月刊インタラ塾,gihyo.jp瓦版

7月9日に第12回 「カンヌ国際広告祭『全てはインタラクティブに』堀宏史×須田和博」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

開催概要

第12回月刊インタラ塾のゲストは,株式会社博報堂の堀宏史氏と須田和博氏をお迎えしてトークセッション形式で行います。

6月21日から27日まで開催されていた世界最高峰の広告賞,カンヌ国際広告祭。サイバーでは「The Best Job In The World」「ECO:DRIVE」「WHY SO SERIOUS?」の3作品がグランプリを受賞し,今年も大変盛り上がりました。

今回はソニーハンディカムのプロモーション「Cam with me」で,サイバーのシルバーを受賞した堀宏史氏と,自らカンヌの地を訪れた須田和博氏が感じた,全ての広告のインタラクティブ化について語っていただきます。

堀氏は語ります

「今回のカンヌは,フィルムやPRのグランプリを見ても,全てのジャンルの広告がインタラクティブな視点無しでは,もはや成立しなくなってますね」

セッションでは,WEB広告だけでは無く,未来の広告クリエイティブを考える良い機会になると考えています。また,全ての広告関係者の方にオススメできる内容になってます。是非,会場までお越しください。

メインゲスト

プロフィール

堀宏史(ほりひろし)

株式会社博報堂 エンゲージメントビジネス局 インタラクティブプロデューサー

1993年 株式会社 博報堂入社 営業職,2000年ごろからインターネット広告に携わりはじめ,2006年 iBC発足と同時に,所属メンバーへ

受賞歴:
東京インタラクティブ・アド・アワード グランプリ,アドフェストゴールド,カンヌ・サイバーライオンシルバー・ブロンズなど,多数受賞。

開催日時・場所

開催日時 2009年7月9日(木)
18:30~20:00(18:00開場)
場所 Apple Store 銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館
最寄り駅 銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅を下車,A13番出口から徒歩2分
有楽町線「銀座一丁目」駅を下車,徒歩3分
JR線「有楽町」 駅を下車後,徒歩8分
参加料 無料
定員 200名(座席数 84席)
主催 kurukuru
http://www.kuru2jam.com/
運営 株式会社ピクルス
http://www.pickles.tv/
本件に関するお問い合わせ先 株式会社ピクルス
広報担当:高橋 晋一朗
tel:03-6421-7210
fax:03-6421-7211
E-mail:info@intarajyuku.net

本イベントの詳細は,月刊インタラ塾のサイトで確認のこと。

月刊インタラ塾
URLhttp://www.intarajyuku.net/

著者プロフィール

月刊インタラ塾(げっかんいんたらじゅく)

昨今、マス広告のあり方が大きく変化し,Web広告はより一層重要なポジションを担って来ております。そんな中,「宣伝・広報」「広告代理業」「広告制作業」に携わる方々へ向けてユーザーに響くWeb広告を生み出すための考え方や技術など,役に立つ情報をイベントを通じてお伝えできるのではないかと思い,開催致しました。また,このイベントをきっかけに,次代を担う人がでてきてくれればと願い,微力ながらもWeb業界全体に貢献ができればと考えております。

URLhttp://www.intarajyuku.net/

コメント

コメントの記入