月刊インタラ塾,gihyo.jp瓦版

8月2日に第13回「サマーウォーズに見る,ネットとアニメのコミュニティ論 細田守×濱野智史×鈴木克彦×須田和博」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

開催概要

第13回月刊インタラ塾は,大ヒット劇場アニメ「時をかける少女」,ルイヴィトン「SUPERFLAT MONOGRAM」,そして8月1日公開の劇場最新作「サマーウォーズ」を手がけられている映画監督の細田守さん,話題のネット社会評論「アーキテクチャの生態系」の著者である濱野智史さん,「ハバネロ・暴魔対戦」などを手がけられた鈴木克彦さん,またモデレーターに須田和博さんをお招きしてお送りいたします。

新作の「サマーウォーズ」では,現実世界と仮想世界のコミュニティが,スリリングに関係しあって物語が展開するところから,細田監督の考える「WEBコミュニケーションとリアルコミュニケーションついて」「アニメとWEBについて」などを,ゲストから質問しつつ解き明かしてゆきたいと考えています。ふるってご参加ください!

ゲスト

プロフィール

細田守(ほそだまもる)

アニメーション映画監督

1967年,富山県生まれ。1991年,東映動画(現・東映アニメーション)に入社。アニメーターとして活躍したのち,演出に転向。TVシリーズ「ゲゲゲの鬼太郎(第4作)」(1997),TVシリーズ「ひみつのアッコちゃん(第3作)」(1998),TVシリーズ「おジャ魔女どれみドッカ?ン!」(2002),TVシリーズ「明日のナージャ」(2003)などの演出に参加。また,劇場作品では,「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」(2005)などを監督。

2003年,ルイ・ヴィトンのイメージ映像『SUPERFLAT MONOGRAM』を監督したのち,六本木ヒルズのランドソング「The Land Song-music for Artelligent City」(音楽・坂本龍一)のためのアニメーション映像を監督。

2005年,東映アニメーションを離れ,フリーに。2006年,劇場版「時をかける少女」公開,数多くの賞を受賞。

劇場最新作「サマーウォーズ」が8月1日より全国公開。

受賞歴:
第39回シッチェス国際カタルニヤ映画祭(スペイン)最優秀長編作品賞,文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞,毎日映画コンクール・アニメーション映画賞,日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞,東京アニメアワード「アニメーション オブ ザ イヤー」など,国内外の主なアニメーション関連賞など受賞多数。

主な作品:
サマーウォーズ時をかける少女

プロフィール

濱野智史(はまのさとし)

(株式会社日本技芸)情報環境研究者(リサーチャー)

1980年,千葉県生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。専門は情報社会論やメディア論(社会学)。

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター研究員を経て,現在,株式会社日本技芸にてリサーチャーを勤める。昨年,初の著作『アーキテクチャの生態系』(NTT出版)を出版し,情報環境系の研究者として高い注目を集めている。

著書:アーキテクチャの生態系

プロフィール

鈴木克彦(すずきかつひこ)

株式会社博報堂,博報堂アーキテクト クリエイティブ・ディレクター兼アート・ディレクター

1967年,愛知県(岡崎市)出身。1990年,金沢美術工芸大学 商業デザイン科卒。1990年, (株)博報堂 入社。現在,クリエイティブ・ディレクター兼アート・ディレクター

受賞歴:
Cannes Promo Lion:Winner/Cannes Cyber Lion:Bronze/D&AD:Yellow Pencil
Asia Pacific AdvertisingFestival:Gold/One show Interactive:Bronze
NY Festival:Bronze/Spikes:Silver など,受賞多数。

作品及び主な制作案件
ハバネロ・暴魔対戦

プロフィール

須田和博(すだかずひろ)

株式会社 博報堂エンゲージメントビジネス局 インタラクティブ・クリエィティブT クリエィティブ・ディレクター

1990年,多摩美術大学・グラフィックデザイン科卒。株式会社 博報堂入社 アートディレクター,CMプランナー経て,2005年 インタラクティブ領域へ,志願異動。2009年,アジアパシフィックADfest,サイバー審査員。

受賞歴:
東京インタラクティブ・アド・アワード(2009)グランプリ,カンヌ・メディアライオン・ブロンズ(2009),フューチャー・マーケティング・アワード(2007),モバイル広告大賞(2007),東京コピーライターズクラブ新人賞(2000)ACC賞など,受賞多数。

実施概要

日時 2009年8月2日(日)
17:00~18:30(16:30開場)
場所 Apple Store 銀座 3F
〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館3F
最寄り駅 銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅を下車,A13番出口から徒歩2分
有楽町線「銀座一丁目」駅を下車,徒歩3分
JR線「有楽町」 駅を下車後,徒歩8分
参加料 無料
定員 200名(座席数 84席)
主催 kurukuru
http://www.kuru2jam.com/
運営 株式会社ピクルス
http://www.pickles.tv/
本件に関するお問い合わせ先 株式会社ピクルス
広報担当:高橋 晋一朗
tel:03-6421-7210
fax:03-6421-7211
E-mail:info@intarajyuku.net

本イベントの詳細は,月刊インタラ塾のサイトで確認のこと。

月刊インタラ塾
URLhttp://www.intarajyuku.net/

著者プロフィール

月刊インタラ塾(げっかんいんたらじゅく)

昨今、マス広告のあり方が大きく変化し,Web広告はより一層重要なポジションを担って来ております。そんな中,「宣伝・広報」「広告代理業」「広告制作業」に携わる方々へ向けてユーザーに響くWeb広告を生み出すための考え方や技術など,役に立つ情報をイベントを通じてお伝えできるのではないかと思い,開催致しました。また,このイベントをきっかけに,次代を担う人がでてきてくれればと願い,微力ながらもWeb業界全体に貢献ができればと考えております。

URLhttp://www.intarajyuku.net/

コメント

コメントの記入