

ダミーテキストの文頭(例では「ばかり親譲り」)を入力して[@]をクリックし,[ワイルドカード]→[文字]を選択する

ピリオド「.」が入力されたら,さらに[@]をクリックして,⁠繰り返し]⁠⁠0回以上]を選択します。

[@]をクリックして[繰り返し]⁠⁠0回以上]を選択する

[@]をクリックして[繰り返し]→[0回以上]を選択する

アスタリスク「*」が入力されたら,最後に,⁠置換形式][変更する属性を指定]アイコンをクリックして,選択された文字が赤くなるように設定にします。

この内容で[検索]ボタンと[置換]ボタンを順にクリックしていくと,ダミーテキストの冒頭の文章(例では「ばかり親譲り」⁠を含んだすべてのテキストが赤色の文字に置換されることになります。このようにInDesign CS3から搭載された「正規表現による検索」機能を使うと,ダミーテキストの一部を利用して,文章全体を検索するようなことも可能になります。

[置換形式]のアイコンをクリックして,検索されたテキストが赤文字になるように設定する

[置換形式]のアイコンをクリックして,検索されたテキストが赤文字になるように設定する

著者プロフィール

株式会社シータス

東京の印刷会社。商品カタログ,PR誌,書籍などの企画制作から組版・製版・印刷,Webサイトの企画・制作,さらに食品・雑貨の輸入販売などなど,幅広く展開中。また,InDesignをはじめとしたDTPやWebのノウハウを活かし,書籍の執筆も行う。おもな著書に「InDesignプロフェッショナルテクニック」「Photoshopデジタルフォト基礎レッスン」「Flash MX 2004で作る小さくて可愛いWebアニメーション」「デジタル一眼レフ プロ級写真の撮り方教えます」(技術評論社刊)など多数。

Webサイト「ぱぴっとタウン」でコラム「ステップアップのためのInDesign導入術」を連載中。 →http://www.papit-town.jp/column/index.html

URLhttp://cetus.co.jp/

著書

コメント

コメントの記入