月刊インタラ塾,gihyo.jp瓦版

第15回レポート「イメージソース開発チーム・実装最前線からの叫び」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

第15回の月刊インタラ塾は,次々と高いクオリティの制作物を世に送り出しているイメージソースグループの,開発チーム全スタッフ総勢10人による1人5分間のセッションバトルとして開催いたしました。モデレーターは,第2回の月刊インタラ塾でメインゲストとしてご出演していただきました清水さんです。

画像

画像

「Extreme to HTML5」小泉正敏

画像

HTMLベース構築の大黒柱として活躍している小泉さん。Flashプレイヤーがなくても,HTMLのみで実装することができるビデオ要素や,直接書き込むことができるキャンパス機能など。HTML5から新しく追加された機能を,実際に制作された作品を見ながらご紹介していただきました。

「陽の目を見ることのないツールたち」北村博朗

画像

サイト制作中に検証用として使用しているデモなど,一般ユーザーの目に触れることのないツールの一例として,PUMA TRIBESで使用したJSFLやフットサルのチーム名部分の3Dテクスチャ作成のための3D頂点座標エディタをご紹介いただきました。ツールを自作することで,実装効率を高めることが出来ます。また,デザイナーさんにも使用できるツールにしておく事で,意図を汲み取って繁栄できるそうです。

「え?そんな部分にそこまでやらされるの!?」相良康介

画像

〈おまかせ・まる録〉スクリーンセーバーで,モックアップ(見た目のみのテスト段階のもの)を制作した際のグチを語っていただきました。3日間という期間の間に,時間など全く関係なく様々なダメ出しを受けて修正をしたそうです。しかしそうすることで全体のクオリティが上がり,出来上がったものを見ると最後には納得してしまうそうです。そう言った体験をすることができ,スキルも上げる事ができる環境を与えてくれている自分の会社は,いい会社なんじゃないか。と,語っていただきました。

「デジタルサイネージだからできる,HDインタラクティブ」松本典子

画像

制作に関わった,Interactive Mirrorを例に語っていただきました。現実にある姿を美しくリアルタイムで見せるために,SDカメラではなくHDカメラを使用した事。カメラの位置の調整やレンズのゆがみの補正をした事など,新しい姿見としての機能を表現したそうです。タッチパネルはWindows対応のものが当時はほとんどだったため,ネットワークを使ってMacintoshでも受け取れるように工夫しているそうです。今後の課題として,ユーザーに与えられる体験時間が少ないことやHDカメラを使用するためコストがかかる事などあるそうです。

「Flashを使ったアプリケーション」吉津卓保

画像

会社以外でも,iPhoneアプリや音楽を制作しており,普段はS2ファクトリーというシステム構築を中心におこなっているイメージソースのグループ会社で,perl,java,Flash,Objective-Cなどを用いて働いている吉津さん。普段ユーザーが目にする事のない,キャンペーンサイトの裏側にある重要なアプリケーションをFlashで実装されているそうです。Flashを用いる理由として,大量のデータに対して複数のユーザーが同じデータを同時に操作することが出来るそうです。また,AIRを使用してちょっとしたアプリケーションを気軽に作れる。というところから,Flashはアプリケーション開発にも有効です。と,語っていただきました。

著者プロフィール

月刊インタラ塾(げっかんいんたらじゅく)

昨今、マス広告のあり方が大きく変化し,Web広告はより一層重要なポジションを担って来ております。そんな中,「宣伝・広報」「広告代理業」「広告制作業」に携わる方々へ向けてユーザーに響くWeb広告を生み出すための考え方や技術など,役に立つ情報をイベントを通じてお伝えできるのではないかと思い,開催致しました。また,このイベントをきっかけに,次代を担う人がでてきてくれればと願い,微力ながらもWeb業界全体に貢献ができればと考えております。

URLhttp://www.intarajyuku.net/

コメント

コメントの記入