月刊インタラ塾,gihyo.jp瓦版

第7回レポート「中村洋基と木谷友亮のWeb業界一受けたくない授業」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

年明け一発目,第7回のメインゲストは電通の中村洋基さんとカイブツの木谷友亮さん。数々の賞を受賞しているお二人からどんな話が聞けるのか?

中村洋基さんと木谷友亮さん

中村洋基さんと木谷友亮さん

さっそうと壇上に現れた中村さんと木谷さん。今日のプレゼンについて,「僕らは現役のプレイヤーだし,ひと様にむかってWeb広告とは何ぞやと話しするのは違うかな。一方的に話すのではなく,みんなで一緒に考えたいと思った」と中村さん。これまでも一方的にWebってこんなにおもしろいよって紹介するような講義はやってきた。そこで,今回はそれまでとは違う方法論を採ることにしたという。

その具体的な方法とは?

プレゼン+チャットだ。指定されたURLに携帯やPCからアクセスすると,コメントを送ることができる。プレゼン中「?」マークが出てきたら,そのポイントをみんなで考えよう,考えたことをコメント送信して,ということらしい。

画像

まずはアクセスしてみようと,会場は一気に盛り上がる。

コメントは画面を右から左にスクロールしていく。自分が送信したコメントが画面に表示されると「おお!」という感じだ。でも,「undefined」エラーに立ち上げ直すという一幕も。

画像

ということで準備完了。まずは,自己紹介+制作事例の紹介から。

電通で「テクニカルディレクター」の肩書きを持つ中村さん。テクニカルディレクターって何?というところから。中村さん曰く,CMプランナーやコピーライター,アートディレクターたちのおもしろいアイデアをどうしたらWebに落とし込めるか,アイデアをWebの技術とうまく融合させておもしろいもの,というカタチにすることだという。

木谷さんとは5年前に一緒に組んでWebの仕事をしてみたら「なんかすごくいいものができるな」と。それからよく一緒に組んで仕事をするようになったそう。

その木谷さんは5年前に電通のIC局に出向になるまでは紙の世界の人。

グラフィックデザインをやっていた。WebはYahoo!くらいしか見たことがなかったのが,それをきっかけにWebに携わるように(当初は,「IC局への出向は残念」だったらしい)。2年前に独立して,現在,株式会社カイブツを立ち上げている。今の仕事の割合はWeb50%,紙50%くらいの比率。ちなみに,今では「IC局への出向もよかった」と思っているという。

著者プロフィール

月刊インタラ塾(げっかんいんたらじゅく)

昨今、マス広告のあり方が大きく変化し,Web広告はより一層重要なポジションを担って来ております。そんな中,「宣伝・広報」「広告代理業」「広告制作業」に携わる方々へ向けてユーザーに響くWeb広告を生み出すための考え方や技術など,役に立つ情報をイベントを通じてお伝えできるのではないかと思い,開催致しました。また,このイベントをきっかけに,次代を担う人がでてきてくれればと願い,微力ながらもWeb業界全体に貢献ができればと考えております。

URLhttp://www.intarajyuku.net/

コメント

コメントの記入